フレンチブルドックの成長過程は?気になる体重推移について

実際に子犬を飼い始めると、どのくらいのペースでどの程度体重が増えていくのかという点は気になるところです。成長期になかなか体重が増えないのは良くないことですし、反対に増え過ぎても健康に影響します。フレンチブルドックはもともと食欲旺盛な犬種で、食事は与えられるだけ食べてしまうので、成長期はなおさら管理が必要です。愛犬が健康に成長できるよう、適量をきちんと管理しましょう。

フレンチブルドックの体重管理の大切さ

フレンチブルドックにも人間と同様に個体差があり、同じ犬種でも小さめの犬もいれば大きめの犬もいます。

また、性別の違いでも多少変わります。

フレンチブルドックの平均体重というのはあくまでも目安ですが、適正な体重を維持することは健康に過ごすためにとても大切です。

犬も肥満によって体に負担がかかり、病気になることは少なくありません。

愛犬のフレンチブルドックに合った体重を維持してあげましょう。心配であれば動物病院で獣医師に相談してください。

フレンチブルドックの年齢別の体重推移

フレンチブルドックの平均体重

フレンチブルドックの成犬の平均体重は10~13kgです。

フレンチブルドックに限らず、犬は大体1年ほどで成犬になるのでその時点での愛犬の体重をきちんと把握しておき、適正体重をキープできるようにしてあげましょう。

フレンチブルドックの子犬期

生まれたばかりのフレンチブルドックの子犬は体重数百グラムほどですが、生後3か月で3kg前後になります。

生後5か月で5kgほどになり、7か月では7~8kgくらいにまで成長します。

体の大きさは8か月頃に成犬と変わらないほどになり、1歳になる頃には10kgくらいまで増えます。

生後3か月あたりでなかなか体重が増えない場合は、寄生虫がいる等の原因があるかもしれません。

定期的に体重を測定をし、問題なく成長しているかをチェックしていきましょう。

フレンチブルドックの成長には個体差があります

フレンチブルドックは1年ほどで成犬になりますが、中には1歳数ヶ月まで成長を続ける犬もいます。

成長には個体差があるので、太り過ぎ等の問題がなければ大丈夫です。

肥満に注意しながら適量の食事と適度な運動をさせることで適正体重をキープしてあげましょう。

歳をとったフレンチブルドックの体重

フレンチブルドックの高齢犬は太る?

歳をとったフレンチブルドックでも、食欲はあるのに運動量が減れば太っていきます。

若い頃と同じように食事を与えていても、年齢を重ねることによる生活スタイルの変化により太ってしまうこともあるのです。

高齢になると肥満による病気のリスクは若いフレンチブルドックよりも高まります。

長生きしてもらうためにも、生活や体の状態に応じて食事内容を考えてあげることが大切です。

フレンチブルドックの体重管理のための食事

高齢のフレンチブルドックはシニア用の食事に変える等、年齢に合った管理が必要です。

若い頃のようには動かなくなったのに食事内容が変わらなければ肥満になり、足腰に負担がかかる上に太り過ぎが原因となる病気にもかかりやすくなります。