アメリカンコッカースパニエルの年齢別の体重推移と注意点

Contents


アメリカンコッカースパニエルの基本情報

  • 原産国:アメリカ
  • グループ:超猟犬(8G)
  • サイズ:中型犬
  • 平均寿命:12~15歳
  • 子犬の価格相場:10~20万円

アメリカンコッカースパニエルの概要

ふんわりとした被毛に大きな垂れ耳がチャームポイントの「アメリカンコッカースパニエル」。
上品かつ愛らしさを持ち合わせた魅力的な犬種です。

アメリカンコッカースパニエルは、イギリスの鳥猟犬「イングリッシュコッカースパニエル」から改良されて生まれた犬種ですが、鳥猟犬ではなく愛玩犬向きの「イングリッシュコッカースパニエル」を選抜して、愛玩犬として作出されました。
そのため、非常に明るくフレンドリーな性格を持ち合わせています。

その人懐こさが人気を集め、さらにディズニー映画「わんわん物語」の「レディー役」のモデルとなったことで一時人気を博しましたが、現在ではその人気は落ち着いています。

それでも、押しも押されもしない一定の人気を維持し続けている犬種です。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 気品があり、優雅な印象を受ける
  • 体重:7.0~13kg
  • 大きさ:中型犬
  • 体高:35.5~39cm
  • 被毛:ストレートタイプとウェーブタイプがある
  • 毛色:「ブラックバラエティ」「単色(アスコブ)」「パーティーカラー」の3種類があり、ブラック、タン、シルバー、レッド、ブラウン、バフ、トライカラー、パーティーカラーなど豊富なカラーバリエーションがあり

【大きさ】

アメリカンコッカースパニエルは、成犬時の大きさが体高35.5~39cm体重7.0~13kgの中型犬に分類されています。

一般的にメスよりもオスの方が大きい傾向にあり、オス38.1~39.4cm、メス35.6c~36.8cmが標準となります。

【体型】

アメリカンコッカースパニエルは愛玩犬ではありますが、鳥猟犬を祖先に持つ犬種のため、コンパクトながらも筋肉質でがっしりとした体型をしています。

また、運動神経が良く活発に遊ぶことが好きなパワフルな犬種です。

【顔】

頭頂部がやや平で、彫りの深い顔、長い垂れ耳が特徴的な顔立ちをしています。
マズルが短めの鼻ペチャ気味の顔で、「短頭種」に分類されています。

【被毛】

アメリカンコッカースパニエルの被毛は、シルクのように細い長毛で、「ストレートタイプ」と「ウェーブタイプ」の2つのタイプがあります。
一般的なのは「ウェーブタイプ」となります。

全身に美しい被毛が豊富に生えているダブルコートの犬種で、特に耳周り、胸、腹部、四肢には飾り毛が豊富です。

【毛色】

アメリカンコッカースパニエルの毛色は大きく分けて「ブラックバラエティ」「単色(アスコブ)」「パーティーカラー」の3種類に分けられます。

さらに、それら3種類の中でも「ブラック」「タン」「シルバー」「レッド」「ブラウン」「バフ」などの単色から、「ブラック&ホワイト&タン」「チョコレート&ホワイト&タン」などのトライカラー、「ブラック&ホワイト」「レッド&ホワイト」などのパーティーカラーまで様々な色のバリエーションに富んでいます。

そのバリエーションは全部で20種類以上もの毛色があると言われています。

国内で一般的な毛色は、茶色系で「バフ」などの毛色となります。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • 明るく陽気
  • 活発な遊び好き
  • おおらかでフレンドリー
  • 甘えん坊
  • しつけやすい

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質①
~別名「メリーコッカー(陽気なコッカー)」~

アメリカンコッカースパニエルは優雅で愛らしい姿をしているにも関わらず、鳥猟犬の血を受け次いでいるだけのことがありとても活発で明るい性格をしています。

非常に陽気な性格をしていることから「メリーコッカー(陽気なコッカー)」とも呼ばれています。

また、「プードル」に次ぐとも言われている人懐こさを持ち合わせていて、穏やかで優しい中型犬です。
多頭飼いにも適しているでしょう。

あまりにも人のことが大好きなので、「うれション」が多いとも言われる犬種です。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質②
~持ち前の性格の良さを引き出せるのは飼い主次第~

全体的にとても愛玩犬らしく愛嬌のある性格をしていて、性格の良さは他犬種と比べてもトップクラスです。

ただし、その愛嬌の良さから甘やかしてしまうとわがままな性格になってしまうこともあるため、メリハリを持ってしつけていくことが必要です。

基本的に頭は良いのでしつけがしやすい犬種です。

また、アメリカンコッカースパニエルは飼い主に愛情深く甘えん坊な性格をしています。

しかしその分、飼い主や他の犬と一緒に過ごすことを好み、寂しがり屋な性格からは留守番を苦手とすることが多いようです。

アメリカンコッカースパニエル
「成長期」の体重推移と注意点

「成長期」とは?

