アメリカンコッカースパニエルのおすすめのペット保険


そもそもペット保険って何?

私たちには公的な保険の制度がありますが、残念ながら動物にはないのです。
なので、毎回動物病院でかかる費用は、飼い主さんの100%負担になります。

年に数回、ちょっとした理由で病院にかかる分にはさほど問題にはなりませんが、万が一重大な疾患が見つかったり、突然のケガなどでは、思いもしない医療費がかかります。
そんな時あって助かるのがペット保険なんです。
通院や入院、手術の費用が選んだプランによって保証されます。

保険選びのポイント

最近では犬もどんどん長生きになっている分、病院に通う犬も増え、そのせいでしょうか。

一昔前のペット保険もより種類が増え、選択肢も広がりつつあります。
ではどんなことをポイントに選べばいいのでしょうか。

ペット保険の補償は通院・入院・手術

ペット保険でカバーしてくれるのは、通院・入院・手術の項目が基本になっているのですが、それぞれのプランによって、何を重視するかでそれぞれの補償金額が変わってきます。

通院や入院を重視した保険にするのか、大きな出費になる手術を重視した保険にするのかで、選ぶプランも変わります。
そのため、将来犬が通院が多くなるか手術が必要になるかは予測不可能ですが、飼い主さんご自身の収入や支出などを考えた上で、必要なものを選びましょう。

保険によっては、オプションがあります

ペット保険は、病院でかかる医療費の補償だけではなく、特約を付けることもできるんです。
例えば、元気なアメリカンコッカースパニエルが外を走ってて、思わず誰かの物を壊してしまったり、他の犬とケンカになり怪我をさせてしまった!そんな不意の事故の補償も、オプションを付ければカバーしてもらえます。

また、保険会社によっては、葬儀費用の補償も。
これはすべてのペット保険会社であるわけではないようですので、オプションに魅力を感じる場合には、オプション有無を要チェックです。

保険加入条件を見てみましょう

ペット保険は、それぞれの会社で加入可能年齢の上限を設けています。
どんなに保険に入れたくても、年齢をオーバーしていると加入できませんので、保険を考えているのであれば、若い年齢から加入するのがいいですよね。

若ければ若いほど、掛け金もお安くなります。
また加入時に、過去に特定疾患の羅患歴がないことなどの条件があります。
予防注射を摂取していることを条件にしている会社もありますので、注意して見るようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエルに保険は必要?

アメリカンコッカースパニエルがなりやすい疾患として、皮膚炎や外耳炎などありますが、これらは1度かかると頻繁に病院のお世話になることが多いです。
また膝蓋骨脱臼は、ひどくなると手術が必要です。

そういう起こり得る病気を仮定した時、飼い主さんにその都度払って行ける資金があれば、保険は必要ないかもしれません。
ただ何かあった時保険があれば、お金の心配をせず病院に走れるのは、心強いですよね。
よく考えてお決めください。

まとめ

ペット保険は、それぞれ犬に合わせプランを選べます。
年齢制限や細かい条件がある場合があるので、保険加入をお考えであれば、アメリカンコッカースパニエルが子犬のうちに加入することをおすすめします。

その方が、掛け金も低くなります。
いざ何かあった時、愛犬の看病だけに集中できたら助かりますよね。