シーズーのいびき 原因と対策、いびきで分かる病気のサイン

Contents


シーズーの基本情報

  • 原産国:中国
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • サイズ:小型犬
  • 平均寿命:10歳~16歳
  • 子犬の相場価格:10~20万円程度
シーズー

シーズーの概要

ぱっちりの大きな目に潰れ気味の鼻ペチャ顔、そしてフワフワモコモコの毛並みで愛らしいシーズー。

そんなシーズーは、中国を原産とする犬種で、同じく中国原産の「ペキニーズ」とチベット原産の「ラサアプソ」を交配して作出されたと言われています。

名前の「シーズー」は、中国語で「獅子」を意味します。
古くから獅子狗とされ神聖な存在として大切にされてきた歴史を持ちます。
西太后に愛された犬としても有名な犬種です。

愛情深く穏やかで、感情表現が豊かな愛玩犬らしい性格から、幅広い層で飼いやすい犬種としても一定の人気を維持している犬種です。

シーズーの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:4~7kg
  • 体高:20~27cm
  • 被毛:長毛種
  • 毛色:カラーバリエーションは豊富にあり。
    「ゴールド」「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「シャンパン」などの単色
    ホワイト地にこれらの色が斑に表れる「パーティーカラー」など

【大きさ】

シーズーは、体高20~27cm体重4~7kgの小型犬に分類されています。
しかし個体差も大きいのが特徴的で中には7kgを超える大きい個体もあります。
また、太りやすい体質も持っています。

【体型】

体高より体長がやや長めで、骨太のしっかりとした体格をしています。
また短めの四肢も太くて意外にもがっしりしています。
その割に、歩く姿は軽快で楽しそうな印象を受けますよ。

【顔】

シーズーは短頭犬種に分類されており、鼻ぺちゃな顔立ちをしています。
目はまん丸く大きく、耳の形は垂れ耳です。

【被毛】

毛量の豊かなダブルコートで、長毛種です。

一般的にダブルコートの犬種は抜け毛が多い特徴を持ちますが、シーズーの場合は他の犬種と比べて抜け毛が少なく、飼いやすいと言われる理由の1つとなっています。

【毛色】

シーズーの毛色と言えば、一般的に多く見られる毛色は「ホワイト&ゴールド」ですが、実はそれ以外にも様々な毛色が認められています。
単色の「ゴールド」「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「シャンパン」から、ホワイト地にこれらの色が斑に表れる「パーティーカラー」など多彩です。

シーズーの性格・気質

  • 明るく活発
  • 穏やかで落ち着いている
  • 愛情深く思慮深い
  • しつけやすい
  • プライドが高い

シーズーの性格・気質①
~明るく友好的~

シーズーは明るく活発な性格と穏やかで落ち着いた性格を持ち合わせています。
家族に対してはとても愛情深く甘えん坊の愛玩犬らしい性格です。

さらに、人のことが大好きな性格をしています。
小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭から高齢者の単独での飼育まで幅広い方に向いていると言われる犬種です。

シーズーの性格・気質②
~しつけやすく飼いやすい犬種~

飼いやすいと言われるシーズーは、周りを気遣う思慮深さや賢さも持ち合わせています。
そのため、しつけやすい犬種とも言われています。

ただし、少し頑固でプライド高い一面も持っているため、一度覚えたことを修正するしつけ直しには苦労するかもしれません。

基本的には友好的な犬種ではありますが、排他的に育ってしまうと人見知りして吠えかかったりするような番犬のような振る舞いをすることもあるようです。

シーズーが持つ愛玩犬らしい良い気質を伸ばしてあげられるのは、飼い方や環境が大切で飼い主次第ということでもあります。

シーズーのいびき

いびきとは?

人にもいびきをかく人かかない人がいますが、そもそもいびきとはどういったメカニズムで起こるものなのかを知っておきましょう。

人や動物は呼吸をするとき、鼻や口から空気を吸い込み、気管を通って肺へ空気を送りこんでいます。

通常は、空気の通り道である呼吸器へスムーズに空気が通るので、何の音もしないのが普通です。
しかし、何らかの影響で狭くなった気道が、呼吸の際に擦れて音が出るようになります。
これを「いびき」と呼びます。
つまり、いびきとは寝ている時の呼吸の「空気の振動音」なのです。

シーズーはいびきをかきやすい!?

