ヨークシャーテリアは寒さに弱い?寒さ対策はどうするの?

犬は寒さに強いというイメージがありますが、すべての犬が寒さに強いわけではありません。ヨークシャーテリアのような超小型犬は、どちらかと言えば寒さに弱い犬が多く、冬の寒い時期には寒さ対策が必要になります。ヨークシャーテリアの寒さ対策はどのようにすればいいのか、寒さ対策グッズにはどういうものがあるのか、紹介してみます。

ヨークシャーテリアは寒さに弱い?

犬は寒さに強い動物だというイメージがありますが、それは寒い地域で犬ぞりを引っ張って走っている大型犬のイメージが強いためでしょう。確かに大型犬は寒さに強い犬が多いです。寒さに強い犬はシベリアンハスキー、アラスカン・マラミュート、グレート・ピレニーズ、セントバーナード、それに日本の秋田犬、柴犬など、どれも中型~大型の犬です。

しかし室内で飼われている小型犬や超小型犬はどうでしょうか?小型犬の中でもシングルコートという構造の被毛の犬は、たとえ長毛であっても寒がりの犬が多いです。上毛と下毛の二層構造になっているダブルコートの犬は、どちらかと言えば寒さに強い傾向があります。ヨークシャーテリアはシングルコートなので、長い毛に覆われていて暖かそうに見えても、実は寒がりなのです。

同じようにシングルコートで寒さに弱い小型犬はマルチーズ、トイプードル、ミニチュアダックスフンド、パピヨン、チワワなどです。ヨークシャーテリアはその中でも寒さに弱い代表のようなところがありますので、寒い時期には寒さ対策が必要になります。寒さ対策も屋外や室内では、対策法が異なりますので注意しなければなりません。

外出時の寒さ対策は?

寒い時期に外出させるときには防寒用の服が必要です。犬用のコートなどを着せてあげましょう。人間のコートのようにダウンや中綿が入っているものがあります。またカイロなどを利用してもいいでしょう。キャリーバッグやカートで外に連れて行く場合は、事前にバッグやカートの内部を温めておくといいですね。外気が冷たくても、しばらくの時間は犬も暖かく過ごすことができます。

カートやキャリーバッグにブランケットを敷いておく時は湯たんぽなどを利用してもいいですね。散歩で歩く時には犬でも足が冷たいので、犬用の靴や靴下を履かせてあげてはいかがでしょうか?靴は寒いときにしもやけやケガを防ぐだけでなく、夏の暑い時期のアスファルトの熱からも守ってくれます。犬が嫌がらなければ、1足用意しておくといいですね。厚目の防寒着を着て外に出ていた場合、室内に入ったら防寒着はすぐに脱がせてあげましょう。

室内での寒さ対策は?

室内でいる時の服は、外に出る時のものとは違う服を着せるようにしましょう。室内での服は薄いもので十分です。暖房器具はしっかりと利用して適度な温度を保っておくようにしましょう。ベッドも保温性が高いものを選んであげるようにしましょう。

お留守番をさせる場合、できればエアコンを適温にしておいたほうがいいですが、できない場合は犬用の「着る毛布」を利用するといいですね。ケージの中でお留守番をする時は、犬用のヒーターを床に置いておくといいでしょう。またケージに毛布をかけておくのも冷たい空気を遮る効果があります。湯たんぽやカイロは室内でも利用できますので、毛布やベッドといっしょに利用するようにしましょう。

まとめ

犬が寒さに強いというイメージは、ダブルコートの大型犬のもので、寒さに弱い犬は意外と多いです。ヨークシャーテリアも寒さに弱い代表のような犬なので、寒い時期には寒さ対策が必要です。屋外と屋内では寒さ対策が異なります。冷たい外気に触れる屋外では防寒用の服を着せてあげて、帰宅したらすぐに脱がせて薄手の服に変えましょう。湿度が不足すると余計に寒さを感じるので、湿度を適度に保つことが必要です。