トイ・プードルは寒さが苦手!?適切な寒さ対策とは!?

シングルコートとは?

犬の被毛には「シングルコート」と「ダブルコート」の2種類があります。
紫外線や外傷から身を守る為の硬い毛を外被毛と言い、その奥にあるふわふわの柔らかい毛は寒さから身を守ります。
この柔らかな毛を内被毛と言います。
この外被毛と内被毛を持ち合わせているのが「ダブルコート」です。
トイプードルのように外被毛しか持ち合わせていない犬種を「シングルコート」と言います。
シングルコートは寒さ対策のふわふわした毛を持っていないので、抜け毛が少ないのですが寒さに弱いのです。

エアコンで空調を整える

寒い冬場などはエアコンを利用することも考えましょう。
お金がかかるからと言って節約しすぎるのは良くありません。
寒さに弱い動物を飼う以上、そのあたりは仕方がないと言えます。
設定温度は24度くらいが適温です。
ストーブやファンヒーターなどは危険ですのでエアコンを使用しましょう。

ペット用ヒーターを使用する

寒さに弱い室内犬にペット用ヒーターは必須です。
小型のカーペット型ヒーターや湯たんぽでも構いません。
ケージの下などに敷きコードをかじらないようにします。
また、ケージ全体に敷くと暑くなってしまったときに逃げ場がなくなってしまいますので、ペットベッドの下などケージ内の半分ほどの大きさのものを使用しましょう。
またケージ内が暗くならないように気を付けながら毛布などをケージにけるなどすると中の温度が高くなり寒さ対策になります。
透明なビニールシートでケージ内の外側半分を覆ってあげるのも良いでしょう。

加湿をする

具体的な寒さ対策とは言えませんが、冬場にエアコンやペットヒーターを入れると部屋は余計に乾燥します。
乾燥すると鼻詰まりや風邪の原因になりますので、加湿器や濡れたタオル等で室内を加湿しましょう。

洋服を着せる

洋服を嫌がらない子の場合は散歩時に洋服を着せてあげると良いでしょう。
また肉球からかいた汗が凍り傷をつけてしまうこともあるので靴などを使用することも場所によっては大切です。
洋服を着せるときはきつすぎないようにサイズをしっかり合わせて着せてあげてください。
また嫌がるようであれば無理やり着せることはしません。
室内でも寒さで震えているようなときは洋服を考えましょう。