シーズーの体重について年齢別の変化と適正体重

温厚な性格で無駄吠えも少ないことから、長年ペットとして人気のあるシーズー。小型の犬ですが、どのくらいの体重変化があり、成犬になった時はどのくらいの大きさになるのでしょうか。シーズーの体重の推移を見ていきましょう。

シーズーの月齢・年齢ごとの体重推移

シーズーがペットとして売り出されるのは、生後3か月頃です。この頃の体重は約1.5~1.8kgです。

その後成長し、生後6か月で約3~4kgになり、

1歳を迎える頃には5~7kgになります。

シーズーは小型犬にしては体重増加があり、個体差が大きい犬種です。

前述の平均体重は体高20~28cmの成犬シーズーを基準にしたもので、これより大きい犬も小さい犬もいます。

シーズー個々の体長や体高によって適正体重は変わってきますので、あまり数値だけに惑わされる必要はないでしょう。

シーズーは1歳までにほぼ成犬となり、成長がストップします。

その後に体重だけが増える場合は、肥満の可能性が高いです。

シーズーにとってのベスト体重は、基本的には1歳頃の体重です。

ご飯を食べ過ぎると若くても肥満になるので、毎日の食生活には気を配ることが大切です。

一方、シーズーが成犬になってから体重の減少が続く場合は病気の可能性があります。

体重は健康のバロメーターになるので定期的に計測し、普段の体重を把握しておきましょう。

シーズーは小柄で骨太

シーズーは小柄ですが骨太でがっしりした体型をしています。

シーズーを抱いてみると、見た目以上にずっしりとしていて驚くかもしれません。

シーズーは太りやすい体質の犬ですが短くカットしない限りは長い毛に覆われているため、見た目では太っているかどうかわかりづらいものです。

体を触ってみてウエストのくびれがあり、あばら骨が確認できるくらいがちょうど良い体型です。

背骨がゴツゴツと浮き出ているのは痩せ過ぎで、体に触っても骨が分からないほどの肉付きであれば太り過ぎです。

太り過ぎてしまってから痩せさせるのは、シーズーだけでなく飼い主さんにとっても大変です。

判断がつかない場合は獣医で診てもらい、肥満の傾向がみられる時は早めに対処しましょう。

シーズーの適正体重を維持しよう

シーズーが成犬になったら、ご飯の分量と質に注意が必要です。

また、避妊・去勢手術をしたシーズーは太りやすい傾向があるので、低カロリーのご飯を選びましょう。

同じ体重のシーズーでも、運動量が違えば必要とする栄養も異なります。

ドッグフードのパッケージにある給餌量を鵜呑みにせず、愛犬の生活パターンに合わせて調整してください。

また、ずっと同じドックフードばかり与えていては愛犬も飽きてしまいます。

たまには別のドッグフードに変えてみたり、野菜などのトッピングをプラスしてあげたりする等の工夫をしてあげるとシーズーもも喜ぶでしょう。

シーズーの適正な体重を維持し、健康的な犬ライフを過ごせるようにしてあげたいものですね。