ポメラニアンのカラーについて。人気色は?性格に違いは?


ポメラニアン,クリーム色

ポメラニアンについて

ポメラニアンの出身国はドイツになります。

ドイツとポーランドの国境近くにポメラニア地方とあり、そこで生まれた犬がポメラニアンの始まりと言われています。

ポメラニアンの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:1.8〜2.5kg
  • 体高:18〜22cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:スタンダードカラー「オレンジ」「ホワイト」「ブラック」「レッド」「クリーム」レアカラー「ブルー」「ビーバー」「チョコレート」2色以上混ざったカラー「オレンジセーブル」「ウルフセーブル」「ブラック&タン」「パーティカラー」など。また、JKCで認められていない毛色も含めればさらに多数あり

ポメラニアンは小型犬に属しますが、大きさにかなり幅がある犬種になります。

超小型に収まるポメラニアンもいれば、4〜5kgになるような大きめのポメラニアンも存在します。

小さな顔に大きな真っ黒い目、口を開くと口角が上がるので、常に笑顔に見えます。

また、全体的に詰まったような体型で、ふわふわのコットンボールのような被毛はまさに歩くぬいぐるみです。

ポメラニアンの性格

  • 家族を溺愛
  • 物怖じせずいろんなものに立ち向かう
  • 活動的でやんちゃな面があり
  • 賢く、学習能力が高い
  • 警戒心旺盛
  • 独立心がある
  • フレンドリーで遊ぶのが大好き
  • プライドが高い

見かけから、ついつい守りたくなる雰囲気の犬種ですが、実際は、「僕(私)が飼い主を守る!」という信念を持っているのか!?というくらい、頼もしいほどの警戒心があり、家族を大事にしようとします。

賢いのでしつけなど覚えるのはすぐですが、プライドが高いため、飼い主さんを試す態度に出ることもあります。

また、常にピッタリ一緒にいたがる訳でもなく、一人遊びができる個体が多いので、とても飼いやすい愛犬になるのではないでしょうか。

ただし、ポメラニアンは吠えるのが大好きなので、注意が必要です。

ポメラニアン,茶色

ポメラニアンの豊富な毛色

JKCで認められている毛色「定番色」

オレンジ

ポメラニアンといえば、この色です。

1番ポメラニアンの被毛が綺麗に見える毛色です。

レッド

定番色のオレンジより濃く、夕陽のような色です。

ヴィクトリア女王が愛したポメラニアンの色がレッドだったそうです。

クリーム

ふわふわの被毛がまさに綿菓子のように見え、人気の毛色です。

ホワイト

ホワイトはホワイトでも、体の一部がややクリームだったりすることが多いんですが、本当に全身真っ白いポメラニアンは珍しく、高値がついています。

ブラック

あまり馴染みのないブラックのポメラニアンですが、ヨーロッパでは人気がある毛色です。

ブラウン

ブラックより優しい印象があります。

チョコレートとブラウンは非常に似ていて、判断が難しいところです。

パーティーカラー

ホワイトをベースに他の毛色が混ざっている毛色をいいます。

例えば、レッド&ホワイト、ブラウン&ホワイト、ブラック&ホワイト、ウルフセーブル&ホワイトなどなど。

オレンジセーブル

オレンジに濃い茶色が混じった毛色。

成長とともに色や模様の入り方が変わってくることがあります。

ウルフセーブル

珍しく感じますが、もともと存在していた毛色で無理な繁殖の結果ではないようです。

よくタヌキみたいと言われ人気があります。

ポメラニアン,白黒

JKCってなに?

JKCとは、一般社会法人ジャパンケネルクラブの略名になり、国際的な愛犬団体になります。

主な活動内容は、純粋犬種の犬籍登録・有能・優良犬の普及、畜犬の飼育の指導推奨、動物愛護精神の高揚のための活動。

具体的には、

  • 血統証明書などの発行
  • 展覧会・競技会事業
  • 災害救助犬育成事業
  • 犬を通した社会への貢献
  • 正しい畜犬の指導推奨・動物愛護精神の高揚(各種コンテストの開催)

などがあります。

JKCのホームページ:一般社会法人ジャパンケネルクラブ

ポメラニアンの人気の毛色とは?

