ヨークシャーテリアが安全に暮らせるように室内環境を整えよう!


床で滑らない工夫を

人間にとってフローリングの床は掃除がしやすくて快適です。
でも犬にとっては必ずしも快適に過ごせるわけではありません。
ヨークシャーテリアは小さくて骨や関節にトラブルを起こすことが多いです。
フローリングの床は歩いたり走ったりすると滑りやすく危険です。
特に子犬の時期は好奇心旺盛で、家の中を走り回ってしまいます。

そんな時にフローリングの床だと、滑ってしまって脱臼や骨折をしてしまう危険があります。
フローリングの床はカーペットやマットを敷いて、滑らないようにしておいてあげましょう。
階段のある家は転落が心配です。
できれば階段に立ち入ることができないように衝立や柵をつけておきましょう。

適温を保つこと

ヨークシャーテリアは寒さだけでなく暑さにも弱いです。
暑さ寒さが厳しい時期には室内の温度を適温に保っておく必要があります。
室内の温度は20~25度が適温であると言われています。
エアコンを使って常に室温を一定に保っておくようにしましょう。

しかし暑い時期のエアコンのきかせ過ぎは、かえって冷えの原因になることがありますので、注意しましょう。
寒い時期にヨークシャーテリアを室内でお留守番させる時には、エアコンを使用するほか、犬用のヒーターを使うなどの工夫をしましょう。
暑い時期にはエアコンのタイマーを利用すると便利です。

決まった場所に居場所を確保

室内にはヨークシャーテリアが安心して過ごせる居場所が必要です。
居場所はケージでもベッドでもクレートでもいいので、周りに危険なものが何もない静かな居場所を作って上げましょう。
居場所はできれば頻繁に場所を変えずに、固定した場所に作ってあげるようにしましょう。

犬を飼ってみて初めて、人間が暮らす室内には危険なものが意外と多いことに気がつくことがあります。
ヨークシャーテリアが誤食・誤飲してしまうものも身の回りにはたくさんあります。
人間の目線ではわからないことも多いですが、一度犬の目線になって室内の下のほうに危険なものがないかどうか確認してみてください。
人間用の薬などは特に危険です。

喫煙者がいる家庭では、タバコの吸い殻はもとより、タバコの煙もヨークシャーテリアには良くありません。
キッチンには犬が食べてはいけない食材もたくさんあります。
それらから離れた場所に居場所を作ってあげると、慣れてくればそこで過ごしてくれることが多くなるでしょう。

まとめ

ヨークシャーテリアは室内飼育向きの犬ですが、ただ室内にいれば良いというわけではありません。
犬にとって危険なものはないか、床で滑ることはないか、階段には立ち入らないようにできるか、誤飲・誤食する危険があるものは片付いているか、室温は適温になっているか、様々なことに気を配る必要があります。
最初は大変ですが、室内でヨークシャーテリアが安全に過ごせるように、何度も確認しておきましょう。