トイ・プードルのトリミングの目的とは!?自宅で出来る簡単なトリミング法

トイプードルはどのくらいの頻度でトリミングに連れて行ったらいいんだろう? なぜトリミングをしないといけないのか? 自宅でできる方法はないのだろうか? 今回はトイプードルのトリミングあれこれについてご紹介します。

トリミングの目的

トリミング(グルーミング)は犬体と被毛の手入れ全般のことを言います。
  • 日常の健康管理や健康維持
  • 人と犬とのスキンシップ及びしつけの場
  • その犬の持つ美しさを十分に発揮させる
ことが目的です。

トリミングにかかる費用と頻度

トイプードルは抜け毛が少ないことが魅力ですが、ですがその分ゴミ等が巻き毛に絡まりやすく毛玉になりやすいことや、毛が伸びやすいので定期的なトリミングは欠かせません。 頻度は一月に一回が理想です。 料金は場所によって違いますがシャンプーとカットで6千円から1万円です。 カットの内容や爪切りなどのオプションで料金は変わってきます。

自宅で出来るトリミング

自宅でも出来る簡単なトリミングを紹介します。 しかし被毛全体のカットはプロのトリマーに任せるべきです。 得に顔周りは犬が動くと目等を傷つけてしまったりして危険です。

爪切り

普段からアスファルトの上などを散歩していればそんなに伸びませんが、室内犬の場合は自然に削れる機会が少ないので爪切りが必要になってきます。 犬用の爪切りで爪先から血管を切らないように少しずつ切っていきます。 念のために止血剤も用意しておきましょう。 爪が黒く血管が見えにくかったり、爪切りを嫌い暴れて危険な場合は無理をせずトリマーに頼みましょう。

耳掃除

トイプードルを始めた垂れ耳の犬種は特に耳の中が不衛生になりがちです。 放って置くと炎症や悪臭の原因になり、外部寄生虫もつきやすくなります。 月に一回~2回は耳の掃除をしましょう。 市販のクリーナーを耳に垂らし、外から耳内をくちゅくちゅともみます。 ティッシュや綿棒、カンシに脱脂綿を巻いたもので汚れを取り除きます。この時クリーナーが耳内に残らないよう丁寧にふき取ります。 耳垢を奥に詰め込まないように注意が必要です。 出来れば耳の入り口の毛を抜いて通気を良くすることがおすすめですが、プロのトリマーに任せたほうが安全でしょう。

歯磨き

おやつの与えすぎやウェットフード等を与えていると歯石が付きやすく口臭や虫歯の原因になりますので、歯の手入れが必要になります。 市販のクリーナーを付けた脱脂綿か犬用の歯ブラシで歯ぐきをマッサージするように歯磨きをします。あまりにも歯石がひどいようであれば獣医の指示を仰ぎましょう。

涙・よだれの処理

唾液にはアミノ酸や尿素などの有機物が含まれ放って置くとゴミやほこり、細菌が付着して被毛が茶褐色に変色します。変色した被毛は元に戻りにくいのでこまめにぬるま湯でしめらせた柔らかい布でふき取ります。 涙もよだれ同様で市販のクリーナーを使用するかぬるま湯で湿らせた柔らかい布でふき取ります。 唾液や涙があまりにも過剰に分泌される場合は疾患がある場合があります。 さかさまつげや被毛が目に入り刺激されている場合はトリマーや獣医に処理してもらいましょう。目の周りを素人が無理に処理しようとすると失明させてしまう恐れがあり危険です。

ブラッシング

毛玉になりやすいトイプードルはブラッシングが欠かせません。 犬用のブラシで毛玉にならないようにとかしていきます。 巻き毛で短い被毛ですので日ごろからお手入れをしていればそんなに絡まったりすることはありません。 また巻き毛のトイプードルはゴミや抜け毛を被毛に巻きつけてしまいがちで、放って置くと皮膚疾患の原因になりますので毎日の日課としてブラッシングで被毛を清潔に保ちましょう。