犬の成長期とは、子犬が体や精神が成犬へと成長していく期間の事を指します。

そして、犬の成長期はサイズによっても異なるようで、大型犬になるほど成長犬が長い傾向にあります。

犬の成長期には、2つの時期があります。

その中で、最も大きく成長する時期は生後2か月までです。
生後2ヵ月までの成長期では、出生時の約10~15倍まで体重が増加し、主に骨組織の発達が見られます。

その後の期間は、成犬になるまで緩やかな成長を見せ、体重は約2~5倍に増加し、主に筋肉組織が発達していきます。

生後4~5ヵ月ごろからは脂肪組織が発達し始めます。

そして、生後1歳前後で成犬時の大きさへと成長し、安定していきます。

「成長期」の体重推移

アメリカンコッカースパニエルの成犬時の大きさは、体高35.5~39cm体重7.0~13kgが目安となります。

体格・体重の成長は、他犬種同様、大体1歳前後で安定していきます。

アメリカンコッカースパニエルの生まれてすぐの体重は、だいたい150g~300g程度です。
そこから1年かけて大人の体重に成長していくのです。

生まれてから最も急激に体重が増える成長期、生後2~3ヵ月の体重の目安としては、1.3~3.4kg程度です。

その後は緩やかな成長を見せ、生後6ヵ月で5.5〜8.4kg、生後10ヵ月で7.3〜9.9kg、生後1年で7.0~10.8kgとなります。

ただし、性別によっても成長速度が少し違ってきます。
基本的にはオスの方が大きな成長を見せるようになります。

オスとメスそれぞれの体重推移の例をご紹介いたします。
あくまでも一例ですので、参考程度で確認してみてください。

オスとメスそれぞれの体重推移(例)
生後3ヶ月 ・・・(オス)3.4kg  (メス)1.3kg
生後4ヶ月 ・・・(オス)5.6kg  (メス)3.9kg
生後5ヶ月 ・・・(オス)7.2kg  (メス)4.1kg
生後6ヶ月 ・・・(オス)8.4kg  (メス)5.5kg
生後7ヶ月 ・・・(オス)8.7kg  (メス) 6.1kg
生後8ヶ月 ・・・(オス)9.0kg  (メス)6.8kg
生後9ヶ月 ・・・(オス)9.7kg  (メス)7.0kg
生後10ヶ月・・・(オス)9.9kg (メス)7.3kg
生後11ヶ月・・・(オス)10.1kg(メス)7.0kg
生後12ヶ月・・・(オス)10.8kg(メス)7.0kg
生後13ヶ月・・・(オス)10.9kg(メス)7.0kg
生後14ヶ月・・・(オス)10.9kg(メス)7.3kg
生後15ヶ月・・・(オス)10.8kg(メス)7.3kg

「成長期」の注意点

成長期の注意点①「食事」

生後1年頃までは大人の体重になるまでに大きな成長を見せ、健康的な体作りをするための期間です。
そのためには、栄養が不可欠です。
その栄養を摂るための食事には、様々な配慮が必要になってくるでしょう。

【生後2か月頃までの食事】

最も大きく成長を見せる生後2か月までは、成長に必要なエネルギーを摂取するためにエネルギー密度が高く、消化性の高い食事を必要とします。

さらに、骨や筋肉などの発達に欠かせないタンパク質、骨の発達などに必要なカルシウム・リン・マグネシウムなどのミネラルなどの栄養をバランスよく十分に摂取することが重要です。

【生後2か月からの食事】

成長がやや緩やかになる生後2か月以降は、エネルギー摂取量をやや控えめにする必要があります。

特に生後4~5ヵ月ごろからは脂肪組織が発達し始める時期です。
これ以降は、肥満にならないように注意しなければなりません。

アメリカンコッカースパニエル
「成犬期」の体重推移と注意点

「成犬期」とは?

生後1年頃までの成長期を過ぎた後の1歳から7歳までの時期を「成犬期」といいます。
成犬期では、成長期で作り上げた健康な体を維持していくことが大切な期間です。

「成犬期」の体重推移と注意点

アメリカンコッカースパニエルの成犬期の適正体重は7〜13kgとなります。
成犬期では体の成長も止まり、体重も体格も一定となります。

「成犬期」の注意点

成犬期の注意点①「食事」

アメリカンコッカースパニエルの成犬期の食事は、健康的な体を維持していくことが大切です。
そのため、「健康維持」を目的としたドッグフードを選んであげましょう。

栄養が偏ってしまうと、健康を損なってしまったり、寿命にも影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

また、成犬期では今以上に成長する必要はなくなるため、子犬期よりはカロリーが控えめのものになります。

成犬期の注意点②「肥満」

アメリカンコッカースパニエルがこの時期に、体重について気をつけなければならないことは「肥満」です。

アメリカンコッカースパニエルは、肥満になりやすい犬種の一つです。

食欲旺盛で、運動量も必要となる犬種なので、よく食べさせているのに運動をあまりさせないでいると、すぐに太ってしまうでしょう。

「肥満は万病の元」とも言われる通り、太ってしまうことで病気の原因へとなってしまうことも考えらます。
決められたフードの量を与え、適度な運動をさせ、適正体重の中に入るように体重管理をしてあげることが大切です。

アメリカンコッカースパニエル
「シニア期」の体重推移と注意点

シニア期とは?

