成長過程に合わせて選ぼう!パピヨンにおすすめの首輪とは?


子犬期

子犬の頃は首輪を嫌がって、自分で取ろうとすることも少なくありません。
そのため、まずは首輪に違和感を感じないようなものを選ぶとよいでしょう。
まだ体も小さいですので、首輪は布やナイロン製の軽いものが向いています。
また、首輪のサイズは首まわりに合ったものにするようにしましょう。
首輪をしたときに指が2本入るぐらいがベストです。
首輪は成犬になったら、再度サイズが合ったものを買いなおす必要がでてきますので、最初は手頃な値段のもので十分です。
そのため、もしオーダーメイドの首輪などを考えている場合は、成犬になってサイズが安定してから購入するほうがよいでしょう。

成犬期

成犬になると子犬の頃より力もついてきますので、革製のベルトタイプの首輪のほうが丈夫で安心でしょう。
また、散歩中にグイグイと前に歩いていってしまうクセがとれない場合は、ハーフチョークがおすすめです。
ハーフチョークは、装着時はゆったりとしていますが、犬が前に進み過ぎると、首輪がきつくなるような仕組みになっているため、飼い主と同じペースで歩くことを、覚えさせるしつけに役立ちます。
首輪がきつくなると言っても、がっちりと絞めつけるようにはならないので、心配する必要はありません。
また、フルチョークもありますが、こちらは知識のある専門の方でないと使いこなせませんので、間違えて選ばないように気をつけてください。

老犬期

老犬になってくると足腰も少しずつ弱ってきますので、首輪よりもハーネスのほうが向いているでしょう。
ハーネスは体全体を支えるため、力が分散されて体にかかる負担が少なくて済みます。
老犬になっても散歩に連れて行って外の刺激に触れさせるのは、老化の予防にもなりますので、無理のない範囲で続けることが大切です。

ハーネスは上手に活用しよう

ハーネスには前述したようなメリットがあります。
そのため、子犬の頃から使っている飼い主も少なくありませんが、ハーネスならではのデメリットも覚えておく必要があります。
それは犬の頭の向きをコントロールできないことです。
というのも、散歩中に落ちているものを、犬がうっかり食べようとしたら、首輪だとすぐに引っ張って頭を上げさせることができますが、ハーネスの場合は、瞬時に防止できるとは限りません。
とくに子犬の頃は好奇心旺盛ですので、十分な注意が必要です。
そのため、散歩のしつけをしっかりと行った上で、使うようにするのが安全でしょう。
また、気管支や呼吸器が弱い場合などは、首輪ですと負担がかかってしまいますので、ハーネスのほうが向いています。

まとめ

布やナイロン製の首輪は軽くて手洗いができる、革製のものは丈夫で長持ち、ハーフチョークはしつけに役立つ、ハーネスは体への負担が少ないといった、それぞれの長所を理解して上手に使うのがよいでしょう。
素材は、個体差によって好みがあったりしますので、最初はいろんなタイプを試してみるのもよいかもしれません。
かわいいパピヨンに似合う、素敵な首輪をつけてあげてくださいね。