ヨークシャーテリアは運動好き!ドッグランで思い切り遊ばせよう

ドッグランとは?

犬を飼っている方で、ドッグランという施設をご存じの方は多いと思いますが、飼ったばかりの方、これから飼おうとしている方の中にはドッグランってなに?って思われる方もいらっしゃるでしょう。
ドッグランとは、有料で犬を遊ばせることができる広場のことを言います。
無料のドッグランもありますが、多くは有料です。
犬が走り回って遊べるスペースですので、ノーリードで遊ばせることもできます。
ドッグランで遊ばせるためには、さまざまな条件があります。
一般的には、他の犬に危害を加える可能性がある子は利用できないというのはもちろんですが、狂犬病予防接種・ワクチン接種を行っていること、未避妊のメス犬の場合はヒート中でないことが入場条件です。
入場にあたっては、予防接種証明書の提出を求められることがほとんどですので、初めて利用する場合は証明書を持参しましょう。
また、月齢制限を設けている場所もありますので、行く前には必ず何カ月から入場できるか確認してから行くことをおススメします。

ドッグランでの注意点・マナー

ドッグランに初めて行く、慣れてない場合は、最初はリードをしたまま場所に慣れさせることが大切です。
また、万一他の犬に危害を加えてしまった場合でも、施設側は関与しないことを条件としている場所がほとんどですので、相手の飼い主さんとの対応になります。
互いに嫌な目に遭いますので、自分の愛犬が他のワンコと遊ぶのが苦手である、自分が管理するのに自信が無いなどの場合は、無理してドッグランを利用することはありません。
最近では、このような方の為に、ドッグランを時間貸し(貸し切り)にしている施設もありますし、大型犬エリア・小型犬エリアと分けてある施設もたくさんあります。
どうしてもドッグランを利用したい場合は、各施設に特徴がありますので、いろいろ調べてみるのも良いですね。
当然ながら、愛犬の排泄物については飼い主さんが処理します。
うんち専用のごみ箱や、おしっこをした後にかける用のスプレーを用意してくれているドッグランもありますので、ルールを守って楽しく利用しましょう。

ヨークシャーテリアがドッグランで遊ぶ時の注意点

ヨークシャーテリアは小型犬ではありますが、個体差があります。
他の犬種は苦手だけれども、ヨークシャーテリア同士であれば仲良くできる子もいるでしょうし、どの子とも仲良くできる子もいますよね。
しかし、愛犬が仲良くできるからといって、相手が同じフレンドリーだとは限りません。
思わぬ事故に巻き込まれないためにも、飼い主さんは絶対に自分の子から目を離してはいけません。
特に、自分より小さな子を追いかけたりしてしまう習性のヨークシャーテリアを飼っておられる方は、小さなチワワや子犬などを追いかけまわして、他のわんちゃんや飼い主さんに不快な思いをさせないように十分注意します。
この場合も犬が悪いわけではなく、犬に悪気は全くありませんので、飼い主さんの心がけが非常に大切になってきます。

気を付けよう!こんな詐欺がある!?

残念ながら、ドッグランではさまざまなトラブルが後を絶ちません。
最近では、飼い主さんがその方のご愛犬から目を離したすきに、「噛まれた」と言いがかりを付けて、高額の医療費を請求する、「うちの子は、繁殖用に使っていたチャンピオン犬だが、お宅の犬に噛まれたため、商売にならなくなった」などと言われて、同じく高額な慰謝料を請求されたという事例が実際にありました。
ドッグランも公共の場ですので、いろいろな方が利用されます。
トラブルに巻き込まれないようにするためには、自分で自分の身を守るしかありません。
ドッグランに初めて連れて行く場合や、初めての場所に行く場合は、口コミや実際に利用した方の話を聞いてから利用するのも一つの方法です。

楽しく遊んで元気に過ごそう!

ドッグランは、ルールを守って互いに思いやりを持って遊ぶことができれば、犬の社交場ともなり、大変楽しい場所なのです。
ヨークシャーテリア同士のお友達もできるでしょうし、そこで色々な情報交換を楽しむこともできますよね。
利用規約をよく読んで、楽しく利用できるよう一人一人が心がけるようにしたいものです。