トイ・プードルの「いびき」可愛いけど放っておいて大丈夫!?

Contents


トイプードルの基本情報

  • 原産国:フランス
  • グループ:愛玩犬
  • サイズ:超小型犬
  • 平均寿命:12~15歳
トイ・プードル

トイプードルの概要

長年国内で、人気ナンバー1を誇るトイプードル。

そんなトイプードルは、犬種としては「プードル」として登録されています。
そしてプードルには、他にもスタンダード・ミディアム・ミニチュアのサイズがありますが、その中でも圧倒的な人気を誇るのが「トイプードル」です。

プードルの原産国はフランス、当初はスタンダードプードルのみ存在しており、使役犬として荷車を引いたり水猟犬として活躍していました。
その賢さや器用さが人気を集め、様々な目的で使役するため小型化されて生まれたのが「トイプードル」です。

抜け毛が少ないことでも知られており、小さな体とその見た目の愛らしさから現在では愛玩犬として大人気の犬種です。

トイプードルの身体的特徴

  • 体重:3~4kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:24~28cm
  • 体型:3つのタイプがある「スクエア」「ハイオン」「ドワーフ」
  • 被毛:独特な巻き毛が特徴的
  • 毛色:ソリッドカラー(単色)のみ認められており、
    「ホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパン」など
トイプードル,茶,洋服

トイプードルの身体的特徴

【大きさ】

トイプードルは、体高24~28cm 、体重3~4kgの超小型犬に分類されます。

【他サイズプードルとの違い】

JKC(ジャパンケンネルクラブ)では、成犬時の「背中から地面までの高さ(体高)」を基準として4つのプードルに区分されています。

スタンダード:体高45~60cm
ミディアム:体高38~45cm
ミニチュア:体高28~38cm
トイ:体高24~28cm

ちなみに、トイプードルとして迎えたはずが、ミニチュアサイズにまで大きくなったというようなケースもあるようです。

【体型】

近年では、トイプードルの体型が「スクエア」「ハイオン」「ドワーフ」の3つに分けられています。

「スクエア」とは、体長と体高がほぼ同じ正方形に近いスタイルのことで、プードルの一般的な体型です。
運動能力が高い特徴を持ちます。

「ハイオン」とは、体長よりも体高が長く、足が長めなスタイルのことです。

「ドワーフ」とは、体高よりも体長が長い、足が短いスタイルのことで、近年人気の高いタイプです。

【顔】

くりくりとしたアーモンド形の目に、真っすぐなマズルを持ちます。

最近では、マズルが短めで大きな目を持ち、鼻の小さい子犬ほど高い人気を持つようです。

【尻尾】

尻尾は太く長い上向きの尻尾を持ちます。

狩猟時の怪我防止になるとして断尾が行われていることが一般的でしたが、現在では外観上の理由から生後まもなく断尾されることがあります。

【被毛】

硬めのクルクルと巻いた被毛で、シングルコートからなっています。

抜け毛が少なく、比較的体臭も少ないことから、他の犬種との交配によるミックス犬としても人気があります。
(ラブラドゥードルやゴールデンドゥードルなど)

【毛色】

JKC(ジャパンケネルクラブ)では、ソリッドカラー(単色)のみが認められています。

基本カラー(原色)は、「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」です。
この三色を元に、「シルバー」「ブルー」「グレー」「シルバー」「グレー」「クリーム」「カフェ・オ・レ」「レッド」「アプリコット」「ベージュ」「シャンパン」など多彩な毛色があります。

また、2色以上の「ブラック&タン」や「ホワイトが主のパーティカラー」なども存在していて、アメリカなどの海外では人気があるようです。

ただし、日本ではJKCによって基本はソリッドカラー(単色)のみが認められているため、上記の2色以外の複数の色が混じっている場合には「ミスカラー」とされています。

トイプードルの性格・気質

  • 好奇心旺盛で活発
  • 甘えん坊でフレンドリー
  • 全犬種中2位の知能の高さを持つ。
    プードルの中で最も知能が高いと言われることも
  • 毛色によって性格が異なることも
トイプードル

