もしかして全てを兼ね備えている!?パピヨンの魅力とは?


優雅で美しい外見

フランス語で「蝶」を意味するパピヨンですが、その名の通り、蝶が羽ばたいているような大きな耳が最大の特徴です。
気品あふれる優雅な姿は非常に美しく、パピヨンに魅了される人も少なくありません。
16世紀にはフランスの貴族たちにも愛され、かの有名なマリーアントワネットもかわいがっていたのだとか。
上品さとかわいさを兼ね揃えていますので、人気があるのも納得です。
また、絹糸のようなサラサラとした柔らかい被毛も、パピヨンの美しさを語る上では欠かせません。

お手入れが楽

長くて美しい被毛のパピヨン。
一見すると、お手入れが大変そうに見えますが、意外にも手間はそれほどかかりません。
というもの、被毛は長いですが、絡まりづらいために、毎日ブラッシングをしなくても平気だからです。
しかし、耳の毛だけは毛玉ができやすいので、そこはこまめにブラッシングをする必要があります。
また、トリミングをする必要もありません。
犬のトリミング代は決して安くはありませんので、月々のトリミング代がかからないのは、飼い主にとって非常に助かる点ではないでしょうか。
しかし、シャンプーや爪切り、肛門腺絞りなどは定期的なお手入れが必要です。
トリミングサロンでもやってもらえますが、獣医師からやり方をきちんと教えてもらえば、自宅でやることも可能ですので、さらに費用がかからなくて済みます。

活発で頭がいい

優雅な外見のパピヨンですが、実は運動能力が高く非常に活発で明るい性格です。
そのため、とくに犬と一緒に遊びたいという飼い主にとっては、うってつけと言えるでしょう。
また、頭がよいため、しつけも積極的に覚えていくことができます。
ただし、間違ったことを教えてしまうと、それさえも覚えてしまうので気をつけなければなりません。
もし、そのようになってしまったら、場合によっては飼い主より自分のほうが偉いと思ってしまい、わがままな態度をとることも。
正しくしつけをすれば、これといった大きなトラブルを起こすことは少ないですので、飼いやすい犬種と言えます。

体が丈夫

華奢な体格のパピヨン。
そんな見た目から「病気などは大丈夫?」と思うかもしれませんが、実は体が丈夫で、ほかの小型犬と比べると遺伝的な疾患が少ないほうになります。
パピヨンの寿命は13~15年ぐらいと言われていますが、その頃まで長生きするパピヨンも多いのだとか。
また、何十年とパピヨンだけの繁殖をしているベテランのブリーダーも数多くいます。
そのようなブリーダーから子犬を迎えれば、なおさら遺伝的な疾患の心配も少なくなるでしょう。
もとの体質が丈夫であるということは、長年犬を飼っていく上で、非常に大切なポイントです。

まとめ

全体を通してみると、パピヨンは見た目も美しく体も丈夫、お手入れも楽で、そのうえ頭もよいですから、非常にバランスが取れていると言えます。
そのため、犬を初めて飼う方には、とくに向いているのではないでしょうか。
たくさんの魅力を持ったパピヨン。
もし飼おうか検討しているようでしたら是非、参考にしてみてくださいね。