しっぽの動きから読み取れるパピヨンの5つの気持ち

よくパピヨンを観察してみると、しっぽを大きく振っていたり、下向きに垂れていたりすることがあるかと思います。実はこのようなしっぽの動きは、パピヨンの気まぐれからではなく、コミュニケーション手段として、さまざまな気持ちを表しているのです。これは人間に対してだけではなく、ほかの犬に対しても同様にやります。そこで、しっぽの動きには、どのような気持ちが込められているのか、お届けしていきます。

しっぽの動きから分かる気持ち

しっぽにはどのような気持ちが込められているのでしょうか。具体的にみていきましょう。

喜んでいる・興奮している

しっぽを立てて、左右に大きく振っているのは、喜んでいる気持ちの表れです。飼い主が外出先から帰って来たときや散歩に行く前など、ブンブンとしっぽを振る姿を見たことがあるのではないでしょうか。このように嬉しい気持ちのときは、飼い主のまわりを歩きまわったり、ついて来たりもしますので、しっぽを見れば喜んでいるのは一目瞭然でしょう。また、興奮しているときも、しっぽを立てて左右に振りますが、喜んでいるときほどは大きく振りません。また、このようなときは、嬉しい気持ちから興奮しているとは限らないので注意が必要です。というのも、初めて会った犬がしっぽを振っていたから、喜んでいるのもだと思って近づいたら、すごい勢いで吠えられたなんてこともあったりします。そのため、興奮しているようなときは、様子を見ながら接するようにしましょう。

リラックスしている

しっぽを少し下向きにして左右にゆっくりと振っているときは、リラックスしている証です。大好きな飼い主と一緒にいるときや、仲が良い犬といるときなど、安心しているときにこのようにしっぽを動かしていることが多いでしょう。ストレスを感じておらず、非常によい状態と言えます。

警戒している

しっぽが水平になっているときは、何かを警戒しているサインです。ただし、警戒しているといっても攻撃心を持っているわけではありません。知らないものや、初めて会う犬などに対して、安心まではできないけれど気になっている、といった気持ちの表れです。

自信がある

しっぽが上にピンっと立っているときは、自信があることの表れです。とくに犬同士が会ったときにこのようにするのは、自分の方が優位だというのをアピールしていると言えます。というのも、犬は肛門腺から臭いを発しており、それが自分の存在を主張する役割を果たしています。そのため、しっぽを立てたほうが効果的に、自分の臭いを相手に伝えられるのです。したがって、しっぽを立てた姿を相手に見せることは、自信があることの証であり、優位性を確かめていると言えるでしょう。

恐怖を感じている

しっぽが後ろ足の間に入ってしまっているときは、強い恐怖心を持っている表れです。なるべくこのような思いはさせたくありませんが、例えば、病院が嫌いなパピヨンの場合、怖くてしっぽがこのような状態になってしまうことも少なくありません。非常に不安がいっぱいでストレス状態に置かれてしまっていますので、体をやさしく撫でたり声をかけてあげたりして、安心させてあげるようにしましょう。

気持ちを表してないときもある

実は、しっぽは気持ちを表す以外にも、別の役割も果たしています。というのも、パピヨンは走ったり、ターンやジャンプをするとき、しっぽの向きを変えながらバランスを取って、転倒しないようにしています。したがって、いつも何かしらの気持ちを表しているとは限らなかったりするのです。

まとめ

しっぽの動きによって、こんなにさまざまな気持ちを表しているのですね。ましてや、しっぽを大きく振って喜んでいたら、なおのこと嬉しい限りです。また、しっぽに込められた気持ちを頭に入れておけば、さらにパピヨンへの理解も深くなるのではないでしょうか。いろんな気持ちを汲み取ってあげることで、パピヨンとの生活がさらに楽しくなるといいですね。