トイプードルの性格・気質①
~明るくとてもフレンドリー~

トイプードルは明るくて好奇心旺盛な活発な性格をしています。

人のことが大好きで、特に飼い主には甘えん坊な性格であると言われることが多いです。

人見知りをすることも少なく、他の犬ともすぐに仲良くなれるようなフレンドリーな性格でもあります。

また、トイプードルは毛色によっても異なる性格を持っていると言われています。

トイプードルの性格・気質②
~プードルの中で最も賢い!?~

知能が高いことで知られるトイプードルですが、その賢さは全犬種中、ボーダーコリーに次ぐ2位と言われており、さらには全プードルの中でも最も知能が高いと言われることもあります。

しつけやすいという特徴を持つことにもなりますが、逆に賢すぎるがために甘やかして育てることでわがままな性格になってしまうこともあります。

トイプードルのいびきとは?

いびきとは?

人や動物は呼吸をするとき、鼻や口から空気を吸い込み、気管を通って肺へ空気を送りこんでいます。

通常は、空気の通り道である呼吸器へスムーズに空気が通るので、何の音もしないのが普通です。

しかし、何らかの影響で狭くなった上気道が、呼吸の際に擦れて出る音のことを「いびき」と言います。

つまり、いびきとは寝ている時の呼吸の「空気の振動音」なのです。

トイプードルもいびきをかくの?

