トイ・プードルと暮らす!完全な室内環境づくりアドバイス

近年の小型犬ブームで「室内犬」が増えています。 しかしその一方で室内犬ならではの事故も増えているのが現状です。 室内犬に適した室内環境を作り、愛犬も飼い主も安心して毎日を過ごせるようにしなくてはいけません。 愛犬に適した環境とはどのようなことを言うのでしょう?

基本はケージ飼いがおすすめ

室内飼いが必須のトイプードルですが、家の中を自由にさせておくかケージの中で飼うのか悩むところです。 狭い環境では可哀想などと言った理由で自由に室内を歩かせている飼い主もいますが、実はとても危険です。 人間の暮らす環境は犬にとっては危険がいっぱいなのです。
もともと穴倉を住みかとしていた犬にとって狭く暗い空間は逆に落ち着く場所でもあります。逆にそういった場所を作ってあげなくてはいけません。 ケージを用意しそこが愛犬のハウスであることを覚えさせ、その周りをサークルで覆い、そこにペットトイレを置くのが理想的です。 そこが愛犬の安心できる居場所となり、そのような場所があれば留守番の時も寂しがったり不安になったりしません。 逆に室内を自由にさせておくことはいたずらや誤飲をしやすく、叱る頻度も多くなるためおすすめできません。 飼い主が様子を見られる時間に愛犬を自由にさせましょう。 またケージを置く場所はリビングなど人が集まる場所がベストで、日当たりが良く(強すぎるのも良くない)風通しの良い壁際が良いでしょう。

フローリングは滑って危険

フローリングはつるつる滑って骨折や脱臼などの原因に繋がり危険です。 特にトイプードルをはじめとする小型犬は足に関するトラブルが多いのも特徴です。 愛犬を離す場所は、床に滑り止めを敷いたり爪がひっかからないようなカーペットを敷いたりするなどして事故を未然に防ぎましょう。

犬の届く場所に危険なものを置かない

室内犬は「誤飲」のトラブルが多いのも現状です。 多くは飼い主の気のゆるみにあります。 まず犬の手や口が届く範囲に危険なものを置かないことは必須条件です。 また輪ゴムや食べかすといった、ふとした瞬間に落としてしまいがちなゴミにも危険があります。出来れば愛犬のいる場所で飲食をしない、物を開封しない等の配慮が必要です。
また薬なども危険です。もし落としてしまったときに飲み込んでしまったら・・・人間の体重の何十分の一にも満たないトイプードルには命に関わる劇薬です。 そして外出から帰ってきた際に置いてしまいがちな買い物袋なども注意が必要です。高いテーブルの上や愛犬のいない部屋に置くよう日ごろから習慣づけましょう。