トイ・プードルに洋服は必要!?洋服を着せることのメリット・デメリットは?

洋服のメリット

確かに犬は体全体が被毛に覆われていて野生では布を身にまとう習慣はありません。
しかしトイプードルを始めとした愛玩犬は人工的に交配された犬種であり、暑さや寒さに弱いことなどから洋服が必要な場合もあります。

暑さや寒さから身を守る

犬は暑さに弱く寒さに強いと言われていますが、室内犬の場合はいつも空調のきいた環境で生活しているため、暑さや寒さに弱いとされます。
特にシングルコートのトイプードルは寒さには弱い傾向があります。
近年は温暖化によりエアコンの使用率が高くなり、暑い夏場でも室内は涼しくなっています。
そのため愛犬の体が冷えすぎてしまう場合があります。
洋服はその対策に役立ちます。

また夏場の直射日光は熱中症の原因になります。
散歩などはなるべく日差しの弱い時間帯に行うことをお勧めしますが、お出かけの際やどうしても直射日光を浴びる時間が長い場合は洋服を着せることで体温上昇の予防になります。
シングルコートであるトイプードルは寒さを苦手とします。
冬になると毛布や人間の洋服にくるまったりしている姿をみることもあるのではないでしょうか?そのようなときにも洋服は体を温めてくれる便利なアイテムです。

抜け毛対策に

毛の抜けにくいトイプードルですが、人が多い公共の場所では全ての人がそのことを理解しているわけではありません。
洋服を着せることで抜け毛が飛び散るのを防ぎ、犬が苦手な人に対しても衛生的であることをアピールできます。
ゴミやほこり、花粉、ダニ、ケガから身を守る役割も洋服はしてくれます。
そしてもし愛犬が脱走してしまった場合に洋服は目印にもなってくれます。

洋服のデメリット

犬は太陽光線を浴び皮膚からカルシウムなどの栄養を補っていますので、いつも洋服を着ていると栄養吸収を妨げてしまいます。
また絶対に洋服が必要と言うわけではありませんので、洋服を嫌がる子に対して無理やり着せることはストレスになりますのでやめましょう。
いくら可愛いトイプードルと言えど生き物でありぬいぐるみではありません。
嫌がっているのに無理やり洋服を着せることで虐待や人間のエゴと言った見方をされてしまってはいけません。
愛犬は生き物であり着せ替え人形ではないということ、まだ虐待やエゴであるという見方をしている人がいるという事も頭に入れておかなくてはいけません。