人にもいびきをかく人、かかない人がいるように、トイプードルにもいびきをかく犬とかかない犬がいるようです。

一般的に、いびきをかきやすいと言われる犬種があり、「パグ」「シーズー」「ペキニーズ」「フレンチブルドッグ」などはいびきをかきやすい犬種です。

これらの犬種は、鼻ぺちゃ顔が特徴的な犬種「短頭犬種」ですが、こういった短頭犬種の場合、呼吸器へ空気が通りにくい気管の作りになっているのが特徴です。

そのため、寝ている時の呼吸で空気が振動しやすく、いびきをかきやすいのです。

しかしトイプードルに関しては、マズルの長さに個体差はあるものの鼻ペチャな犬種というわけではありません。

それでは、なぜトイプードルでもいびきをかくことがあるのでしょうか。

「いびき」はなぜかくのか?原因

トイ・プードル

トイプードルのいびきの原因①
「疲れている」

疲れているとき私たち人間も「いびきをかいていたよ」と言われる時があります。

それは疲れていると体がより酸素を求めるからです。

これは、犬も同じでいつもより多く運動した日やお出かけした日等にいびきをかくことがあるようです。

大体は一過性のものなので、心配する必要はないでしょう。

トイプードルのいびきの原因②
「鼻づまり」

冬の乾燥した季節は特に鼻が詰まりやすい季節です。

鼻が詰まることによって口呼吸になり「いびき」をかくことがあります。

空気が乾燥しているときには加湿をしてあげましょう。
加湿をしても改善しない場合は蓄膿症や花粉症、アレルギーの性鼻炎の可能性も考えられます。

また、飼い主やご家族の中に、タバコを吸っている人がいる場合、タバコの副流煙が原因となっている可能性もあります。

タバコの副流煙は、犬の鼻への刺激が強く、粘膜を傷つけてしまいます。
鼻の粘膜を守ろうと鼻水が出やすくなり、いびきをかくようになることがあります。

トイプードルのいびきの原因③
「老化」

歳をとると舌の筋肉が衰え、気管が圧迫されることで「いびき」をかくようになることがあります。

歳をとって「いびき」をかくようになったという場合にはこの可能性が考えられます。

あまり気になるようなら一度動物病院に相談してみましょう。

トイプードルのいびきの原因④
「肥満」

トイプードルがいびきをかく原因に最も考えられるのが「肥満」です。

肥満の場合、脂肪が気道につき呼吸を細くすることが「いびき」の原因になります。
改善としてはダイエットをするしかありません。

日頃与えているドッグフードの量やカロリーの見直し、おやつや人間の食べ物は与えていないか、運動は適度に行っているかなど生活スタイルを見直しましょう。

トイプードルのいびきの原因⑤
「薬の副作用」

犬の薬の中には、いびきをかくやすくなるものがあります。

副作用として筋肉をゆるめるような症状が見られる薬を使っている場合など、筋肉がゆるむことで気道が狭くなり、いびきをかくようになるようです。

「いびき」は病気のサイン!?

トイプードルのいびきには、前述で紹介したような緊急性のない原因のほかにも、病気によっていびきを引き起こしている可能性があります。

医者,病気,病院

いびきをかく症状のある病気①
「風邪」

風邪による鼻詰まりを起こして「いびき」をかいている可能性があります。

風邪の場合は鼻詰まりの他にも発熱、くしゃみや咳、元気がない、食欲低下などの症状が見られます。

いびきをかく症状のある病気②
「口蓋垂等の異常」

口蓋垂(のどちんこ)・舌の肥大や顎が小さい、噛み合わせが悪い、扁桃腺の肥大等も「いびき」の原因になります。
これらの病気には、「軟口蓋過長症」「気管虚脱」などが上げられます。

稀ではありますが、鼻腔や気管に「腫瘍」ができることでいびきをかくようになることもあるようです。

また、柔らかい物ばかり食べさせていたりすると顎の筋肉が弱くなってしまい「いびき」の原因に繋がります。
フードはドライフードを食べさせ、噛んでも良いおもちゃや犬用ガムを与え顎の強化をしましょう。

口蓋垂や舌の異常等については外科的な治療が必要になってくる事もありますので動物病院を受診する必要があります。

これらは一過性の物ではなく慢性的にいびきをかくのが特徴です。

◆「軟口蓋過長症」

軟口蓋過長症とは、口腔内の天井部から後方にのびた柔らかい軟口蓋(のどちんこ)が通常よりも長いことで、呼吸が妨げられて起こる呼吸器系の疾患のことです。

鼻腔が何らかの原因で狭くなってしまい、呼吸の度に圧がかかることが引き金となり、軟口蓋が引っ張られるようになります。
これによって呼吸がしずらくなって呼吸時に「ゼーゼー」というような雑音が見られたり、いびきをかくようになります。

症状がひどい場合には外科的に軟口蓋の切除をする必要がある病気です。

◆「気管虚脱」

気管虚脱とは、呼吸の際に空気の出し入れを行う気管が途中でつぶれてしまう病気のことです。
最悪の場合、呼吸困難で死亡することもある命に関わる病気です。

パグやシーズーなどの短頭種などの場合には先天性によってかかりやすい特徴を持ちますが、トイプードルも肥満や栄養の偏りが原因となって発症する可能性があります

気管虚脱の症状が見られたら動物病院ですぐに診てもらいましょう。

いびきをかく症状のある病気③
「アレルギー」

犬にも食べ物や花粉、ハウスダストなどによってアレルギーを起こす個体があります。

犬のアレルギーの症状には、脱毛やかゆみなどの皮膚の症状の他にも、鼻炎の症状も起こることがあります。
鼻炎によって鼻水が出ることで、いびきをかくようになるのです。

アレルギーの原因となるアレルゲンが何なのかを知り、症状を引き起こさないよう気を付けてあげる必要があります。

いびきをかく症状のある病気④
「心臓病」

いびきをかく症状が見られる心臓病には、「心臓肥大」があります。
「心臓肥大」は、食生活が原因になっていることが多いようです。

さらに「心臓肥大」を引き起こす病気としては、「僧帽弁閉鎖不全症」と「心筋症」などがあります。

しかし、実際にはいびきではなく、心臓肥大を起こすと大きくなった心臓が気道を圧迫していびきのような音が出るようになり、いびきだと勘違いしてしまうことがあるようです。