実は、シーズーはいびきをかきやすい犬種です。
シーズーのように鼻が短い犬、短頭犬種は、構造上呼吸器へ空気を送りにくい気管の作りになっているため、いびきをかきやすい特性を持っているのです。

愛らしくもあるシーズーのいびきではありますが、中には病気が隠れていることもあります。
そのいびきが病気によるものなのか、病気の心配が必要ないものなのかの判断が難しいかもしれませんが、まずはいびきの原因について詳しく見てみましょう。

シーズーのいびきの原因

シーズー

原因① 肥満

シーズーが肥満になってしまった場合、気道周りについてしまった脂肪によって器官を圧迫してしまうため、呼吸がしづらくなり、よりいびきをかきやすくなります。

太り過ぎは他にも様々な病気を持たらす原因にもなるので気を付けてください。

太りやすい体質を持った犬種でもあるため、肥満には十分に注意してあげることが必要です。

日頃与えているドッグフードの量やカロリーの見直し、おやつや人間の食べ物は与えていないか、運動は適度に行っているかなど生活スタイルを見直しましょう。

原因② タバコの副流煙

喫煙する家族がいると犬はたばこの副流煙で鼻の粘膜を傷めてしまい、いびきをかく原因になってしまうことがあります。

シーズーに限らず犬はもともと鼻の粘膜が弱いため、たばこの副流煙によってその粘膜を刺激してしまいます。

室内では禁煙か分煙にし、シーズーが受動喫煙の被害に合わないようにしましょう。

原因③ 疲れている

人間も疲れている時にだけいびきをかくという人もいます。
それと同様に、シーズーが多めの運動やお出かけをして疲れている時にも、いびきをかきやすくなることがあります。

これはほんの一時のことなので、一晩寝れば治ることがほとんどです。
特に心配する必要はないでしょう。

原因④ 老化によるもの

人間と同じで、犬も高齢になると体力が落ちていびきをかきやすくなる傾向があります。
これは高齢によって舌の筋肉が衰え、気管が圧迫されることで「いびき」をかくようになるのです。

放っておくと呼吸困難になることもあるので、10歳を過ぎたら気を付けて観察することが大切です。

原因⑤ 薬の副作用によるもの

犬に飲ませる薬の中には、副作用としていびきをかきやすくなるものがあります。

例えば、筋肉をゆるめるような副作用がある薬を使っている場合などに、気道周りの筋肉がゆるむことで気道が狭くなりいびきをかくようになります。

大きないびきは病気の可能性も

いびきをかいているシーズーが苦しそうだったりいびきの音が異常に大きい場合には、病気の可能性があるため要注意です。

元々いびきをかきやすい特徴を持っているため、軽度のいびきなら大げさに気にする必要はありませんが、判断が難しいかもしれません。

そこで、いびきをかく症状のある病気をいくつかご紹介します。

病気は、早期発見できるかどうかで治る確率が変わってきます。

こういった病気によっていびきをかく場合、いびき以外にもフガッフガッと詰まっているような呼吸をする、咳を伴うなどの他の症状も見られることが多いものです。

あらかじめいびきをかく病気にはどんな病気があるのかを知っておき、愛犬のサインを見逃さないようにしましょう。

医者,病気,病院

いびきをかく症状のある病気①
「気管虚脱」

「気管虚脱」は、気管がぺちゃんこに変形して空気の通り道が狭くなる病気のことです。
最悪の場合、呼吸困難で死亡することもある命に関わる病気です。

シーズーなどの短頭種などの場合には先天性によってかかりやすい特徴を持ち、シーズーのかかりやすい病気でもあります。

いびきの症状以外にも、起きている間に「ガーガー」と音を出し、苦しそうな呼吸や咳が症状に見られるようになるため、気管虚脱の症状が見られたら動物病院ですぐに診てもらいましょう。

いびきをかく症状のある病気②
「軟口蓋過長症」

「軟口蓋過長症」とは、口腔内の天井部から後方にのびた柔らかい軟口蓋(のどちんこ)が通常よりも長いことで、呼吸が妨げられて起こる呼吸器系の疾患のことです。

鼻腔が何らかの原因で狭くなってしまい、呼吸の度に圧がかかることが引き金となり、軟口蓋が引っ張られるようになります。
これによって呼吸がしずらくなり、「ゼーゼー」というような雑音が見られたり、いびきをかくようになります。

この病気もまた、短頭犬種であるシーズーがかかりやすい病気です。
症状がひどい場合には外科的に軟口蓋の切除をする必要があります。

いびきをかく症状のある病気③
「心臓肥大」

心臓肥大は心臓病の一種で、名前の通り心臓が肥大することです。
偏った食事が原因で発症します。

心臓肥大になると、いびきと一緒に咳も出るようになります。
シーズーがいびきだけでなく咳も伴った症状が見られる場合には、心臓病を疑った方が良いでしょう。

いびきをかく症状のある病気④
「腫瘍」

稀なケースではありますが、喉や器官に腫瘍ができている時も苦しそうないびきをかきます。
腫瘍が気道を塞いでしまうことで、いびきをかくようになるのです。

こういった腫瘍によるいびきをかいている場合には、いびきの他にも鼻水や鼻血、顔の腫れなどの症状が見られます。

特に鼻腔にできる腫瘍は悪性であることが多く、手術で摘出することは難しくなります。
そのため、抗がん剤や放射線治療での必要になります。

いびきをかく症状のある病気⑤
「アレルギー」

犬にもアレルギーを持っている個体があり、アレルギーによっていびきを引き起こすことがあります。

アレルギーの症状としては、脱毛やかゆみなどの皮膚への症状が最も多いですが、鼻炎の症状が出ることもあります。
鼻炎によって鼻水が出ることで呼吸がしづらくなり、いびきをかくようになるのです。

アレルギーの原因となっているアレルゲンが何なのかを知り、症状を引き起こさないよう気を付けてあげる必要があります。

いびきが原因で起こる病気
「無呼吸症候群」とは?

