【年齢別】ポメラニアンの大きさや体重・サイズをポメラニアンのサイズ〜いつまで子犬でいつから成犬?

Contents


ポメラニアンの基本情報

ポメラニアン,茶色

コロコロと、綿菓子が歩いているような容姿が特徴のポメラニアンは、時代や世代問わず、常に人気の犬種になります。

ポメラニアンの見た目はわかっても、どんな特徴があるかまで知っている人は少ないはず。

まずはポメラニアンの基本情報からご紹介していきます。

  • 出身地:ドイツ
  • 体重:1.8〜2.5kgの小型犬
  • 体高:18〜22cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:スタンダードカラー「オレンジ」「ホワイト」「ブラック」「レッド」「クリーム」「ブルー」「ビーバー」「チョコレート」「オレンジセーブル」「ウルフセーブル」「ブラックタン」「パーティーカラー」など。JKCで認められていない毛色も含めればさらに多数の毛色あり。

ポメラニアンの体型は、他の犬種に類を見ないほど、大きさにばらつきがあります

スタンダードな体重としては、1.8〜2.5kgとありますが、実際は4〜5kgになるポメラニアンも多く存在します。

それはポメラニアンが元々、中型犬くらいの大きさであったことにも関係しています。

ポメラニアンの性格

  • 喜怒哀楽が明快
  • 愛情深く、家族大好き
  • 好奇心・警戒心旺盛
  • 活発で遊ぶのが大好き
  • 賢く物覚えが早い
  • フレンドリー
  • 独立心があり、一人遊びが得意
  • プライドが高い
  • 負けず嫌い
  • 失敗してもポジティブ思考

育て方によっては、デレデレの甘えん坊になる場合もありますが、ポメラニアンは独立心があるため、割とベッタリというより、一人遊びもできてしまう個体が多く、留守番もちゃんとできる傾向にあります。

また、かなりの警戒心があり、自分より大きなものにでも物怖じせずに立ち向かって行こうとします。

室内ではかなり優秀な番犬になり得ますが、あまりの元気の良さに近所迷惑にならないように注意が必要になります。

生後1ヶ月〜3ヶ月(幼犬期)

不幸にもパピーミルで育った幼犬以外は、この時期は、母犬の母乳で大事に育ちます。

体重はだいたい2ヶ月でだいたい900gくらいになります。

個体差が大きくても、ミルクをしっかり飲んでいるなら問題ありません。

3ヶ月の時点で1kgを超える幼犬は、将来大きめのポメラニアンになる傾向があります。

気をつけたい食事の量・食事回数とあげ方

◆食事量の目安

1日50〜70g(子犬用のフード)

この時期は、毎日かなりのスピードで体が作られていく時期になります。

食事量はあくまで目安の量と捉え、子犬のウンチの状態を見て、量が少なく硬いようなら、食事量を増やすなどして、ちょうどいい食事量を調節します。

◆食事回数

1日に3回以上に分けてあげます。

あげ方と気をつけること

◆ドライフードをふやかしてあげる

まだまだ消化器が成長過程であり、1回に多くの量を上手に消化できないため、食事はできるだけたくさんの回数に分けてあげるようにします。

また、ドライフードはより上手に消化できるように、水でふやかしてあげるようにしましょう。

食が細いと感じる際には、子犬用のミルクがありますので、そういったものをふやかしたドライフードに混ぜて見るのも方法です。

*必ず守りたいのは、犬用のミルクをあげてください。私たちが飲む牛乳には乳糖(ラクトース)が含まれており、犬はその成分を分解することが苦手で、下痢や消化不良の原因になります。

◆手作り食には注意

成長著しいこの時期は、とにかく健康な体を作るため、食事には気を使うようにしましょう。

気をつけたいのは、まだ内臓が成長中なので、手作り食をあげることには注意が必要になります。

栄養バランスを考えつつ、消化のいいものを作るのは容易ではありません。

また、犬用のおやつもこの時期はまだ時期早々です。

この時期に注意したいこと

◆激しい運動はNG

成長過程にあるのは内臓だけではなく、骨や関節も同じく成長しています。

この時期の幼犬は、とにかく全てのものが新鮮で、ピョンピョン飛び跳ねて、疲れ知らずで遊ぼうとしますが、あまりに激しい運動をこの時期にしてしまうと、足腰が出来上がっていないので、関節や骨を傷めてしまう可能性があります。