こういった心臓病の場合には、咳を伴うことが多いため、咳を伴ういびきをかくようになった場合には、心臓病を疑って動物病院で診察してもらうようにしましょう。

いびきが引き起こす病気も

トイプードルがいびきをかく原因や病気について紹介してきましたが、いびきをかくことによって起こる病気もあります。

「無呼吸症候群」

「無呼吸症候群」という病名を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

人にも共通する病気で、寝ている時、一時的に気道が完全にふさがれて呼吸が止まってしまう「無呼吸」状態になる病気のことです。

愛犬がいびきをかいて寝ているかと思ったら、突然いびきが止まるような時には要注意です。
ちゃんと呼吸ができているか確認してみましょう。

一時的に呼吸が止まっていて無呼吸の状態が長く続くと、体に酸素が行き渡らなくなるため、危険な状況に陥ることも考えられます。

寝ている時に「無呼吸」状態の症状が見られる場合には、動物病院で一度診てもらうようにしましょう。

トイプードルのいびき対策

いびき対策は必要?

トイプードルのいびきには、「疲れている」ことからいびきをかくような一過性のものから、「肥満」や「病気」などの健康状態が原因のものまで様々です。

「疲れている」ことからかくようないびきであれば心配する必要ありませんが、「肥満」や「鼻づまり」などが原因である場合には、対策してあげた方が良いでしょう。

また、病気が原因となっていることもあるため、心配な症状が他にも見られる場合には動物病院で診察してもらいましょう。

特に、

  • 突然いびきをかくようになった
  • いびきが激しくなっている・音が大きいとき
  • 呼吸も苦しそうにしている
  • 慢性的ないびきをかいている

などの兆候が見られる場合には、病気が原因となっている可能性が高いため、注意しておきましょう。

トイプードルのいびき対策方法

いびきの対策方法としては、まず、いびきの原因となっていることを取り除いてあげることです。

肥満であればダイエットをさせる、アレルギーであればアレルゲンとの接触を避ける、空気清浄機を使うということができます。
また、愛犬の近くでタバコを吸わないなどの配慮も必要になるでしょう。

さらに、愛犬が快適な睡眠を得られるために、寝る体勢を変えてあげることでいびきが治まることや、アロマやハーブを活用して安らかな呼吸を得られるようにしてあげると良いでしょう。

この記事のまとめ

トイプードル,ぬいぐるみ
トイプードルのいびき
  • いびきは気道が狭くなることで起こる「空気の振動音」
  • トイプードルもいびきをかく子、かかない子がいる
  • トイプードルのいびきの原因:「疲れている」「鼻づまり」「老化」「肥満」「薬の副作用」などが考えられる。
  • いびきが起こる病気には、「風邪」「口蓋垂等の異常(軟口蓋過長症・気管虚脱など)」「アレルギー」「心臓病」などがある。
  • いびきによって起こる「無呼吸症候群」に注意!!
  • いびき以外の心配な症状が見られる場合には、動物病院で診察を!!
  • すぐにできるいびき対策
    「ダイエット(減量)させる」「空気清浄機を使う」「アレルゲンの特定と接触を避ける」など原因に対する対策を
  • 快適な睡眠のためには、「体勢を変えてあげる」「安らかな呼吸を与えるハーブやアロマを活用してみる」などの工夫も考慮に

トイプードルのいびき さいごに

いかがでしたか?

トイプードルのいびきは愛らしい仕草もありますが、中には病気や改善すべき原因が隠れていることも多いです。

トイプードルがいびきをかくときに考えられる原因は特に「肥満」によるものが多いでしょう。

「肥満」はいびきだけでなく、骨・関節への負担になる他、内臓へも悪影響を与えてしまいます。
普段から食事と運動のバランスを管理して、また可愛いからとおやつを与えすぎないように注意していきましょう。