ポメラニアンの魅力〜世界中で人気の理由

ポメラニアンの人気は日本だけではなく世界中で人気があります。日本でもポメラニアンの愛好家が集まり、情報交換や交流を持つコミュニティーなどたくさんありますが、それは世界でも同じこと。様々な国でポメラニアンは愛されています。そこまで人を惹きつける魅力はどこにあるのでしょうか。

ふわふわのコットンボールのような見た目

まず、最大の魅力はあの見た目じゃないでしょうか。プンッと詰まった小さな体に、フワッフワッの被毛。
触ると本当にやわらかく、とにかく丸いワフワフのコットンに足と手を付け足しただけのような姿は、まるで犬ではなく作り物のぬいぐるみのようです。この見た目は、他の犬には太刀打ちできないものがあります。

室内で飼いやすいサイズ

ポメラニアンは大体、体高20cmで体重は最高でも3.5kgくらいが標準です。当然個体差はあるので、それより小さい場合もあるし、大きい場合もあります。
ただそれでも小型犬の中で小さい部類に入ります。そんなポメラニアンは飼育するのに場所を取らず、ペット可のマンションでも飼いやすく、場合によっては多頭飼いもしやすいです。

見た目に似合わず勇敢な性格のギャップ

コットンがトコトコ歩いているようなポメラニアン。守ってあげなきゃすぐに倒れそうな気もしますが、何のその。見た目とは正反対に、好奇心旺盛で自分より強い大きな相手にだって、物怖じせず近づいていく勇敢さを持っているのがポメラニアンなのです。
そのため、自宅でのんびりしている時に、何か物音がしたりすると、我先にと確認しに走ってくれるのがポメラニアン。小さなセキュリティー犬はとても頼もしいです。

先祖犬から引き継いだ頭の良さ

先祖がソリを引いたり、牧羊犬として働いていた血を引いているポメラニアンは、人の言葉を理解する能力に長けているといわれ、しつけトレーニングがしやすい犬なんです。
もともと好奇心旺盛な性格も加味され、次々新しいことを覚えることを楽しむことができる犬です。人の言葉を理解し、飼い主とも意思疎通ができるようになることによって、より犬との絆が深まり無二のパートナーになるのでしょう。

感情表現がストレート

これはポメラニアンを飼っている人なら、大きく頷いてもらえるポメラニアンの魅力じゃないでしょうか。よく、犬は笑うといいますが、ポメラニアンの場合、笑う以上に、顔を見れば喜怒哀楽がすぐわかるくらい、顔に感情が現れます。
嬉しい時は本当に笑顔だし、つまらない時や不愉快な時は眉間にしわを寄せたような、本当に嫌な顔をします。こういうまるで犬と会話が成立するんじゃないかと思えるくらいの感情表現は、私たちの心を鷲掴みします。

ハッピードッグ

よくアメリカ人のポメラニアンファンは、ポメラニアンのことを「ハッピードッグ」といいます。なぜかと聞くと、上を見上げ人の顔を見る時、そのポメラニアンの顔はいつもスマイルを作っているからだそうです。
もしかしたら、そもそものポメラニアンの顔の造りが、そうさせているのかもしれませんが、どんなに嫌な日もそのスマイルで全てが救われるなら、それはポメラニアンだけが持つハッピーパワーですよね。

まとめ

ポメラニアンとは、見かけの可愛さだけじゃなく、小さい体から溢れるポメラニアンの内面の良さは、飼った人だけが知る特別なものかもしれません。
そういう特別な人を虜にするパワーは、きっとこれからも世界中の人を魅了し続けるのでしょう。
ポメラニアンとの暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】