ポメラニアンの子犬が噛む理由とやめさせる方法

ぬいぐるみのような見た目はとても可愛く人気のポメラニアンですが、飼う事に決めて家に連れて帰って来たけれど、いざ子犬との生活が始まると何でも容赦なく噛む行為に困り果ててしまったという飼い主も多いですよね。今回は子犬がどうして噛むのかについての理由や噛まないようにしつける方法についてご紹介します。

ポメラニアンの子犬が噛むのはなぜ?

子犬が噛む理由について考えられる理由は主に2つに分けられます。

歯が生え代わりの時期でむずがゆい

歯の生え変わる時期は口の中がむずがゆいために、スリッパやテーブルの脚、いすなどのありとあらゆるものを手当たり次第に噛んでしまいます。人間の赤ちゃんも歯が生える頃は過剰によだれが出たり何でも噛んだりするため、歯固め用のおもちゃを与えたりしますよね。人間の赤ちゃんと一緒で、子犬にとっての噛む行為はそのむずがゆさの解消が目的の場合があります。子犬といっても歯はケンケンに尖っていますので、ちょっと目を離したすきに大切な物が見るも無残な姿になってしまったという事も珍しくはありません。

かまってほしい時や遊んでほしい時

子犬の頃は落ち着きがなく、とにかく遊びたくて仕方ありません。さらに、まだ噛んでもいい物と噛んではいけない物の区別がついていないため、手当たり次第に何でも噛んでしまいます。まだ噛み具合の加減においても十分に理解できていないので、遊び初めの時は甘噛み程度だったのに、遊びに必死になってくると興奮してつい本気で噛んでしまうという事もあります。

子犬が噛んだ時はどう対処すればいいの?

ポメラニアンに限らず、子犬の頃はどんな子犬でも噛む行為があると言っても過言ではありません。子犬が噛むことは当たり前とはいえ、家中のものを噛まれて次々と壊されてはさすがにたまりませんよね。子犬だから仕方ない、可愛いから多めに見てあげようなどといってそのまま見過ごしてしまうと、後々噛み癖のある犬になってしまう恐れがあります。何でも噛む子犬の時こそ、しっかりとしつけをするチャンスです!

噛んではいけない物を噛んだ場合

子犬の頃は噛んでもいい物と噛んではいけない物の区別がついていませんので、噛んではいけない物を噛みだした時は噛んでもいいおもちゃやおやつを与えましょう。

人の手や足を噛んだ場合

人の手や足を噛んだ時は大げさに「痛い!」と言って、噛むと相手がとても痛いという事を教えます。それでもやめない場合は噛まれている手を引かずに押し込めばびっくりして自ずと口を開けますので、冷静に噛む行為をやめさせましょう。また、興奮している時はお座りや伏せをさせて落ち着かせるのも効果的です。

遊び方やスキンシップの仕方を工夫しよう

子犬と遊ぶときに手を使っていませんか?手を使って遊んでしまうと、子犬にとって『手=噛んでもいいもの』と認識してしまいます。特に遊んでいる時は夢中になって徐々に興奮度もあがりますので、じゃれているうちについ強く噛まれて流血してしまったという事も少なくはありません。噛まれてケガなどしないためにも、子犬と遊ぶ時は手や足を使って遊ばず、おもちゃやロープなどの噛んでもいいものを使って遊びましょう。また、日頃から体のいたるところを触ってスキンシップをとることによって、薬を飲ませなければならない時や歯磨きを行う時などもスムーズに行えるようになります。日頃からの遊びやスキンシップから信頼関係を深め、主従関係を確立していきましょう。

子犬のうちにしっかりと噛まない事を教えてあげよう

上記でも述べましたが、子犬の頃は何でも噛むものですが、子犬だからと多めにみてはいけません。成犬になってから噛み癖を治すことは容易ではありませんし、加減が分からないまま育ってしまうと本能で咄嗟に本気噛みをしてしまうこともあり得ます。飼い主にとってもポメラニアンにとっても、お互いに幸せな生活を送るためには、少しでも早くしつけを始めて噛んではいけないことを教えていきましょう。