アメリカンコッカースパニエルの子犬への餌の与え方

アメリカンコッカースパニエルの子犬の食事について

子犬を迎えたばかりの時は、それまでに食べていたものと同じものを与えるようにしてください。
突然違うフードを与えてしまうと、新しいフードの成分などにアレルギーを起こしたり消化不良になる可能性があります。
フードを切り替える時は必ず徐々に切り替えていくようにしましょう。

食事の回数は朝昼晩の1日3回、歯が生え始めるまではお湯でふやかしたものを与えましょう。

そもそもフードをふやかすのには、歯が生えそろっていない子犬にとって食べやすく口内を傷つけないといったメリットと消化しやすくなるという理由があります。
いわゆる離乳食ですね。
成長につれて徐々に水分量を減らし芯が残るくらいふやかしたものから、少しずつドライフードに変えていきます。
この時に、便の状態を合わせて確認して様子を見ながら焦らず切り替えていくようにしましょう。

いつまで1日3回食べるの?

生後6カ月頃を目安に、食事回数を1日2回に減らしていきます。
食事中の様子を伺いながら、お昼の食事量を徐々に減らしいき、最終的には朝晩1日2回の食事にしていきましょう。

食欲旺盛なアメリカンコッカースパニエルにとって食事回数が減ることは、とてもショックなことかもしれませんね。
しかし太りやすい体質を持ったアメリカンコッカースパニエルは、1日3回で与え続けると肥満の原因になります。
愛犬の健康のため、ここは心を鬼にして朝晩1日2回の食事に切り替えていきましょう。

子犬のおやつについて

アメリカンコッカースパニエルの子犬を見るとあまりの可愛さからおやつをあげたくなりますよね。
しかし、基本的には、子犬のころにおやつは必要ありません。
本来必要な栄養は、食事だけで十分足りているのです。

それでも、躾やコミュニケーションの一環として与える場合や、食事回数を3回から2回に減らす際に、お昼の食事に置き換えておやつとして与えるということもあると思います。

おやつデビューをする時には、毎日与えているフードをおやつとして与えるようにしましょう。
徐々に人参やキャベツなどの野菜を試してみるのも良いでしょう。
一般的に販売されているおやつに関しては、生後6カ月頃からを目安に記載されている参考年齢を基準に徐々に試していくと良いでしょう。

まとめ

食べることが大好きなアメリカンコッカースパニエルにとって、食事はとても楽しい時間と言えるでしょう。
食べている姿があまりに愛らしくてたくさん与えたくなりがちですが、太りやすい体質を持っていることを忘れてはいけません。
子犬のころからしっかり食事の管理を行い、丈夫で健康な体に育てていきましょう。