それでは、ポメラニアンの人気カラーとは何色なのでしょうか。

人気順に紹介いたします。

ポメラニアン,柴犬,カット

オレンジ

ポメラニアンと言えばやはりこの色ではないでしょうか。

定番色のオレンジは、ポメラニアンの被毛を最も美しく見せる色だと言われています。

日に当たったオレンジ色の被毛はキラキラと輝き、ビタミンカラーのオレンジはそこにいるだけでとても華やかで、見ているだけで元気になれるポメラニアン自身を象徴しているカラーになります。

ホワイト

ポメラニアンの祖先であるスピッツを連想させるカラーですね。

綿あめみたいで愛らしい印象が強くさせます。

SoftBankのCMで起用されているのもホワイトのポメラニアンです。

台湾では一番の人気カラーだそうですが、日本でも人気が上昇してきています。

どうしてもホワイトカラーの被毛は汚れが目立つのと、涙やけの心配がつきまといます。

手がかかる被毛ほど、手をかけたときの美しさは、自慢できるほど輝きます。

クリーム

ポメラニアンが流行していた頃には、このカラーがブームを支えていました。

ブログから有名となり雑誌のモデル犬としても活動をしているポメラニアンの「俊介くん」もこのカラーだと思われます。

優しいクリーム色の被毛は、ホワイトほど涙やけも気にならず、お手入れもしやすいようです。

ブラック

ポメラニアンの所縁の国であるイギリスで大人気なのがブラックです。

交配が難しいため数は少ないようですが、日本でも目にする機会が増えてきました。

どこか神秘的な雰囲気を漂わせる、ブラックカラーのポメラニアンは、このカラーじゃなきゃ嫌という人もいるほど、人々を惹きつけるカラーなのです。

オレンジセーブル

オレンジの毛色をベースに褐色の色(タン)が混ざったカラーです。

最近人気が上がってきているようで、ペットショップでも目にする機会が増えてきています。

もともと成長と共に、何度も被毛のカラーが変わるというポメラニアンですが、オレンジセーブルも例外ではなく、子犬の頃全体に濃い色目だったとしても、成長と共に明るくなってくることがあります。

珍しい毛色

目にする機会が非常に少ない珍しい毛色を紹介します。

チョコレート

繁殖が難しく実際に目にする機会がないほど、希少価値が高いカラーだそうです。

ブラックより優しい色合いの被毛で、カット次第では熊のようになります。

ブラック・タン

ブラックをベースに、目の上は胸などに褐色の色があるカラーです。

一見チワワっぽいのかもしれません。

ポメラニアンとしてはやや珍しいカラーのようです。

ブラックタンの模様の入り方も一様ではなく、微妙に個々に違いがあります。

また、ブラックタンの特徴は、顔の被毛が1色ではないので、ブラックタンの模様が入ることで、表情がわかりやすくなるということがあります。

パーティーカラー

ホワイトをベースに、様々な箇所にレッドやブラックなど別のカラーが混じっていて、ホワイト&ブルーなどの珍しいカラーが存在します。

他にも、マーブルやシェルティなどの犬種に見られるブルーマールといったかなり珍しいカラーもいるそうです。

JKCで認められている毛色「レアカラー」

チョコレート

なかなか見ない毛色です。

繁殖が非常に難しいそうで、非常に高価になります。

ただし、ブラウンとチョコレートの判断は素人では判断が難しく、ブリーダーの中には、ブラウンをチョコレートとして登録している場合もあるので注意が必要です。

ブルー

ぱっと見、ブラックに見えますが、光に当たるとグレーがかっているのがわかります。

非常に珍しい毛色です。

ビーバー

ほとんど日本では見つけられません。

薄い茶色にグレーが混じったような毛色です。

先天的に目が弱い場合が多く、他にも疾患を抱え生まれることが多いです。

ブラックタン

ブラックとブラウンが混ざった毛色です。

黒柴やチワワでよく見かけます。

ポメラニアンでは珍しい毛色になります。

ポメラニアン、世界で人気の毛色は?

ホワイト、クリーム、オレンジ、パーティーカラーが日本では人気です。

ポメラニアンの人気色は、その時代や国によっても違うらしく、ヨーロッパではブラックのポメラニアンが人気で、アメリカではパーティーカラーがやや他の毛色より人気があります。

また、台湾ではホワイトのポメラニアンが人気色になります。

例外「マールカラーは危険カラー」

この毛色はJKCでは認められていない毛色になります。
被毛に斑点模様がある被毛を「マールカラー」と呼んでいて、種類も豊富にあります。

かなり希少価値が高く高値がついているのですが、この毛色のポメラニアンは、わざとそうなるように、人工的に交配してできた毛色で、遺伝子異常で生まれてしまったポメラニアンだということを知ってください。

先天性の疾患を持っていたり、体が弱かったりします。

本来はないはずの毛色なんです。

マールカラーにある先天性の障害について

両親犬ともにマールカラーだった場合、その子犬は25%の確率で重度の先天性の障害を持って生まれてくるとされています。

ポメラニアンの先天性障害で多いのが、

  • 虚弱体質
  • 視覚障害
  • 聴覚障害
  • 心臓疾患

などになります。

中には生まれた時から目がない、もしくは盲目の場合もあります。

見た目とても珍しい被毛のカラーを持ち、目の色も特別なことが多く、魅力的に映るのも理解ですます。

ただ健康面で言えば、一般的なポメラニアンに比べ、やはり様々な問題を抱えていることは確かであり、どちらかと言えば、長生きをできることも少ない個性の犬になります。

理解した上で購入するということと、そういう安全ではないマールカラーのポメラニアンだけを、積極的にブリーディングしているブリーダーからは譲り受けないように気をつけましょう。

ポメラニアンは毛色によって、性格が違う?

