トイ・プードルに避妊手術は必要!?避妊手術とは?メリット・デメリットや費用、手術の時期とは

最近では愛犬の避妊・去勢手術は当たり前の世の中になりつつあります。 しかしお腹を切るというのはなるべくさせたくないものです。 室内飼いでオス犬と接点も少ないトイプードルに避妊は必要なのでしょうか? 避妊のメリット・デメリットとは? また避妊手術にかかる費用はどのくらいなのか。避妊に適した時期はいつなのでしょう?

避妊手術とは?

避妊手術はメス犬の子宮と卵巣を取り除く手術のことです。 場合によっては卵巣のみ摘出や子宮のみの摘出を行う場合もありますが、後々の病気のリスクを考えると両方の摘出が望ましいでしょう。

避妊手術のメリット

発情(ヒート)を防ぐことにより周りの犬へ迷惑をかけない

メス犬は年に2回ヒートと呼ばれる発情期があります。 メス犬が発情することで独特の臭いを発し、オス犬を興奮状態にします。 興奮したオス犬は攻撃的になり飼い主のいう事を聞かなくなったりします。 このように発情は周りのオス犬にも迷惑をかけてしまうため、避妊手術は公共の場に出るときのマナーともいえるのです。

病気のリスクを減らす

子宮蓄膿症・卵巣腫瘍・乳腺腫瘍・子宮内膜炎といった生殖器の病気にかからなくなります。 いずれも命に関わる病気ですので、病気の予防のためにも避妊はメリットになります。

望まない妊娠を避けることが出来る

万が一オス犬と接触してしまったときでも妊娠することはありません。 犬はメス犬に発情がありオス犬単体に発情期はありませんので、避妊手術をすることでそのような事故も防ぐことが出来ます。

避妊手術のデメリット

繁殖が出来なくなる

特に繁殖をさせる目的がないのであれば問題ありませんが、繁殖をする目的がある場合には避妊手術は避けましょう。

太りやすくなる

発情がなくるぶんエネルギーを使わないので肥満になりやすい傾向があります。 普段からきちんと散歩などの運動をさせたり、エサのやりすぎには注意が必要です。 体重測定などをして太ってきたらフードの量やダイエット用フードを使用するなどして肥満にならないよう健康管理をしましょう。肥満は足や内臓に負担をかけ、様々な病気のリスクを高めます。

避妊手術にかかる費用と手術をさせる時期

避妊手術にかかる費用は小型犬では3万円から5万円と言われています。 全身麻酔をしますので半日から一日の入院が基本です。 時期に関しては生理(発情)が来てからが望ましいと考えられます。 病気予防のためにもなるべく早めに避妊手術を行うことが好ましいとされています。 発情があるうちは成犬になってからでも十分避妊手術は可能です。 手術をしてから5日から7日間後に抜糸をします。 それまでは散歩等の運動が出来なかったり、自分で抜糸をしないようエリザベスカラー等の着用が必要となります。