シーズーの美しい毛並みを守る上手なシャンプーの方法とポイントとは?

シーズーは人間のように汗でベタつくことはないので、毎日お風呂に入れる必要はありません。しかし、美しい被毛は毎日の生活の中で徐々に汚れていきます。そのため定期的にお風呂でシャンプーし、清潔な被毛をキープしましょう。シーズーをお風呂に入れる際のポイントをご紹介します。

シーズーを上手にお風呂に入れるポイント

シーズーをお風呂に入れるペースは、1か月に1回が目安です。

あまり頻繁にお風呂に入れると毛や皮膚の油分が奪われてパサパサになってしまうので、シーズーが散歩等で手足が汚れた時は部分洗いをしましょう。

シーズーの子犬は免疫がないのでワクチンの接種が終わるまでお風呂には入れず、濡らしたタオルで優しく拭う程度にしておきます。

はじめはお風呂を怖がるシーズーの子犬も多いものですが、無理やり入れたりはせず、優しく声をかけながら徐々に慣れさせていきましょう。

食いしん坊なシーズーなら、お風呂でおやつを与えるのも効果的です。

お湯の適温は37~38度くらいです。シャワーで大きな音を立てないように、ゆっくりと濡らしていきます。

お湯がかかったらシーズーに「気持ち良いね」と話しかけ、緊張をほぐしてあげましょう。

シーズーを濡らす時に気を付けたいのは、鼻にお湯をかけないことです。また耳の中にもお湯が入らないように注意しましょう。

シーズーの頭にはシャワーをかけず、スポンジや手で優しく洗うと良いですね。

また、体は力強くゴシゴシするのではなく、優しくマッサージをするように揉みながら洗いましょう。

シーズーのお風呂で注意することは?

シーズーにとって自由がきかず、怖い思いをするお風呂は負担に感じることもあるので、手早く済ませましょう。

ただし、すすぎはしっかりと行ってください。

皮膚や毛にシャンプーが残っていると肌荒れや痒みの原因になります。

注意が必要なのは、冬のお風呂です。

浴室の暖房をつけたりシャワーをかけ流しにしたりして愛犬の体を冷やさないようにし、洗い終えたらすぐに乾かしましょう。

また、シーズーにシャンプーをするとたくさんの毛が抜けます。

排水口が詰まらないようにしっかり掃除をしておきましょう。

乾かす時にも毛が抜けるので気になる人は犬の美容室へ連れていき、トリマーにお願いしましょう。

シーズーがお風呂を嫌がる時は?

シーズーに限らず犬もお風呂に入れると気持ち良いと感じるようです。

小さなシーズーなら、大きめの洗面器にお湯を張って浸からせればお風呂になります。

体にお湯がかかるのを嫌がる場合は足だけなら平気というシーズーが多いので、まずは足湯から試してみましょう。

お風呂を好きになってくれると、毎回苦労してなだめながら引っ張っていかずに済みます。

しーずーが子犬の頃から定期的にお風呂に入れて慣れさせておくと良いですね。