ポメラニアンの歴史〜ドイツで誕生し、イギリスで愛された犬

ポメラニアンはいつの時代も人気があり、常に人気トップ10位以内に入っています。その人気は日本だけの話ではなく、世界的に見ても安定の人気を誇る犬です。あの守ってあげたくなるような見た目と好奇心旺盛で気後れせず、我が道をいく勝気な性格のギャップが魅力の1つでもあります。あの可愛いポメラニアンのルーツはどこにあるのでしょうか?

ポメラニアンの先祖

ポメラニアンの先祖は、スピッツ系に属するサモエドだと考えられています。このサモエドを先祖に持つ犬は他にも、チワワ、スピッツ、パピヨンなどいます。
ポメラニアンの先祖サモエドは、長い間、アイスランドなどでソリ犬や牧羊犬として人々と暮らしていました。そしてある時、牧羊犬として働いていたポメラニアンの先祖をドイツに連れていき、ドイツにあるポメラニア地方という地域で小型化し、そこからポメラニアンが誕生しました。
ただし、当時のポメラニアンはまだまだ今より大きく、体重も10kgはあったとされています。また、この頃はまだポメラニアンとは呼ばれておらず、「ジャーマンスピッツ」と呼ばれていました。
のちに、ドイツのポメラニア地方で、ポメラニアンの元となるジャーマンスピッツを繁殖していたことから、ポメラニアンと名付けたようです。

ポメラニアン、ドイツからイギリス王室へ

長いこと、ドイツで牧羊犬として活躍していたポメラニアンですが、1767年にイギリス国王ジョージ3世の王妃シャーロットが、2匹のポメラニアンをイギリスに連れて帰りました。
ここからポメラニアンが今の形になる始まりです。シャーロットの孫の女王ヴィクトリアもポメラニアンを大変可愛がり、王室御用達の繁殖犬舎を所有していたほど、ポメラニアンを愛していたそうです。
中でも女王ヴィクトリアが展覧会でお披露目したポメラニアンが優勝したことをきっかけに、「女王の犬」としてポメラニアンは人気が出て、次々イギリス王室では王妃や王がポメラニアンを愛犬として飼育していきました。
またその頃からどんどんポメラニアンの小型化が進み、小さく、またいろんな毛色のポメラニアンが誕生しました。1900年代にはポメラニアンはアメリカにも渡り、アメリカンケネルクラブでも犬種認定され、イギリスとアメリカのドッグショーにも出るようになりました。

ポメラニアンはいつ日本へ来たの?

ポメラニアンが日本に来たのは、明治初期と言われています。大正2年4月に東京都上野公園で開催された、日本初のドッグショーでポメラニアンが登場したそうで、また何と入賞を果たし、その知らせは新聞などで話題となり、一気に日本での知名度を上げました。
それから日本が高度成長期と呼ばれる時代では、小型犬がブームとなり、ポメラニアンを飼う家庭が一気に増えました。

歴史は繰り返す。ポメラニアンブーム

ポメラニアンは常に人気がある犬種ではありますが、ペットの人気にはいつもブームがあります。その昔、ポメラニアンが人気1位を誇っていた時代もありました。テレビや雑誌、映画などの影響で、その時代時代で流行する犬種は変わっていきます。
少し前までは、トイプードルやチワワが大人気でした。そしてまた、ポメラニアンブームが起こりつつあります。そうやって流行は繰り返されますが、その裏側で、一気にその犬種の保護犬が増える現実もあります。
長い歴史の中、人々に愛されるために小さく可愛く改良されて来たポメラニアンです。人々の無責任さから不幸な道を辿らせないよう、私たちがしっかりとした飼い主にならなければなりませんね。
ポメラニアンとの暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】