シーズーの散歩にピッタリな首輪とハーネスの種類と選び方は?


シーズーの基本情報

  • 原産国:中国
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • サイズ:小型犬
  • 平均寿命:10歳~16歳
  • 子犬の相場価格:10~20万円程度
シーズー

シーズーの概要

シーズーは、中国を原産とする愛玩犬です。

同じく中国原産の「ペキニーズ」とチベット原産の「ラサアプソ」を交配して作出された犬種だと言われています。

「シーズー」という名は、中国語で「獅子」を意味します。
古くから獅子狗とされ神聖な存在として大切にされてきた歴史を持ち、清朝末期の宮廷や貴人達の間で多く飼われてきました。
西太后に愛された犬としても有名な犬種です。

現在ではシーズーのその愛らしい容姿だけでなく、明るい性格と穏やかな性格の両面を持っています。
無駄吠えも少なく、さらにしつけやすいことから「飼いやすい犬種」として一定の人気を維持し続けています。

シーズーの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:4~7kg
  • 体高:20~27cm
  • 被毛:長毛種
  • 毛色:カラーバリエーションは豊富にあり。
    「ゴールド」「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「シャンパン」などの単色
    ホワイト地にこれらの色が斑に表れる「パーティーカラー」など

【大きさ】

シーズーは、体高20~27cm体重4~7kgの小型犬に分類されています。
しかし個体差も大きいのが特徴的で中には7kgを超える大きい個体もあります。
また、太りやすい体質も持っています。

【体型】

体高より体長がやや長めで、骨太のしっかりとした体格をしています。
また短めの四肢も太くて意外にもがっしりしています。
その割に、歩く姿は軽快で楽しそうな印象を受けますよ。

【顔】

シーズーは短頭犬種に分類されており、鼻ぺちゃな顔立ちをしています。
目はまん丸く大きく、耳の形は垂れ耳です。

【被毛】

毛量の豊かなダブルコートで、長毛種です。

一般的にダブルコートの犬種は抜け毛が多い特徴を持ちますが、シーズーの場合は他の犬種と比べて抜け毛が少なく、飼いやすいと言われる理由の1つとなっています。

【毛色】

シーズーの毛色と言えば、一般的に多く見られる毛色は「ホワイト&ゴールド」ですが、実はそれ以外にも様々な毛色が認められています。
単色の「ゴールド」「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「シャンパン」から、ホワイト地にこれらの色が斑に表れる「パーティーカラー」など多彩です。

シーズーの性格・気質

  • 明るく活発
  • 穏やかで落ち着いている
  • 愛情深く友好的
  • しつけやすい
  • プライドが高い
シーズー

シーズーの性格・気質①
~明るく友好的~

シーズーは明るく活発な性格をしています。
家族に対してとても愛情深く甘えん坊の愛玩犬らしい性格の持ち主で、
他の人や犬にも友好的な性格をしています。

ただし、基本的には友好的な気質を持ちますが、排他的に育ってしまうと人見知りして吠えかかったりするような番犬のような振る舞いをすることもあるようです。

また、明るく元気いっぱいといった時もあれば、穏やかに過ごすこともできる落ち着いた性格も持っているため、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭から高齢者の単独での飼育まで幅広い方に向いていると言われる犬種です。

シーズーの性格・気質②
~しつけやすく飼いやすい犬種~

飼いやすいとも言われるシーズーは、周りを気遣う思慮深さや賢さを持ち合わせています。
そのため、しつけやすい犬種とも言われています。

ただし、少し頑固でプライド高い一面も持っているため、一度覚えたことを修正するしつけ直しには苦労するかもしれません。

できるだけ子犬のうちからメリハリを持って正しくしつけていくことが必要です。

シーズーの首輪について 役割や選び方

首輪とは?

首輪とは、その名の通り犬の首につける輪っかのことです。

英語では首飾りや襟と同じ意味の「カラー」と呼ばれています。
近年では日本でもドッグカラーやチョークカラーのような「カラー」という呼び方も定着しています。

シーズーの首輪の役割

犬の首輪には様々な役割があります。
代表的な役割を2つご紹介いたします。

首輪の役割①
「犬と自身と周囲の人の安全確保」

首輪の代表的な使用例で、散歩の時に首輪をつけておくことでリードと繋ぐことができます。
そうすることで、シーズーが道路に飛び出してしまうようなことを防ぎシーズー自身の安全を守ることができる他にも、人に飛びかかったりなどの周りとのトラブルを避けることができるようになります。

散歩では、自動車の音や緊急車両のサイレン、知らない人や犬との出会いなど興奮しやすいシチュエーションに多々遭遇する機会となります。
それにシーズーが驚いて予期せぬ行動に出ることも考えられます。

