アメリカンコッカースパニエルと一緒に行くドッグラン!!注意したいこととは?

遊ぶことが大好きなアメリカンコッカースパニエルにとって、ドッグランは自由に走る回ることができてとても楽しい場所と言えるでしょう。飼い主さんにとっても愛犬の楽しそうな姿が見られるのは幸せな時間の1つですよね。 しかしドッグランは、たくさんの他の犬が集まる場所なので、他の飼い主さんに迷惑をかけたり逆にトラブルに巻き込まれたりっていうこともある場所です。 せっかくの愛犬との楽しい時間を無駄にしないために、今回はアメリカンコッカースパニエルとドッグランに行くときの注意点を紹介いたします。

あらかじめ準備しておくこととは?

まずドッグランデビューする前に準備しておいてほしいのが、予防接種を済ませておくことと、最低限のしつけです。 たくさんの犬が集まる場所のため、他の犬とのじゃれあいや糞尿から病気に感染することもあり得るので、予防接種は必ず受けておきましょう。ドッグランによっては証明証の提示を求められる場合もあります。 また、他の飼い主さんに迷惑をかけたり、他の犬とのトラブルを避けるための最低限のしつけとして、名前を呼んだら反応する、「おいで」「待て」をマスターしておきましょう。
持ち物は、リードと排泄物を持ち帰るための袋、お水、狂犬病の済証を準備しておきましょう。

マナーを守って利用しましょう

ドッグランの中では、犬を放しっぱなしにしたりせずに目を離さないようにしておくのが第1のマナーです。
ボール遊びなどのおもちゃを使った遊びは、犬にとって獲物を追う本能的な遊びです。そのため、興奮してボールの取り合いになったりと他の犬とのトラブルになりやすいので、最近では禁止されている施設も多いようです。それでも飼い主さんと一緒にできる楽しい遊びでもあるので、もしボール遊びをする場合は、普段からご飯やおもちゃを取られても怒らないようにしつけておき、ドッグラン内では周りに注意しながら遊びましょう。 アメリカンコッカースパニエルの場合、穏やかな性格で注意深さも持ち合わせているので、こういったトラブルは少ないかと思いますが、万が一ということもあります。大型犬とケンカになったりしたら軽いケガじゃ済みません。
また、メスのヒート(発情)中にドッグランに連れて行くことは、他のオス犬に刺激を与えてしまいますので、できるだけその期間の利用は避けましょう。
他にも、ドッグラン毎で定められたルールがあるので、利用前に確認しておきましょう。

夏場のドッグランの利用

太りやすいアメリカンコッカースパニエルにとって定期的なドッグランの利用はオススメなのですが、ダブルコートの毛を持っていて暑さに弱い犬種なので、夏場の利用には注意が必要です。真っ昼間の利用は論外で、できるだけ夕方よりも温度が低い午前中のうちに連れて行くことをオススメします。
他にも、遊びの合間に疲れて休憩したい時に直射日光を避けられる木陰などがあるかも重要です。利用前にチェックしておきましょう。
一番大事なことが、こまめな水分補給です。愛犬が遊びに夢中になっていても飼い主さんが定期的に呼び止めて水を与えてあげましょう。

まとめ

アメリカンコッカースパニエルの場合、基本的にトラブルなどの心配は性格が穏やかでフレンドリーな上、注意深さも持っているので他の犬種よりも少なそうですね。 それでも、性格もそれぞれ違うたくさんの犬が集まっているので、注意することに越したことはないです。
周りに迷惑をかけないようルールを守って、アメリカコッカースパニエルと一緒に楽しく利用しましょう。