新しい家族を迎える際に!フレンチブルドックの多頭飼いの注意点や相性について

可愛い愛犬と一緒にいると、他にも犬を迎え入れたくなることもあります。また、何等かの事情でもう1頭迎え入れることもありますし、愛犬が寂しくないようにもう1頭飼うことを考えることもあるでしょう。どんな理由にしても、実際に多頭飼いする時はどんなことに気を付けたら良いのか、また相性などはどうなのかをきちんと考える必要があります。

フレンチブルドックは多頭飼いに向かない?

フレンチブルドックは飼い主さんの愛情を独り占めしたい犬だから多頭飼いには向かないと聞いたことがある方もいるかもしれません。

確かにフレンチブルドックは甘えん坊な一面がある犬種で愛情要求が強い犬もいます。

しかし、犬はもともと集団生活をしていた動物です。可能であればフレンチブルドックの多頭飼いも良いでしょう。

もちろん愛情の面を考えて、飼い主さんに子供がいる家にフレンチブルドックが向かないということもありません。

フレンドリーな性格のフレンチブルドックは、多頭飼いに向いていることが多いです。大切なのは環境としつけです。

フレンチブルドックを多頭飼いする場合の相性

フレンチブルドックを多頭飼いする場合の相性① 犬種 

フレンチブルドックと相性が良いのはどの犬種かということは、一概には言えません。

なぜなら犬種によって性格の系統はあるものの、個体差が大きいためです。

大切なのは犬種ではなく、2頭の相性です。

フレンチブルドックを多頭飼いする場合の相性② 年齢

2頭目は子犬の方が比較的トラブルは少ないようですが、後からやってきたのが成犬であっても上手く関係を築けているフレンチブルドックもいます。

こちらも先述の犬種と同様、年齢よりも相性としつけが大切といえます。

フレンチブルドックを多頭飼いする場合の相性③ 性別

メス同士、あるいはオス同士なら大丈夫ということもなく、性格や相性に左右されるケースも多いものです。

ただし繁殖を考えていないのなら、避妊・去勢手術をしていないフレンチブルドックのオスメスを一緒に飼うべきではありません。

特にオス同士を飼う場合は去勢することをおすすめします。

フレンチブルドックの多頭飼いの注意点

フレンチブルドックの多頭飼いの注意点① 先住犬優先

犬同士で上手く上下関係を決められれば良いのですが、そうでない場合や子犬を後から迎え入れた場合には先住犬を優先してください。

食事や散歩の順番を先にする等、犬が理解できるようにわかりやすく行うことが大切です。

先住犬を優先するのは差別ではなく、リーダーである飼い主さんが序列を示す大切なしつけであり、これで上手く共存できることも多いのです。

もちろん上下関係は変わることもありますので、しっかり見極めてあげなければなりません。

フレンチブルドックの多頭飼いの注意点② 一緒にする時は慎重に

2頭目を連れて来たら、まずはケージに入れたまましばらく様子をみます。

一緒に過ごす時にはいきなり犬たちだけにせず、しばらくの間は飼い主さんも目を離さないようにしましょう。

ケンカをする様子もなく大丈夫そうなら、少しずつ一緒にしていきます。

2頭の相性がどうしても良くない時には、飼う場所を変えなければいけない場合もあります。

先住犬、新入り犬ともにフレンチブルドックがストレスを感じることなく過ごすにはどうすれば良いのか、慎重に決めましょう。

フレンチブルドックの多頭飼いの注意点③ しつけ

1頭目のしつけができていない状態で多頭飼いをすると、コントロールしきれずに大きなトラブルを招く原因になります。

先住犬が飼い主さんの指示をきちんと理解して行動できるようになるまでは、止めておいた方が良いでしょう。

フレンチブルドックの多頭飼いの注意点④ 高齢犬

先住犬のフレンチブルドックが高齢の場合は環境の変化に対応できなかったり、2頭目が体力のある仔犬だと一緒にいて疲れてしまったりする可能性が考えられます。

体調にも関わることなので、突然多頭飼いにするのは避けた方が良いでしょう。

フレンチブルドックの多頭飼いの注意点⑤ 犬に対してもフレンドリーか

散歩中やドッグランに行った時、他の犬に対して攻撃性がなくフレンドリーに過ごせる性格のフレンチブルドックなら、多頭飼いに向いている可能性が高いと考えられます。

フレンチブルドックの多頭飼いを考える際には、このように注意するポイントがいろいろとあります。

犬同士が楽しく良い関係で過ごせるよう、飼い主さんが十分に考慮した上で決定することが大切です。