アメリカンコッカースパニエルの激安ブリーダーは避けるべき?


アメリカンコッカースパニエルの相場金額とその金額設定の基準とは?

アメリカンコッカースパニエルの相場金額は、約13~25万円です。

他にもアメリカンコッカースパニエルはショードッグとしても活躍していますので、ショードッグに参加しているブリーダーから購入する場合などは、相場金額よりも高い金額設定となっていることがあります。
中には100万円に近いアメリカンコッカースパニエルもいます。
こういった高額な金額には、両親犬がチャンピオン犬であることや毛色が関係しています。

通常犬の金額には、血統書の有無、毛色、体格、見た目、健康状態、月齢、人気などの月例を基準に設定されています。

激安ブリーダー、安い理由とは?購入は避けるべき?

それではなぜ激安の金額で販売することができるのか。
それは、金額の基準となるいずれかが劣っていたり何かしらの理由があるからです。
だからと言って激安ブリーダーから購入するべきではないというわけではありません。
中には、健康状態なども問題ないが、ただ人気の毛色でない、月齢が高いなどの理由で激安になっている場合もあります。

なぜ安いのか、その理由をしっかり把握し、責任を持って最後まで飼うことができるかを検討した上で購入するのであれば問題ないでしょう。

悪質ブリーダーの存在

激安ブリーダーの中には、良心的なブリーダーと悪質ブリーダーが存在します。

本来ブリーダーは、特定の犬種を専門とし健康状態や愛情面でも気を配って最適な環境で繁殖させています。
しかし、ペットブームが続いている今、金銭目的だけの悪質ブリーダーが増えているのも事実です。
悪質ブリーダーは、愛犬家には考えられないほどのずさんな環境で、ずさんな飼育をして無理な繁殖をさせています。
そういった環境で産まれてきた子犬には、先天性疾患があったりと健康面で問題があることがほとんどです。

悪質ブリーダーであるかどうかを見極めるのは安易な事ではありませんが、犬舎の見学や親犬への面会などを拒むようであれば悪質ブリーダーの可能性があるので、時間をかけてよく見極めてから購入するようにしましょう。

まとめ

アメリカンコッカースパニエルの激安ブリーダーは避けるべきか?答えは、グレーです。

ブリーダーの中には残念ながら悪質ブリーダーがいるので、悪質ブリーダーは絶対避けるべきですが、通常のブリーダーでも子犬の健康状態など、何かしら激安になる理由が隠れています。
そういった理由を確認して、理解した上で購入するのであれば問題ないでしょう。

1度飼うと決めたなら、その子の一生を守ってあげなければなりません。
そういったことをよく考えて迎えてあげましょう。
そうして迎えたアメリカンコッカースパニエルは、きっと癒しを与えてくれる大事な家族の一員になってくれるでしょう。