いびきをかく病気について紹介してきましたが、いびきをかくことによって起こる病気もあります。
それが「無呼吸症候群」です。

「無呼吸症候群」とは、人にも共通する病気で、寝ている時、一時的に気道が完全にふさがれて呼吸が止まってしまう「無呼吸」状態になる病気のことです。

愛犬がいびきをかいて寝ているかと思ったら、突然いびきが止まるような時には要注意です。
一時的に呼吸が止まっていて無呼吸の状態が長く続くと、体に酸素が行き渡らなくなるため、危険な状況に陥ることも考えられます。

寝ている時に「無呼吸」状態の症状が見られる場合には、動物病院で一度診てもらうようにしましょう。

シーズーのいびき対策

元々いびきをかきやすいシーズーではありますが、肥満やアレルギーなどの原因から見ても分かる通り、いびきは100%健全なものとは言い切れません。

また、実際に呼吸に違和感を感じている可能性もありますので、いびき対策を行ってあげると良いでしょう。

シーズー

シーズーのいびき対策①
食事に注意

シーズーがいびきをかきやすくなる原因、肥満は大病の元です。
毎日の食事は与え過ぎに注意しましょう。

また、人間の食事は犬にとって塩分や糖分が高く、心臓肥大の原因にもなるので与えないようにしましょう。

良質なヘルシーフードに変える、おやつを減らすなど、食事の管理を行って健康的な体作りを目指しましょう。

シーズーのいびき対策②
適度な運動をさせる

肥満にならないよう運動をさせることも大切です。
すでに肥満体型なのであれば、ダイエットさせることも必要となってくるでしょう。

シーズーの平均体重は4~7kgですが、個体差が大きいため骨格に似合う体重であることが理想的です。

一見して肉付きが良く肥満だと分かる場合には明らかな肥満ですが、触ってみて分かる隠れ肥満もあります。
「首」や「肋骨」「背中」などを触ってみて、軽く骨の感触がある程度が理想的です。
ご自分で判断がつかない場合には、獣医師に相談してみても良いでしょう。

運動は、単なる肥満予防のためだけでなく、シーズーのストレス発散のためにも、散歩は欠かさず日課にしましょう。

シーズーのいびき対策③
体勢を変えてあげる

人間は仰向けになっている時にいびきをかきやすいですが、それと同じように犬にもいびきをかきやすい体勢があります。
シーズーがおかしないびきをかいていたら、まずは寝ている体勢を変えてみましょう。

うつ伏せや首を折った姿で寝ていると普通に呼吸をするのも苦しいものなので、頭の場所を変えてみることでいびきが収まる場合もあります。

シーズーのいびき対策④
空気清浄機を使う

家庭内に喫煙者がいる場合の副流煙対策として、またはアレルギー対策として空気清浄機を活用すると良いでしょう。

喫煙者がいる場合に関しては、犬のいる場所で喫煙しないなどの配慮も必要となってきます。

シーズーのいびき対策④
アレルゲンとの接触を避ける

アレルギーが原因となっていびきをかいている場合には、アレルギーの原因となるアレルゲンとの接触を避けていかなければなりません。

そのためには、アレルゲンが何なのか特定することが必要です。
どんなものを食べた時、どんなことをしている時に症状が現れたかなどを記録しておくと良いでしょう。
その情報を元に、動物病院でアレルギー検査をしてもらいましょう。

この記事のまとめ


  • いびきは気道が狭くなることで起こるもの
  • シーズーは短頭犬種のため、いびきをかきやすい犬種
  • いびきの原因:「肥満」「タバコの影響」「疲れている」「老化によるもの」「薬の副作用によるもの」がある。
  • いびきが起こる病気には、「気管虚脱」「軟口蓋過長症」「心臓肥大」「腫瘍」「アレルギー」などがある。
  • いびきによって起こる病気もある!!「無呼吸症候群」に注意
  • いびきの音が大きい場合や他の症状が見られる場合には動物病院で診察を
  • いびき対策方法
    「食事の管理」
    「運動管理」
    「体勢を変えてあげる」
    「空気清浄機を使う」
    「アレルゲンの特定と接触を避ける」

シーズーのいびきの原因と対策 さいごに

いかがでしたか?

愛らしくもあるシーズーのいびきではありますが、中には怖い病気が隠れていることもあります。
元々いびきをかきやすい犬種でもありますので病気を見落とさないよう、定期的な健康診断を行って病気の早期発見に努めてあげましょう