4ヶ月〜6ヶ月(子犬期)

ポメラニアン,白黒

だいたい、ペットショップなどで見るポメラニアンの子犬は、これくらいの年齢が多いのではないでしょうか。

体重はだいたい1.5kgになります。

この年齢ではまだ、ポメラニアンの成長は止まってはいません。

体が大きくなるのと一緒に、内臓も強くしっかりと成長させるために、この時期は良質な体にいいフードを、量をセーブすることなくあげる必要があります。

気をつけたい食事の量・食事回数とあげ方

◆食事量の目安

1日70〜90g(子犬用のフード)

さらに大きくなり、食べる量も増えます。

幼犬期同様、良質な食事を与えるようにします。食事量は個体の大きさや活動量に合わせて適量をあげることが大切です。

◆食事回数

1日に3回以上に分けてあげる

あげ方と気をつけること

まだまだ成長過程にあるので、食事回数は出来るだけ回数を分けてあげたいところです。

回数に分けてあげることで、内臓に負担をかけずに消化することができます。

この時期は、しつけトレーニングに励む時期で、おやつもあげたくなる頃ですよね。

まずは消化に良く、体に優しいものから始めましょう。

この時期に注意したいこと

◆反抗期に注意

小型犬の場合、だいたい4〜6ヶ月に反抗期がやってきます。

今までお利口さんにトイレをきちんとし、呼べば走ってくるかわいい愛犬だったのが、わざとトイレを失敗したり、聞こえているのに呼んでも来ないという反抗心を見せることがあります。

それらは一過性のものですので、叱ることなく基本的には無視をしながら、コツコツとしつけの復習をしていきましょう。

◆社会化期を意識

この時期は社会化期と呼ばれ、人の社会に適応していく上で、とても重要な時期になります。

できるだけいろんな物を見せ、音や景色に慣れさせ、何も怖くないということを教えてあげるようにします。

7ヶ月〜1歳(思春期)

ポメラニアン,柴犬

ポメラニアンの成長は、8〜9ヶ月くらいで止まるといわれています。

だいたい1歳での体重が、その個体の標準体重考え、以降、それより増えないような健康管理をしていくことになります。

体重は個体にもよりますが、1歳で1.9〜3.5kgになります。

気をつけたい食事の量・食事回数とあげ方

◆食事量の目安

1日60〜90g(成犬用のフード)

ある程度、体の大きさが決まり、食べる量も安定してきます。

このくらいの時期から、フードは成犬用に切り替えていきましょう。

◆食事回数

1日に2〜3回

だいたい1歳になるくらいから、食事は1日2回でもいいのですが、ポメラニアンの体質により、お腹を壊しやすかったり、下痢になりやすかったりする場合、回数を分けてあげることで改善することがあります。

あげ方と気をつけること

だんだんと子犬用から成犬用のフードに切り替えていく時期ですが、切り替えはゆっくり1週間〜10日ほどかけて、2種類のフードを混ぜ、少しずつ成犬用のフードの割合を増やし、お腹を慣れさせていきます。

この時期に注意したいこと

◆基本のしつけは1歳までに

小型犬は1歳からを成犬と呼ぶようになります。

それと同時に、基本的なしつけは1歳までに済ませておくことが重要になります。

それ以降でももちろん、学習はし続けますが、1歳までが1番いろんなものに好奇心を持ちますので、学習スピードが早いのです。

◆去勢・避妊手術をお考えであれば…

飼い主さんの考え方次第ですが、去勢・避妊手術を考えているのであれば、7ヶ月〜1歳前までがちょうどいい時期とされます。

特にオス犬の場合、あまり遅い時期の去勢手術だと、マーキングや足を上げてのおしっこなど、手術をしても直りません。

2歳〜4歳(成犬若年期)

ポメラニアン,クリーム色

ポメラニアンのこの年齢は、人でいえば23〜32歳の、1番体力的にも精神的にも安定し、若さに溢れ何でもできる年齢です。

この時期に太ってしまうと、その後年をとっていった時に、いろんな体への支障が出てきますので、引き続き体重管理は必要になります。

気をつけたい食事の量・食事回数とあげ方

◆食事量の目安

1日60〜90g(成犬用のフード)