いろんなウワサはありますが、ポメラニアンの毛色と性格は、実際は直接関係ないという現時点での結論です。

これは、今でも研究がされていることで、現時点では関係ないとされてはいますが、実際、毛色に関係するメラニン色素の前駆物質も、脳を興奮させる神経伝達物質のドーパミンの前駆物質も同じドーパであることより、何か関連があるのではとはいわれています。

近い将来、そんなミステリーが明らかになるといいですよね。

ポメラニアンの毛色は年齢ごとに変わる?!

ポメラニアン,柴犬カット

ポメラニアンにはいろんな毛色があるのですが、それともう1つ。

子犬の時期から成犬、シニア犬となる過程で、それぞれ毛色が変わりやすいという特徴もあるんです。

もちろん、変わらない場合もありますが、色の変化は多い個体で7回を超える場合もあります。

これには、メラニン色素が関係していると思われていて、色素が薄い個体は、成長とともに元の色が褪せてくる傾向があります。

またセーブルなどの毛色は、子犬時の模様は成長とともに変わっていき、色が薄くなったり濃くなったりして、変化を見せます。

そして、シニア犬になる頃には、黒かった毛も薄れ、人間同様白くなっていきます。

ポメラニアンを選ぶ時

ポメラニアンは、毛色によって性格が違うようなことはありませんが、毛色から受ける印象は少なからずありますよね。

オレンジやレッドのような明るい色は元気そうに見えますし、ホワイトやクリームは優しいイメージを持ちます。

ポメラニアンを選ぶときには、もちろん毛色だけではなく、顔つき・体型・元気があるか・健康に問題はないかなど、様々なことをトータル的に見て決めルと思いますが、今回はその中でも、どんな毛色や被毛のポメラニアンを選べばいいかのポイントをご紹介します。

1つの毛色にあまりこだわらない

子犬から飼う場合に多いのですが、成長と共にポメラニアンの毛色は変化しまうので、子犬の頃のその色が気に入って飼ったけれど、成長と共に、思っていた毛色からかけ離れたということがよくあります。

何度も変わる毛色を成長と共に、一緒に楽しむくらいの気持ちで選ぶようにしましょう。

被毛に艶がある

どんな毛色を持っていても、被毛に艶がなければいけません。

艶がない被毛の犬は、栄養がたりてなかったり、何かしらの皮膚疾患を持っていたりする場合があります。

健康なポメラニアンはツヤツヤな豊かな被毛を持っています。

被毛を観察する

被毛を観察したときに、フケがあったり、妙に触った感触が脂っぽかったりする場合、皮膚に問題があるか、アレルギー性の疾患を抱えていることがあります。

単純に綺麗に洗えば解決することもありますが、他の子犬は綺麗なのに、1頭のポメラニアンだけ違う場合は用心しましょう。

どちらにせよ、いろんな毛色があるポメラニアンですから、たくさんの情報を集め見て歩き、運命のポメラニアンを探してください。

ポメラニアン,柴犬

この記事のまとめ

ポメラニアンのカラーについて
  • ポメラニアンの体重:1.8〜2.5kgの小型犬。ただし大きさにばらつきあり
  • ポメラニアンの性格:家族溺愛、活発、賢く好奇心旺盛、フレンドリー、プライドが高い
  • JKCとは一般社会法人ジャパンケネルクラブの略名
  • JKCで認められている毛色(定番カラー):「オレンジ」「レッド」「クリーム」「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」「パーティーカラー」「オレンジセーブル」「ウルフセーブル」
  • KKCで認められている毛色(レアカラー):「チョコレート」「ブルー」「ビーバー」「ブラック・タン」人気の毛色:「お園児」「ホワイト」「クリーム」「ブラック」「オレンジセーブル」
  • 珍しい毛色:「チョコレート」「ブラック・タン」「パーティーカラー」
  • ポメラニアンの毛色は個体差はあるが7回以上変わる場合がある
  • ポメラニアンは毛色によって性格は変わらない
  • ポメラニアンを選ぶポイント(被毛):①1つの毛色にこだわらない②被毛に艶がある③被毛を観察

ポメラニアンのカラーについて さいごに

本当に豊富な毛色を持つポメラニアンです。

実際、選ぶときにはかなり迷いますね。

また個体によっては子犬の時から成長するにつれ、毛色が変化する場合もあります。

毛色によって、ポメラニアン自体の雰囲気も全く違います。

年とともに変わっていく被毛を日々見続けるのも、ポメラニアンを飼っているからこその楽しみになります。

いろいろ悩み、毛色にばかり意識が集中してしまい、肝心な健康な子犬を選ぶことなどをお忘れにならないようにして、運命のポメラニアンをお探しください。