ポメラニアンにも花粉症がある?

毎年花粉のシーズンが近づくと、テレビでは「今年の花粉は平年の◯倍です」なんてやっていますよね。飼い主の私たちも鼻がグズグズなり、目は痒くてたまらない季節、犬は花粉症になるのでしょうか?ポメラニアンと散歩をしていて、ある季節だけくしゃみをするようになったとか、よく見ると涙目になっているなんてことありませんか?それって、花粉症かもしれませんよ。

ポメラニアンも花粉症になる?

花粉症になるんです。花粉症は、人だけでなくサルや犬もなります。人の花粉症は年々増加傾向にあるそうで、犬の統計は不明ですが、身近にいる犬の様子や動物病院の様子を見る限り、昔より確実に犬の花粉症という話題を頻繁に聞くようになりました。

ポメラニアンが花粉症になったらどうなる?

ポメラニアンが花粉症になった場合の症状は、くしゃみするなんてこともありますが、大概の場合、症状は「皮膚」や「目」に出ます。身体中を痒がるようになり、顔を止まらず掻くようになります。
よく皮膚を観察すると、湿疹が出ている場合もあります。痒さから目が涙目になってしまったり、目を搔きまくり、目の周りがただれたり、目に傷がついてしまうこともあります。

花粉症の疑いありは、病院へGO!!

ポメラニアンがいつもはしないくしゃみを繰り返したり、体を痒がったりなんてことがあったら、まずは原因を突き止めに病院へ連れて行きましょう。
もしかしたら、違う疾患の可能性も捨てきれないのではっきりさせた上で、対策を考えます。動物病院では、血液検査をすることでアレルギーがあるかどうかを調べることができます。

ポメラニアンの花粉症は治る?

基本的に人と同様対処療法で、治ることはありません。花粉症の症状への対応はステロイドを使うことになります。
人の場合、アレルギーには抗ヒスタミン剤を服用しますが、犬にはこの抗ヒスタミンはあまり効かないそうで、もし獣医さんに処方してもらい効くことがあれば、抗ヒスタミンは副作用もない薬なので、かなりラッキーだそうです。 ただ、絶対に人の抗ヒスタミンは犬にあげてはいけません。犬には効かないどころか死亡した例もあります。
そして、人のアレルギー療法でも行われている、減感作療法という治療があります。アレルゲンを特定した上で、少しずつそのアレルゲンを犬の体に入れて慣れさせ、最終的にはアレルギーの抗体を作るという治療です。
これは、長期で通院が必要になるので、十分に時間を取れる場合におすすめします。

ポメラニアンを花粉から守ろう

  • 散歩の時、ツルツルした素材の洋服を着せる。
  • 外から帰ったらブラッシングして、濡れタオルで体を拭く。
  • 低刺激で良質なシャンプーで週1回シャンプーする。
  • 家に空気清浄機を置く。
  • 花粉が1番飛んでいる時間の散歩は避ける。(11:00〜15:00,17:00〜20:00)
  • 犬用花粉防止スプレーを使う。
  • 家の中をいつもよりマメに掃除する。

まとめ

私たちが体験してわかるように、花粉症は本当に厄介です。1日中皮膚が痒い。目が痒い。鼻がムズムズする。そんな症状が毎日続いたら、人間だってイライラするし耐えられませんよね。
犬は言葉を話せない分、そんな症状があっても、飼い主さんがそれに気づくまでただ我慢するしかありません。自分の犬を毎日観察するようにして、いつもと違う様子を見せることがあれば、早めに対応してあげてください。
花粉症からなる皮膚炎も放置すると慢性化し、完治に時間がかかります。

ポメラニアンとの暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】