引き続き、基本的に食事量は同じになります。

あとは、あげるフードや運動量などに合わせ、ウンチの状態を見ながら調整していきます。

◆食事回数

1日に2〜3回

回数も引き続き、基本的には同じになります。

あげ方と気をつけること

このくらいの年齢になってくると、飼い主の私たちも慣れというものが出てきます。

つい、いつもと同じように同じフードを与えます。

何もないだろうという事前提であげていますが、子犬の頃と違い、このくらいの年齢から突然、アレルギーが出てくることが稀にあります。

いつもと同じ食事であっても、普段と体調は同じかどうか、食後のポメラニアンの様子をたまにチェックするようにしましょう。

◆食物アレルギーの症状

  • 食後口周りを痒がる
  • 手など体を舐め続ける
  • 皮膚が熱を持って暑い

などがあります。

そんな症状があった時には、獣医さんに相談してください。

この時期に注意したいこと

◆運動を欠かさない

ポメラニアンは、大型犬ほど運動は必要のない犬種にはなりますが、毎日の運動は体力維持とストレス解消のためにも必要になります。

またシニアになっても元気に歩くため、足腰を鍛える意味で、この時期の筋力運動はとても大切です。

筋力運動は、普通の散歩だけではどうしても足りません。

普段の散歩のコースに坂道などを取り入れたり、室内で筋力運動するようにしましょう。

☆室内での筋力運動おすすめ☆
  • バランスディスクを使う
  • 室内のいろんなところにおやつを隠し、宝探し
  • バスタブを活用したプール

など、気軽に筋力運動をすることができます。

5歳〜10歳(成犬中年期)

ポメラニアン,白

ポメラニアンのこの年齢は、人でいえば36〜56歳にあたります。

ポメラニアンの中年期ですね。

まだまだ元気に見えるポメラニアンだと思います。

見た目も若い頃と何1つ変わらずあどけないままでしょう。

ただそれでも、間違いなく犬も老います。

愛犬の健康管理をいよいよ本格的に、きっちり管理していく時期になりました。

また食事は、よく7歳を目処でシニア犬用に変えると言いますが、それはあくまで目安です。

最近の犬は、中年期でも元気で体力がまだまだあることがほとんどになります。

早期にシニア用のフード切り替えは、栄養不足を招くことがあるので年齢で切り替えるのではなく、あくまで健康状態を見た上で判断しましょう。

気をつけたい食事の量・食事回数とあげ方

◆食事量の目安

1日60〜90g(成犬用のフード)

基本的には同じ量でOKですが、これくらいの年齢になってくると、個体差が出始めます。

いつもと同じに見えても、少しずつ老いる体の変化を見逃さないようにしましょう。

食欲や活動量、ウンチの状態を見て、少しでも変化があるときは、獣医さんに相談しながら、食事も見直すようにしましょう。

◆食事回数

1日に2〜3回

回数も引き続き、基本的には同じになります。

◆あげ方と気をつけること

どんなに元気に見えても、少しずつ健康に気を使う時期になってきます。

なに1つ持病がないという健康そのものであっても、これからのことを考えて、フードプラス、サプリメントなど、体にいいプラス何かを考えてもいいかもしれません。

最近では、獣医さんも推奨するサプリメントや、健康のための漢方薬もあります。

ご自身のポメラニアンがまだまだ活動的である場合、シニア犬用にはまだ変更する必要はありません。

ただ間違いなく体力が落ち、成犬用のフードがカロリー過多と感じる時には、シニア用のフードを検討する必要があるかもしれません。

この時期に注意したいこと

◆年に1回は検診を

顔を見ればいつもの愛らしいポメラニアンで、いつまでもこんな毎日が続くような気がします。

ある日突然、体調不良で犬の異変に気付くより、早期発見で症状が出る前に治療することはとても意味があります。

この年齢になりましたら、年に1回は動物病院で検診を受けるようにしましょう。

11歳〜(シニア期)