犬の老化には個体差もありますが、だいたい犬の7歳以上は「シニア期」と呼ばれる時期に入ります。
「老犬期」や「高齢期」と呼ばれていることもあります。

シニア期の体重推移

シニア期には明確な適正体重というのはありません。

ただし、遊び好きで運動量が多いアメリカンコッカースパニエルは、成犬期では比較的筋肉が付いたがっちり体型をしている犬種ですが、シニア期に入るとだんだん運動量が減ることで、筋肉が落ち体重も減少していきます。

成犬期の体重から極端な変化をさせないことが重要です。

シニア期の注意点

シニア期の注意点①「体重減少」

緩やかな体重減少であれば、一般的なことですので特に問題はありません。

ただし、極端な体重減少が見られる場合には、病気の可能性が隠れているかもしれません。

「シニア期になると体重減少があるのは当たり前」だと油断はせず、体重の変化に気を付けてあげましょう。

シニア期の注意点②「食事」

シニア期に入って、筋肉が落ちていくと消費エネルギーも落ちてしまいます。

それにも関わらず、食べるフードの種類が同じで量も同じのまま与え続けてしまうと、自ずと太ってしまうことになるでしょう。

病気にもかかりやすいシニア期ですので、適度な運動と年齢にあったフードへの切り替えが大切となってきます。

アメリカンコッカースパニエルの適正体重のチェック方法

アメリカンコッカースパニエルが肥満であるかどうかは、骨格の個体差が大きくあるため、体重だけでは判断できないところがあります。

自分の愛犬が肥満なのかどうかは、健康にも影響を及ぼすことですので知っておく必要があります。

一見して肥満だと分かる場合は明らかな肥満ですが、触ってみて分かる隠れ肥満もあります。
今回は触ってチェックする方法をご紹介します。

チェック部位①「首」

首周りから肩にかけて脂肪が付き、首が短くなったように見える場合には肥満です。
逆にゴツゴツした骨の触感がある場合には、痩せすぎです。

チェック部位②「肋骨」

胸に手を置いて肋骨の上をそっと上下に撫でてみましょう。

肋骨が浮き出ているのが見えたり、撫ぜた手に肋骨が触れたりするときは痩せすぎ、逆に強く押しても、骨に届かないくらい皮下脂肪が付いている場合には肥満です。

チェック部位③「背中」

首から尻尾の付け根の背骨のラインを触ってみましょう。

背骨がゴツゴツと手に触れるときは痩せすぎ、強めに触っても背骨に触れることができないのは肥満体型です。

背骨があることがわかる程度に触れられるのが適正体型となります。

チェック部位④「お腹」

上から見たときに後ろ足の少し前にあるウエストラインが適度にくびれているのが標準体型です。

全くくびれがなく、明らかに樽状に見える場合には肥満です。

アメリカンコッカースパニエルは太りやすい!!肥満に注意

ここまで紹介してきた内容の中でもお分かりかと思いますが、アメリカンコッカースパニエルは太りやすい体質を持っています。

食べることが大好きですので、おやつをおねだりしてきたり、食べ物への執着心が強い様子が伺えるでしょう。

陽気で甘えん坊なアメリカンコッカースパニエルからおねだりをされると、可愛くてつい言うことを聞いてしまう飼い主さんも少なくはないようですね。
そのせいもあって、アメリカンコッカースパニエルが肥満になってしまうこともしばしば。

肥満は、骨や関節への負担になるだけでなく、内臓へも負担をかけてしまい様々な病気を引き起こす原因となってしまいます。
食事と運動のバランスをしっかり管理して、肥満にならないよう注意してあげましょう。

また、避妊・去勢手術をしているアメリカンコッカースパニエルであれば、さらに太りやすい体質になりますのでより注意が必要となります。

この記事のまとめ

アメリカンコッカースパニエルの年齢別の体重推移と注意点
  • アメリカンコッカースパニエルの成犬時の大きさは、体高35.5~39cm体重7.0~13kg程度
  • 成長期とは、生まれてから生後1年頃までの期間のこと
  • 最も大きく成長するのは生後2か月頃まで、その後は1年ごろまで緩やかに成長する
  • 成長期では、食事の栄養バランスに注意
  • 成犬期は、1歳~7歳位までの期間のこと
  • 成犬期では、健康的な体を維持していくことが必要
  • シニア期は、7歳以上のこと。個体差があり。
  • シニア期には体重減少が見られる
  • シニア期の大幅な体重減少に注意
  • シニア期には、適度な運動と年齢にあったフードへの切り替えが必要
  • アメリカンコッカースパニエルは太りやすいので肥満に注意!!

「アメリカンコッカースパニエルの年齢別の体重推移と注意点」さいごに

太りやすい犬種であるアメリカンコッカースパニエル。

そんなアメリカンコッカースパニエルを飼育するにあたっては、適正体重を頭に入れて年齢に見合った食事管理・体重管理をしていくことが大切となってきます。

肥満は様々な病気のもとです。
適正体重でいられるように、定期的な体重計測や、その結果や年齢に応じたフードの管理がとても重要です。