バリエーション豊富なパピヨンの毛色とその特徴

毛色の種類

パピヨンの毛色は数種類あり、どの毛色もアンダーコートが生えていないシングルコートです。
毛色は微妙な色の変化によりさまざまなパターンがありますが、まずは代表的な毛色を覚えておきましょう。

ホワイト&ブラウン

日本では昔から人気のある定番カラー。
優しくてかわいらしい印象を与えます。

ホワイト&レッド

ホワイト&ブラウンよりも若干ブラウンが明るめですが、あまり大きな差はありません。

ホワイト&ブラック

ホワイト&ブラウンやレッドと比べると、キリッとして気品があるような印象です。
見た目の印象が違うことから、ホワイト&ブラウンとホワイト&ブラックを多頭飼いしている方もいたりします。

トライカラー

ホワイトにブラウンとブラックが混ざった3色の毛色。
近年、注目され人気があるカラーです。

認められていない毛色もある

パピヨンの毛色は、JKC(ジャパンケネルクラブ)によりスタンダードカラーの基準が定められています。
現在はホワイト単色、ブルー&ホワイトなどの毛色は認められておりません。
これは、パピヨン本来の犬質を守ることを目的とし、繁殖を慎重に行うことを促しています。

同じ毛色でも違う印象

同じ毛色であってもブラウンやブラックの位置や大きさ、鼻筋から頭頂部にかけてのブレーズと呼ばれる白い部分の比率などが個体差によってそれぞれ異なるため、見た目の印象が違って見えたりします。
したがって、すでにどの毛色のパピヨンにするのか決めている場合などは、数か所のペットショップやブリーダーで、見比べてみるのもよいでしょう。

毛色は変化していく

子犬の頃と成犬になってからとで、毛色の変化が見られるのもパピヨンの大きな特徴です。
よくあるケースとして、例えばパピヨンの販売先で、ホワイト&ブラウンを飼いたいと伝えたにも関わらず、実際に見せてもらった子犬が黒っぽかったりすることがあります。
子犬を最初に見たとき、「これは希望の毛色ではないのに…」と思うかもしれません。
しかし、成犬になると色が落ち着いていき、ホワイト&ブラウンの毛色に変化していくのが一般的です。
もし希望している毛色があるような場合は、その写真などを販売先に持っていき、念のために将来その色になるのかを確認してみるとよいでしょう。

毛色を引き継ぐ際の注意点

パピヨンを飼ったら、将来的にはその犬と同じような美しい毛色を持った子犬を生ませたい、と考える飼い主の方もいます。
しかし、交配相手のパピヨンはブリーダーなど、プロの方にお願いして探したほうがよいでしょう。
というのも、同じ毛色同士を交配させれば、子犬も親犬と同じ毛色になるとは限らないからです。
また、交配はパピヨンらしい毛色を保っていくことも大切なポイントです。
交配の組み合わせ方がよくないと、色素が薄いパピヨンが生まれてしまうこともあるので、その道のプロに相談して行うほうが安心です。

まとめ

パピヨンの毛色は、ブラウンやブラックの位置やその占める割合にもよって、無数にパターンがあるため、じっくりと気に入った一匹を見つけるのがよいかと思います。
また、足と体にホワイトが多いほうが望ましいとされていますが、実際には、あまりこだわっていない飼い主の方も少なくありません。
どの毛色にもそれぞれのよさがありますので、気に入った毛色のパピヨンを見つけて、飼育していってくださいね。