ポメラニアンのこの年齢は、人でいえば60歳の還暦です。

最近の犬たちは人と同様、高齢化が進み、どんどん元気で長生きをしています。

数多くのポメラニアンがこの還暦を迎えると思いますが、この次にやってくる長寿も一緒に祝うため、食事管理や検診を受けることに加え、毎日同じに見えても、体力は昔に比べて落ちてきます。

無理をさせないことを心がけましょう。

また、体重維持に心がけ、体重が落ちてくるなどあった場合は、かかりつけの獣医さんへ相談しましょう。

食事に関しては、これもその時のポメラニアンの健康状態によります。

シニア犬用の食事は成犬用に比べ、エネルギーが低いです。

それが今の自分の愛犬にあっているかどうかを見極めてあげる必要があります。

気をつけたい食事の量・食事回数とあげ方

◆食事量の目安

1日60〜90g(成犬・シニア用のフード)

◆食事回数

1日に2〜3回

食事回数は同じか、食が細くなってきている場合は、少しでも量を食べられるように、回数を増やしてあげるようにします。

あげ方と気をつけること

シニア犬になってくると、硬いものを食べたがらなくなることがあります。

普段ドライフードをあげている時には、ふやかしてあげることも方法です。

ふやかすことで匂いも増し、嗅覚が衰えてくるシニア犬でも食欲が出ることがあります。

この時期に注意したいこと

◆かかりつけの獣医さんと連携を

元気に見えても年は年ですので、いつどう体調を崩すかわかりません。

かかりつけ医を持ち、いつでも健康相談をできる環境を整えておきましょう。

健康寿命を延ばすのに必要なことは、病気になる前にどこまで予防できるかに尽きます。

◆どんなに老いても散歩は必須

昔みたいにシャキシャキ歩けない。

すぐ疲れるみたい。

それでも散歩は続けましょう。

外が大好きなポメラニアンなら尚更、外に連れ出すようにしましょう。

若い頃のように距離を歩けないのなら、抱っこやカートでの散歩でもいいのです。

自分の足で少しでも歩くというのは、犬にとってとても重要なことで、

足で自然の感触を感じることができ、

鼻で外の匂い嗅ぎ、

耳でいろんな音を聞きます。

それらは全て、足腰の運動だけではなく、脳の活性化になり、犬にとっての生き甲斐にもなります。

◆わがままを聞いてあげる

この年まで一生懸命生きてくれたことに感謝をしましょう。

今までは、健康管理として食事もあれこれ気を使い、オヤツも欲しがるけどセーブしてあげたりしてきましたよね。

シニア期に入り、年を取るごとに、少しずつ食欲も落ちてくるでしょう。

少しでもカロリーを取らせるためにも、場合によっては、大好きなオヤツを少し多めにあげてもいいのではないでしょうか。

この記事のまとめ

ポメラニアンの大きさや体重
  • ポメラニアン:体重1.8〜2.5kgの小型犬。ダブルコートの長毛種
  • ポメラニアンの性格:喜怒哀楽が明快、好奇心・警戒心旺盛、賢く物覚えが早い
  • 生後1ヶ月〜3ヶ月(幼犬期)…体重2ヶ月でおよそ900gに
  • 4ヶ月〜6ヶ月(子犬期)…体重1.5kgに
  • 7ヶ月〜1歳(思春期)…1歳で1.9〜3.5kgに。個体差あり
  • 2歳〜4歳(成犬若年期)…体重維持と健康管理がポイント
  • 5歳〜10歳(成犬中年期)…年に1回は検診を受ける
  • 11歳〜(シニア期)…かかりつけ医と連携して健康管理

ポメラニアンの大きさや体重・サイズのさいごに

同じポメラニアンでも、それぞれ個体によって体の大きさは千差万別です。

ただ、年齢ごとで気をつけるべきことなどは同じです。

少しでも健康で長生きしてもらうため、健康管理は飼い主の腕の見せ所です。

どれくらいの食事量がベストかどうかは、毎日のウンチの状態や、体を触ったときの肉の付き方などで判断していきましょう。

どうぞ、ぽっちゃりポメラニアンにならないように注意し、米寿のお祝いをできるように頑張りましょう。

ポメラニアンとの暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】