アメリカンコッカースパニエルの避妊手術における注意点

メス犬を飼っている人なら避妊手術を検討した事があるかと思います。避妊手術をするとなれば、様々な不安な事が出てくることでしょう。避妊手術をするかしないか検討する上で、まずは避妊手術においてのメリット・デメリットを知っておくべきです。また、アメリカンコッカースパニエルならではの避妊手術前後に注意すべきことについても紹介します。

避妊手術のメリットとデメリット

避妊手術にはメリットとデメリットがあります。これはアメリカンコッカースパニエルだけでなく犬全体に言えることです。

メリット

  • 望んでいない妊娠や出産を避けることができる
  • 問題行動が減少する可能性がある
  • ヒートの煩わしさかなくなる
  • 発情によるストレスが軽減される
  • 子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などのメス特有の病気の予防になる

デメリット

  • 太りやすくなる
  • 避妊手術の際の麻酔のリスクがある
  • ホルモンバランスが崩れやすくなる
避妊手術には、このようなメリットとデメリットがあります。避妊手術の最大のメリットである、メス特有の病気の予防として手術をする飼い主さんが最近では増えています。子宮蓄膿症や悪性の乳腺腫瘍になってしまった場合、最悪の場合は命を落とすこともあります。そうならないためにも若い頃に避妊手術をするメリットは大きいです。

アメリカンコッカースパニエルの避妊手術前の注意点

ほとんどの動物病院では、麻酔をかける当日は絶食絶水か、仮に食べさせるなら少量にするように指示されます。手術前の食事量の制限については動物病院によって異なりますので、事前に動物病院で確認し、指示に従うようにしましょう。
手術をする前に傷口とその周りの毛をバリカンで短く剃られます。動物病院は犬の美容室とは違い、綺麗にすることが目的ではありませんので、綺麗に毛刈りしてくれるとは限りません。消毒液や血液が毛についてしまう事もしばしばあります。
アメリカンコッカースパニエルを飼っているのであれば、自慢の毛を綺麗にカットしている飼い主も多いと思います。動物病院での毛剃りや消毒液等の付着に抵抗があるのであれば、避妊手術前に思い切って伸ばしている毛を短くしましょう。それにも抵抗がある場合は、毛刈りの範囲を最低限にしてほしいと動物病院に伝えましょう。
また、避妊手術後は抜糸までトリミングやシャンプーへ行くことが出来ません。避妊手術前に行っておくことをオススメします。

アメリカンコッカースパニエルの避妊手術後の注意点

避妊手術後の処置は動物病院によって様々ですが、傷口に絆創膏のようなテープを貼ったり、包帯を巻いたりします。また、傷口を舐めないように、エリザベスカラーを付けられることも多いです。このように、普段とは異なる状態あることや手術の痛みなどで、犬は大きなストレスを感じます。避妊手術が終わった後は、自宅の落ち着く場所で安静に過ごさせてあげましょう。
基本的には、抜糸ができる1週間から2週間の間はこのような姿で生活しなければなりません。
アメリカンコッカースパニエルのエリザベスカラーは大きいサイズになります。ご飯を食べづらくしているのであれば、食器の高さを高めにして上げると食べやすくなります。
アメリカンコッカースパニエルは、皮膚が弱い犬種ですので、包帯やテープでかぶれる場合があります。あまりにもかぶれが酷く、かゆみを伴う場合は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。テープや包帯を定期的に交換するなど、その症状にあった処置をしてもらわなければいけません。

まとめ

避妊手術は、麻酔をかけてする手術となりますので100%安全という訳ではありません。もちろん避妊手術をすることで様々なメリットもあります。また、アメリカンコッカースパニエルならではの注意点もありますので、そこも含めてしっかり考えてあげましょう。手術後の身体的・精神的なケアもしっかり行うことが大切です。