シーズーの美しい毛並みを守る上手なシャンプーのやり方とポイント

シーズーの美しい被毛を保つためにはシャンプーが不可欠です。大体1か月に1度くらいのペースが良いと言われていますが、汚れたりして急きょシャンプーしなければいけない時もあるでしょう。自宅でいつでも対処できるように、シーズーの上手なシャンプーの仕方をご説明します。

シーズーの上手なシャンプーの仕方

シャンプー前のブラッシングは必須

シーズーをはじめとする長毛種の犬は、シャンプーをする前に必ずブラッシングを行います。

毛玉があるとしっかり洗えない部分が出てくるので、シャワーで濡らす前にしっかりとブラッシングして指通りを良くしておきましょう。

シーズーのシャンプーの手順と注意点

お湯の適温は37~38度です。

シーズーがびっくりしないように顔や心臓に近いところを避け、まずは足元から濡らしていきましょう。

バシャバシャと音を立てると怖がる犬もいます。

シャワーのヘッドを毛に当てながら濡らしていくと音が出にくく、地肌までしっかり濡らすことができます。

シーズーの全身を濡らしながら、臭いの出る肛門腺は洗う前に絞っておきましょう。

洗う順番は、肩→胴→尻尾→手足→顔です。シャンプーをつけてマッサージするように優しく洗っていきます。

シーズーに「気持ち良いね」「きれいになるね」と声をかけながら洗うと、愛犬の不安感も和らぎます。

長毛にしているシーズーは、皮膚だけでなく毛も丁寧に揉み洗いしましょう。 肛門回りや手足は汚れやすいので、よく洗っておきます。

顔回りを洗う時には、犬の鼻にお湯をかけないように十分注意しましょう。

シーズーは短い鼻をよけて洗ったり流したりすることが難しいので、顔回りはシャンプーをつけたスポンジで洗うと良いでしょう。 全身を洗い終わったら、地肌までしっかりすすぐことが重要です。

シャンプーが残っていると肌荒れの原因になります。お腹やお尻の周りはシャンプーの泡が残りやすいので、特に念入りにシャワーしてください。

シーズーのシャンプー後はリンスも忘れずに!

シーズーは柔らかな毛を守るため、シャンプーだけでなくリンスも必要です。

思わぬ肌トラブルを避けるため人間用のリンスを使ったりせず、長毛種用のリンスを用意しましょう。

全身にリンスをつけ、シャワーで流します。

地肌までつける必要はありませんが、シャンプーと同様にリンス液が体に残らないようすすぎは十分に行います。

シャンプー後のケア シーズーの乾かし方

シーズーのような長毛種はドライヤーできちんと乾かさないと、毛が絡んだり抜けたりする原因になります。

ドライヤーは人間が使うもので大丈夫ですが高温の熱風を当てるのは避け、中低温で乾かしていきましょう。

シーズーがびしょ濡れの状態でいきなりドライヤーを当てるのではなく、まずはタオルドライで水分を拭き取ります。

速乾タイプのバスタオルを利用するとドライヤーをかける時間を短縮でき、毛が傷むのを防げます。

毛を分けながら根元からしっかりと乾かしていき、ある程度乾いてきたらブラシで梳きながら仕上げるとサラサラになります。

すべて終わってさっぱりきれいになったら、シーズーがシャンプーを頑張ったご褒美をあげましょう。