そういった時に首輪が付いていれば、シーズーの動きを制御することができるでしょう。

さらに首輪は、引っ張り癖などのしつけ全般にも役立つアイテムです。

首輪は、犬と周囲の人の安全を守るためにも首輪は必須アイテムとなるのです。

首輪の役割②
「迷子の時や災害が起きた時」

道端で1匹の犬に遭遇した時、首輪を付けているか付けていないかで回りの人の対応が変わってくるでしょう。

首輪をつけていない場合には、野良犬と認識されてしまうことが多いです。
しかし、首輪をつけておくことで飼い主がいることを周囲の人に認識してもらうことができ、迷子犬として保護される確率が高くなります。

さらに、首輪には鑑札や迷子札を付けることができます。
玄関の扉を開けた隙に脱走してしまったといった迷子の時に、この迷子札を付けておくことで拾った人が迷子札を見て、飼い主の元へ戻ってくる可能性が大幅に増えることになるでしょう。

さらに、万が一の災害時には人も犬もパニックに陥ることが考えられます。
恐怖で動けなくなる犬もいれば、脱走してしまう犬もいるでしょう。
実際、災害時に飼い主と逸れてしまった犬は多いものです。
そんな時に迷子札をつけた首輪をつけておくことで、再会を果たせる可能性が大幅に上がるでしょう。

脱走や災害はいつ起こるか分からないので、室内でも首輪を外さず付けていたほうが安心です。

シーズーの首輪 メリットとデメリット

シーズー

【メリット】

首輪は首に巻くだけなので、簡単につけ外しができるというメリットがあります。

また、室内でもつけっぱなしにしておくことができるため、鑑札や迷子札を付けておくと万が一の脱走や災害時に役立つでしょう。

【デメリット】

首輪は、抜けやすいというデメリットがあります。

さらに散歩中にリードをグイグイと引っ張る子の場合、首や気管に負担がかかってしまうことにもなります。
体重7kgを超えることもあるシーズーは力も強く、短頭犬種なので元々呼吸がスムーズではありません。
そのため、首輪によって気管が圧迫されたり、喉が刺激されることで咳が出てしまうこともあります。

シーズーの首輪の選び方

犬の首輪には様々な種類やデザインのものが販売されています。

人間のベルト同様の「ベルトタイプ」、布と留め具がプラスチックでできている「パックルタイプ」、チェーン状の「チェーンチョーク」、半分が鎖で半分が革や布製の「ハーフチョーク」など様々です。

そういった数ある種類の首輪から、シーズーに適した首輪はどんなものなのか、首輪の選び方を見ていきましょう。

「サイズ」

シーズーの首輪を選ぶ時は、首回りのサイズを知っておく必要があります。
犬と首輪の間に人の指が1~2本入るくらいがちょうど良い長さです。

また、シーズーのように毛が厚い犬に首輪を付ける時には、ちゃんと付けたつもりでも引っ張るとすっぽり抜けてしまうこともあります。

しっかりと毛を分けて皮膚に近いところへ付けるようにしましょう。
愛犬シーズーに適したサイズの首輪を選ぶようにしましょう。

シーズーは小型犬になりますので、小型犬用の首輪には可愛いものがたくさんあります。
基本的には好きなデザインを選ぶと良いでしょう。

「耐久性」

可愛いデザインも多くある犬の首輪ですが、デザインよりも重視すべきは「耐久性」です。
7kgを超える大きなシーズーは力も強いため、耐久性が劣った首輪を付けていると散歩中に千切れてしまうことも考えられます。

そうなってしまっては、首輪の役割を果たすことができません。

丈夫で耐久性のある首輪を選ぶようにしましょう。
大きめのシーズーには、中型犬用の首輪を選んだ方が安全かもしれません。

「種類」

首輪の種類や素材もいろいろなものがあります。

しかし、気管が弱いシーズーには、硬くて厚い皮革素材よりも布製の柔らかな素材で作られた首輪が適しています。

また、半分が鎖になっているハーフチョークと呼ばれる首輪は、シーズーのように気管が弱い犬に適しているとされていますが、鎖部分に長い毛が絡むこともあるので注意が必要です。

他にはチェーンタイプの首輪もありますが、小型犬のシーズーには重過ぎるかもしれません。

使い勝手は飼い主さんそれぞれ感じ方が異なるので、実際に使ってみて良いなと思えるものを選ぶのが良いでしょう。

シーズーのハーネスについて 役割や選び方

ハーネスとは?

ハーネスとは、首輪ではなく胴周りに装着する「胴輪」のことです。
元々は、ソリを引く仕事をしている犬のために、力強く引っ張っても犬の首に負担がかからないように作られたものです。

シーズーのハーネス 役割

ハーネスの役割①
「シーズー自身と周囲の人の安全確保」

ハーネスの役割は首輪同様、リードとハーネスをつなぐことができるので、散歩時などでの危険からシーズー自身と周囲の人を危険から守ってあげる役割があります。

シーズーのハーネス メリットとデメリット

シーズー

【メリット】

ハーネスは首輪と違って、上半身の広範囲で犬のカラダをホールドするため、首や呼吸器にかかる負担を軽減することができます。
そのため、気管の弱いシーズーに向いているアイテムとなります。

