アメリカンコッカースパニエルの毛色と種類。どんなミックス犬がいるの?

性格が良くて中型犬の中でも飼いやすい犬種のアメリカンコッカースパニエル。ディズニー映画「わんわん物語」の主人公レディのモデル犬種となったことで、人気が上昇しました。 レディと言えば、チョコレート色でウェーブがかった大きな耳に、ベージュとブラウンの毛色をした体ですが、実際のアメリカンコッカースパニエルにはどんな種類や毛色があるのでしょうか。 また今日本でも大人気のミックス犬で、アメリカンコッカースパニエルを親に持つミックス犬にはどんな子がいるのでしょうか。

どんな種類と毛色があるの?

アメリカンコッカースパニエルの毛質は、耳の毛は共通してゆるふわとした毛並みですが、体部分はストレートとウェーブの毛質の2種類があります。毛質はシルク状の滑らかな毛質で、毛量は多く一定の長さまでは伸び続けます。
毛色はバリエーションが豊富にあり、ブラック・ホワイト・ブラウン・クリームなどの単色と、ホワイト&ブラック・ブラウン・レッドのいずれか2色でのパーティカラーや、ブラック&ブラウン&ホワイトの3色トライカラーの毛色を持つ子がいます。2色以上でホワイトの毛色を含む場合は、マズルから頭頂までが白く、目の周辺から他の色が混ざっていることが多いです。「わんわん物語」のレディのようなイメージです。 中にはタンやポイントが入っている子もいて、とにかくカラーバリエーション豊富で楽しませてくれるアメリカンコッカースパニエルです。

ミックス犬の火付け役?コッカプーとは?

実はアメリカでミックス犬の火付け役となったのが、アメリカンコッカースパニエルとプードルを掛け合わせた「コッカプー」なんです。コッカプーの歴史は古く1960年から交配されて、徐々に人気が出てきました。 ミックス犬の人気が増え続けている日本でも、人気ミックス犬ランキングでトップ10に入っています。人気の秘密は、飼いやすい犬種同士を掛け合わされていることでしょう。 何よりもうれしいのが、アメリカンコッカースパニエルのマイナス要素である抜け毛の多さと運動量の多さをプードルが入ることで軽減されていることが多いことです。 毛色のバリュエーションも豊富で、どんな毛色になるかは両親犬によって左右されます。
アメリカンコッカースパニエルとプードルからいいとこ取りをしたコッカプー、数はまだ少ないですが、今後も人気が上昇しそうですね。

どんなミックス犬がいるの?

コッカプーの他にも、シーズーとのミックス犬や、キャバリアキングチャールズスパニエルとのミックス犬(キャバコッカー)などがいますが、コッカプーと比べても数は少なく、あまりお目にかかる機会はありません。
どのミックス犬も、キャバリアのぼてっとした口周りを引き継ぐことが多いようで、愛嬌のある愛らしい容姿をしています。今後、見かける機会が増えるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アメリカンコッカースパニエルのカラーバリエーションはとても多く、楽しみもいろいろです。 ミックス犬に関しては、コッカプーというポピュラーなミックス犬がいるものの、日本では数が少なくあまり目にかかる機会がないのが残念です。
それでもとても愛らしい容姿と性格の良いミックス犬が多いので、今後の人気に期待です。