シーズーの散歩にピッタリな首輪とハーネスの種類と選び方は?

シーズーは活発で動くのが大好きな犬種なので、朝晩の散歩は欠かさず連れていきましょう。散歩の必須アイテムといえば、一番は首輪ですね。シーズーにはどんな首輪を選べば良いのでしょうか。また、ハーネスとどちらが良いのか迷うこともあるでしょう。愛犬も飼い主さんも嬉しくなる首輪の選び方をまとめてみました。

シーズーの首輪の役割

犬の首輪には様々な役割があります。

まず、散歩の時はリードを繋ぐことができます。

引っ張り防止のしつけにも役立ち、迷子札を付けることもできます。

また、逃亡や災害等はいつ起こるか分からないので、室内でも首輪を外さず付けていたほうが安心です。

シーズーの首輪を選ぶ時は、首回りのサイズを知っておく必要があります。

シーズーのように毛が厚い犬に首輪を付ける時には、ちゃんと付けたつもりでも引っ張るとすっぽり抜けてしまうこともあります。

しっかりと毛を分けて皮膚に近いところへ付けるようにしましょう。

シーズーは生まれつき気管が弱く、首輪が喉に当たることで咳が出てしまうことがあります。

そんな時には首輪よりもハーネス(胴輪)がおすすめです。

胴体に付けるハーネスは、気管や喉に負担がかかりにくい構造になっています。

シーズーに名札としての首輪はつけておき、散歩の時はハーネスを付けるというように使い分けるのも良いでしょう。

シーズーの首輪の選び方

首輪は、犬と首輪の間に人の指が1~2本入るくらいがちょうど良い長さです。

シーズーは小型犬になりますので、小型犬用の首輪には可愛いものがたくさんあります。基本的には好きなデザインを選ぶと良いでしょう。

ただし8kgを超える大きなシーズーは力も強いため、中型犬用の首輪を選んだ方が安全です。

首輪の素材もいろいろなものがあります。喉への当たりを不快に感じるシーズーには、硬くて厚い皮革素材よりも布製の柔らかな素材で作られた首輪が適しています。

また、半分が鎖になっているハーフチョークと呼ばれる首輪は、シーズーのように気管が弱い犬に適しているとされていますが、鎖部分に長い毛が絡むこともあるので注意が必要です。

他にはチェーンタイプの首輪もありますが、小型犬のシーズーには重過ぎるかもしれません。

使い勝手は飼い主さんそれぞれ感じ方が異なるので、実際に使ってみて良いなと思えるものを選ぶのが良いでしょう。

シーズーのハーネスの選び方

ハーネスは、気管が弱くて被毛の長いシーズーに適しています。

特にシーズーにおすすめなのは、呼吸器官への負担をより軽くするベストタイプです。

ハーネスは前脚と胴に通して使用しますが、不慣れな犬だと歩きにくいこともあります。

シーズーがハーネスに慣れるまでは少しずつ練習しましょう。 また、ハーネスは首輪に比べて前に引っ張りやすい形状になっており、引っ張りグセのあるシーズーのしつけには向きません。

この場合は首輪である程度しつけをした後でハーネスに変えると良いでしょう。