アメリカンコッカースパニエルの震えから読み取るサインとは

飼っているアメリカンコッカースパニエルが急に震え出したら心配になるものです。犬は様々な原因によって震える事があります。実際、犬が急に震え出すと、どうしていいかわからなくなるものです。どのような原因で震えるのかを知ることで、その対処方法も様々です。震えの原因とその注意点や対処方法を、アメリカンコッカースパニエルの体質も交えて、一緒に紹介します。

環境からくる震え

その時の置かれている環境や状況で、震える場合があります。
  • ・寒さ
  • ・不安や恐怖
  • ・興奮時や嬉しい時
環境が原因で震える場合は、これらのことが原因となることが多いです
アメリカンコッカースパニエルは、寒さが苦手な犬種です。最近ではお手入れの大変さから、全身の毛を短めにカットしたスタイルにしているアメリカンコッカースパニエルが多いです。寒さが苦手ですので、毛を短くカットすると、寒さを感じやすくなります。
外出時、服を着せてあげたり、室内では、快適に過ごせる温度に設定したり、こまめな体温管理が大切です。
また、感情が原因で震える場合もあります。一つは恐怖や不安を感じた時です。アメリカンコッカースパニエルは、環境への適応力に優れた犬種ですが、動物病院などの怖い経験を覚えている場所に行くと、帰るまで震えが続くことがあります。
二つ目に嬉しい時の感情が高まった時です。例えば、飼い主さんが家に帰ってきて、嬉しくて興奮し、震えることがあります。
これらのような環境が原因の震えは、その環境や状況を飼い主さんが把握し、その原因を取り除いてあげれば、治まる場合がほとんどです。

痛みや病気からくる震え

環境以外にも、痛みや病気が原因で震える場合があります。痛みの原因は、外傷や骨折、ヘルニア、内臓疾患など、様々な要因が考えられます。
アメリカンコッカースパニエルは毛量が多く、外傷があったとしても、毛に隠れて見つけられない場合があります。普段から注意して全身をチェックすることが大切です。
また、歩き方に異常が見られる場合は、骨折や関節の痛みがある可能性があります。アメリカンコッカースパニエルは関節の病気になりやすいといわれているので要注意です。
普段は好奇心旺盛、遊び好きで元気のあるアメリカンコッカースパニエルですが、元気がなくてじっとしていたり、食欲がなかったり、下痢や嘔吐をしていたり、何らか症状が出てきているようなら、内臓疾患をはじめとした病気をしている可能性があります。内臓の痛みが原因で震えている場合は、動物病院で検査をしてもらわないと、どこが悪いかわかりません。まずは、動物病院で診てもらい、獣医の指示に従いましょう。

けいれん発作

震えているだけだと思っていたら、けいれんを起こしているという場合もあります。けいれんの原因は様々ですが、以下のような要因があります。
  • てんかん
  • 低血糖
  • 脳に腫瘍などの異常がある
  • 尿毒症
  • 中毒
  • 感染症
  • 脱水
  • 肝機能障害
  • 熱中症
  • 遺伝性
ひどいてんかん発作が起きれば、震えではなく、けいれんを起こしているのは、一目見てわかるレベルです。しかし、軽いてんかん発作であれば、けいれんの度合いも軽いので、震えと勘違いしてしまうこともあります。アメリカンコッカースパニエルは、てんかんを起こしやすい犬種のうちの一つですので、注意が必要です。この事を頭に入れ、震えが起こった場合は、それが震えなのかてんかん発作によるけいれんなのかしっかり様子を見ましょう。
けいれんでなくても、震えはその他の病気が原因の可能性もあるので、しっかり見極めて動物病院で診てもらうようにしましょう。

まとめ

このように震えには様々な原因があります。アメリカンコッカースパニエルが震えていたら、まずはその時の環境や状況を確認し、問題無ければ外傷、病気、けいれんを疑いましょう。判断するには、アメリカンコッカースパニエルのかかりやすい病気を知っておくことが重要です。震えからくるサインを、飼主さんがしっかりと読み取ってあげることで、病気の早期発見にも繋がります。