トイ・プードルの自宅で出来るシャンプーの仕方


準備するもの

  • 犬用のシャンプー(リンス)
  • バスタオル
  • ドライヤー
  • ドッグバス(場合により)
  • 脱脂綿やティッシュ
  • ブラシ

事前に済ませること

  • 元気があるか、風邪を引いていないかなど体調をチェックしましょう
  • 散歩をさせ、トイレを済ませましょう
  • ブラッシングをして大まかな汚れや毛玉をとっておきましょう

シャンプーの仕方

肛門腺を絞る

肛門の左右に分泌物を出す袋があり、溜まりすぎると炎症を引き起こします。
下から絞ると臭い液体が出てきます。
良く分からない場合はトリミングの際にトリマーさんにお願いすと確実でしょう。

全体を濡らす

お湯の温度は36度~38度程が適温です。
頭部を最後に足やお尻のほうから濡らしていきます。
シャワーヘッドを近づけて当て、被毛の奥までまんべんなく濡らします。

シャンプー

体質に合ったものを選びます。
手のひらや指の腹で被毛を伸ばすように一定方向に洗います。
顔は最後に洗いましょう。
かき回したり、爪をたてたりしないように注意しましょう。

すすぎ

頭部から行います。
シャンプーが残らないようにしっかりと流していきます。
体の上から流していくのが良いでしょう。

繰り返す

二度洗いが基本です。
一度目は汚れを落とすため軽くシャンプーし、二度目で念入りに洗います。
すすぎも同じようにしっかりとシャンプーが残らないように気を付けて行います。

リンス・トリートメント

リンスやトリートメントを行う場合は、なるべく皮膚につかないように表面を軽くなでるように液剤を付け、すすぎはより念入りに行います。

タオル水気をふき取る

十分にすすぎが終わったら、タオルで全体的な水分をふき取ります。
この時かきまわすと被毛がからまってしまいますので、一定方向に押すように水分を拭きとります。

ドライヤーで乾かす

ドライヤーを使う際には温風は使用せず、自然な風を使用します。
腹部は内臓を冷やしてしまうので一番最初に乾かします。
ドライヤーを振ったり、手をかき回したりせずに一か所が完全に乾くまで当て続けます。
乾いたらドライヤーを隣の場所へ移動します。
半がわきにならないように完全に乾かします。

耳の水分を拭きとる

最後に耳の中に水分が残っていないかチェックをし、綿棒や脱脂綿、ティッシュなどの柔らかい布で水分を拭きとります。

シャンプー時の注意点

  • 具合の悪い時は無理に入れてはいけません
  • ワクチン接種や持病がある場合は獣医の指示を仰ぎましょう
  • 身体が濡れたまま放って置くのは良くありません。
    ドライヤーで完全に被毛を乾かしましょう
  • 耳の中に水が残ると炎症を起こす可能性がありますので残らないようふき取ります。
  • お風呂は体力を消耗します。
    時間は見極力短めに、お風呂の後は水分補給をさせしっかり休息をさせましょう。
  • おとなしくシャンプーをさせていたらこまめにほめてあげましょう。
  • 「気持ちいいね」「楽しいね」など愛犬がリラックスできるような声掛けを行い安心させてあげましょう。