ヨークシャーテリアにオヤツは必要?おすすめのオヤツは何?

ヨークシャーテリアは飼い主にとっては子ども同然です。人間がティータイムでお菓子を食べている時は欲しそうな顔でじっと見つめてきますよね。たまには吠えておねだりすることも。そんな時は思わず与えてしまいそうになりますが、ヨークシャーテリアにオヤツを与える場合の注意点はどういうことなのか、まとめてみました。

ヨークシャーテリアにオヤツは必要?

ヨークシャーテリアは超小型犬なので、食べ過ぎると肥満になってしまうことがあります。食事はドッグフードだけで十分で、他のものはあまり与える必要はありません。しかし、場合によってはあったほうが便利なこともあります。

トイレのしつけや散歩、ハウスのしつけ等の時には、オヤツはご褒美にあったほうが便利です。ただし、ずっとオヤツを与え続けるというのは肥満の原因になったり、食事を食べなくなったりする原因になるので避けましょう。またお留守番の時に、長持ちするオヤツを与えておくのもいいでしょう。いずれの場合も、与えすぎには要注意です。ご褒美のオヤツはボーロやビスケットなどの小さなもの、留守番の場合は、ジャーキーのような少し固めのものがいいですね。留守番の場合は、長すぎるもの、硬すぎるものは危険ですので、避けておいたほうが無難です。

人間のオヤツはNG!おすすめは?

ヨークシャーテリアが人間の食事やお菓子を欲しがることは、よくあることです。しかしヨークシャーテリアに人間用の味付けのものを食べさせるのはNGです。犬にとって人間用の味付けをしたものは糖分や塩分、カロリーが高すぎます。ほんの少しのつもりでも、体が小さなヨークシャーテリアにはかなりの量になってしまうことがあります。またチョコレートなど、犬が食べてしまうと危険なものも多いので、誤食にも気をつけるようにしなければなりません。

小さなヨークシャーテリアにおすすめのオヤツは、小さくて口どけの良いポーロや野菜入りのビスケット、野菜入りのジャーキーやさつまいもで作ったオヤツが良いでしょう。歯磨きを嫌がる犬には歯磨き効果があるオヤツもおすすめです。あまり硬すぎるガムやジャーキー、大きすぎるガム、長すぎるガムは喉に詰めてしまう危険性が高いので、小さくして与えるか、目の届くところで食べさせるかにしましょう。犬用のガムは好みに差がありますので、あまり食べない犬も多いです。食べない場合は無理して与えないようにしましょう。

手作りするなら?

市販のおもちゃは安心できないという場合は、手作りしてみてもいいですね。手作りと言っても難しいことをする必要はありません。蒸したサツマイモや焼き芋などは、冷めたらそのままで与えることができます。

生野菜を食べられるなら、人参やきゃうりのスティックなどもいいですね。またりんごなどの果物もいいでしょう。ただし野菜や果物には犬が食べると危険なものがありますので、必ず犬が食べても大丈夫なものかどうかを確認してからにしましょう。

まとめ

ヨークシャーテリアにはオヤツはなくても大丈夫ですが、しつけの時にあると便利です。与える場合は与えすぎないようにして、無理なく食べられるものを選びましょう。人間用に作られたオヤツはカロリー過多になりますので、与えないようにしましょう。手作りのオヤツを作るのもおすすめですが、犬が食べられない食材も多いので、必ず確認してからにしましょう。手作りの場合は余計な味付けは不要です。素材の味を生かしましょう。