ヨークシャーテリアと一緒に、ドッグカフェに行ってみよう


ドッグカフェってどんなところ?

ドッグカフェは、その名の通り犬と一緒に行けるカフェのことです。
外国の中には、犬を連れて出かけるのは当たり前のことで、一緒にレストランに入ったりホテルに宿泊できる国もありますが、日本では、「ペット連れ可能」とされている場所にしか、一緒に行くことはできません。
ペット連れで行ける飲食店には、ドッグカフェとして営業しているお店と、ペット同伴可能として営業しているお店の2種類があります。
ドッグカフェとして営業しているお店は、犬連れのお客様が楽しめるようにとの目的で経営されているため、お客様もほとんどが犬連れです。
ペット同伴可能のお店に関しては、お店のご厚意で同伴してもいいとされているお店ですので、当然犬連れでないお客様や、犬が苦手なお客様もいらっしゃいます。
犬連れの場合は確かにドッグカフェの方が利用しやすく敷居が低いですが、だからといって何をしても許されるというわけでは決してありません。
いずれにせよ、どちらの場合もきちんとルールを守って皆さんが楽しく気持ちよく利用できるように飼い主さんも配慮しなくてはなりません。

ドッグカフェってどこにあるの?

現在では、ドッグカフェ・ペット同伴可能のお店もかなり増えて来ました。
インターネットで「ドッグカフェ」と検索すれば出て来ますし、ご近所にドッグカフェが無いか是非調べてみてください。
ただし、飲食店の経営はドッグカフェに限らず大変難しいものでもあります。
インターネット情報上では経営されているお店でも、実際に行ってみたら閉店していたというお店も少なくありません。
人が楽しむ場合は、別のお店を探せばいいですが、ペット連れの場合は一緒に入れるお店も限られますので、ワンちゃんと一緒にお出かけの際には必ずお店に直接問い合わせるようにしてくださいね。
また、以前はペット同伴可能であったお店でも、一部のマナー違反者のために、ペット同伴不可になってしまったお店もたくさんあります。
ドッグカフェではなく、ペット同伴可能のお店に行かれる際も、必ずペット連れ可能かどうかを問い合わせてからお出かけください。

ドッグカフェでのマナーは?

一般的に、ドッグカフェを利用するにあたってのマナーですが、

  • お店に入る前に、トイレを済ませておく。
    また、万一お店で排泄してしまったらお店の方に謝って、自分で処理を行う
  • 男の子はマナーバンド、女の子はマナーパンツをはかせる
  • 毛の飛びちり防止のために洋服を着せる
  • ノーリードにさせない
  • 無駄吠えさせない。
    無駄吠えしてしまう子はドッグカフェに行かない方が良い(他のワンコさんの吠えを誘導することになり、大変迷惑です)
  • ヒート中(生理中)の女の子は連れて行かない
  • 他のワンちゃんを勝手に触ったり、おやつをあげたりしない
  • お店のテーブルに前足を置いたり、人用の食器を使わせない
  • お店の椅子に直接座らせない

などが挙げられます。
また、お店によってはお店独自のルールを決めておられる場合もありますので、その場合はもちろんお店のルールに従ってください。
椅子にカフェマットを敷いても座らせてはいけない、ペットカートの乗り入れを禁止しているというお店も中にはあります。
逆に、無駄吠えしてしまう子や、ドッグカフェに行ったことが無い子のカフェデビューの場として、提供してくれているお店もありますので、ご心配の方は一度お店にご相談くださいね。

ドッグカフェに持って行くと便利なもの

普段、お散歩グッズとして持ち歩いているもの(ウンチ袋、ビニール袋、リード、水)の他に、カフェマット、お水入れ、タオル、おやつなどを持参すると良いでしょう。
また、多くのドッグカフェでは店内入店可能としてありますが、ペット同伴可能のお店の中には、テラス席のみペット同伴可能としているお店もあります。
屋外のみペット連れ可能であるといったばあいは、真冬や真夏の利用は避けましょう。
ワンちゃんにとっては大変危険であり、最悪の場合命にかかわります。
利用時期によっては、保温グッズや保冷材などのグッズを利用するのも良いですね。

ルールを守って楽しいひと時を

ドッグカフェであっても、犬連れの方が優先利用できるというわけではありません。
あくまでも、お店の厚意でペットを連れて楽しんでもらっていいですよというスタンスであるということを忘れずに、お店の利用にあたっては、感謝の気持ちを忘れずにしたいものです。
このように、謙虚な気持ちで利用すれば、誰も嫌な思いをしなくてすみますし、お店の方にも利用者にも気持ちよく楽しい時間を過ごすことができますよね。