【デメリット】

首輪と違って胴体に装着する必要があるため、装着に手間がかかることがまずデメリットだと言えます。

また、名札を付けられないものが多いため、迷子や災害時の心配が残ります。
それでも近年ではハーネスにも迷子札が取り付けられるものが出てきているようです。

さらに胴輪は、中に金具が付いているので、飼い主の意思がリードを通して伝わりにくいことが多く、しつけには不向きです。
特に首輪に比べて前に引っ張りやすい形状になっており、引っ張りグセのあるシーズーのしつけには向きません。

シーズーのような毛の長い犬種の場合、ハーネスとの摩擦によって毛玉ができやすくなるといったデメリットもあります。

シーズーのハーネス 選び方

犬の首輪同様、ハーネスにも様々な種類やデザインのものが販売されています。

8字型になっていて片方の輪を首に、もう片方を胴体に巻いて使用する「8字型ハーネス」、2本のテープで2つの輪をつないだ「H型ハーネス」、洋服のような感覚で着せられる「ベスト型」などがあります。

シーズーに適したハーネスの選び方を見ていきましょう。

「サイズ」

ハーネスは、首輪に比べて抜けにくいというメリットを持ちますが、体のサイズに会っていないと抜けてしまうこともあります。

体にフィットするサイズのものを選ぶようにしましょう。

「耐久性」

シーズーは小型犬の割に意外にがっしりした体型を持っています。
そのため引っ張る力はかなり強いため、耐久性の強いハーネスを選ぶようにしましょう。

「種類」

数あるハーネスの種類の中で、シーズーにおすすめなのは、「H型ハーネス」と「ベスト型」です。

「H型ハーネス」は、犬に足を通させる必要はありますが、犬の胴体をしっかりホールドできる上に首への負担も少ないため、気管の弱いシーズーにおすすめです。

「ベスト型」は、デザインにもよりますが皮膚の保護や保温性などの機能性が高いものがあるため、選び方によって万能です。

いずれの種類もできるだけ柔らかく軽い素材のものを選んであげるようにしましょう。

「機能性」

様々な機能性のあるハーネスがありますが、シーズーにおすすめの機能性は「引っ張り防止機能」です。

引っ張ることで気管への圧迫が懸念されるため、引っ張り癖を直すと同時に引っ張り防止機能付きのハーネスを選ばれることをおすすめします。

シーズーの散歩でおすすめなのは首輪よりハーネス

メリッとデメリットで見ると、ハーネスはデメリットが多いように感じますが、気管の弱いシーズーには、首輪よりもハーネス(胴輪)がおすすめです。

胴体に付けるハーネスは、気管や喉に負担がかかりにくい構造になっています。

特にシーズーにおすすめなのは、呼吸器官への負担をより軽くするベストタイプです。

ハーネスは前脚と胴に通して使用しますが、不慣れな犬だと歩きにくいこともあります。
シーズーがハーネスに慣れるまでは少しずつ練習しましょう。

この場合は首輪である程度しつけをした後でハーネスに変えると良いでしょう。
シーズーに名札としての首輪はつけておき、散歩の時はハーネスを付けるというように使い分けるのも良いでしょう。

この記事のまとめ


  • 首輪の役割は、「シーズー自身と周囲の人の安全確保のため」「迷子の時や災害が起きた時、野良犬だと思われないため、再会の確立を上げるため」
  • ハーネスの役割は、「シーズー自身と周囲の人の安全確保のため」
  • 首輪には、ハーネスと比べて「簡単につけ外しができる」「観察や迷子札を付けておくことができる」メリットがある
  • ハーネスは、首輪よりも「抜けにくい」「首や気管への負担が少ない」メリットがあり、短頭犬種で気管の弱いシーズー向き
  • 首輪には、ハーネスと比べて「抜けやすい」「首や気管に負担がかかってしまう」デメリットがある
  • ハーネスは、首輪よりも「装着に手間がかかる」「名札を付けられないものが多い」「しつけには不向き」「ハーネスとの摩擦によって毛玉ができやすくなる」といったデメリットがある
  • シーズーの首輪の選び方
    「サイズ:首と首輪の間に指1本入る程度」
    「耐久性:引っ張っても千切れない丈夫なものを」
    「種類:硬くて厚い皮革素材よりも布製の柔らかな素材で作られたもの」
  • ハーネスの選び方
    「サイズ:体にフィットするサイズのもの」
    「耐久性:引っ張る力の強いシーズーには耐久性の強い丈夫なものを」
    「種類:H型・ベスト型がおすすめ。柔らかい素材で軽いものを」
    「機能性:おすすめ機能は引っ張り防止機能」
  • デメリットは多くてもシーズーにおすすめなのは、首輪よりハーネス

シーズーの散歩にピッタリな首輪とハーネスの種類と選び さいごに

いかがでしたか?

首輪とハーネスでは似た役割を持ちますが、それぞれのメリットやデメリット、機能性、デザインは様々です。

短頭犬種であるシーズーには、散歩のときはハーネスの方がおすすめですが、首輪と上手に使い分けてそれぞれのメリットを活かしていきましょう。