フレンチブルドックにはどんな首輪を選ぶのがベスト?

フレンチブルドックを散歩に連れていく時等、外出時に必ず必要なものが首輪です。迷子になった時の身分証であり、いざという時のコントロールにもなる大切な首輪や胴輪は、どのように選んだら良いのでしょうか。適切な首輪を選んであげないと、大変なことになることもあります。たとえば大きな音や他の犬に襲われて驚いた時、首輪が緩いと抜けて道路に飛び出してしまうかもしれません。愛犬の命を守るためにも、正しい首輪選びのポイントを知っておきましょう。

フレンチブルドックにおすすめの 首輪の種類

首輪にはベルトタイプ、バックルタイプ、チェーンタイプ等たくさんの種類があります。

半分が革製で、もう半分はチェーンになっている首輪もあります。

チェーンタイプの首輪は引っ張ると首が締まって苦しいので引っ張りグセのある大きな犬等に使われることが多い一方で首への負担もあり、フレンチブルドックのように呼吸器に心配がある犬種への使用は特に注意が必要です。

フレンチブルドックを飼い始めたら最初にしっかりと引っ張りグセを直すしつけをし、信頼関係を作った上で散歩をするのが理想です。

首輪を使うメリット・デメリットは?

首輪のメリット

  • 指示が伝わりやすく、しつけがラク
  • 引っ張りグセのある犬をコントロールしやすい
  • 装着方法が簡単
  • デザインが豊富

首輪のデメリット

  • 呼吸器に負担がかかる
  • 首回りに皮膚疾患があると症状が悪化することがある
  • 付け方が悪いと首を圧迫したり、抜けたりして危険

フレンチドックにおすすめの首輪の選び方

フレンチブルドックに新しい首輪を付けた時には、皮膚が赤くなったり痒がったりしていないかチェックすることが大切です。

何等かの異常がみられる時には首輪の素材が合わないと考えられるので、別の首輪に買い替えましょう。

もちろん、途中で切れてしまったりすることがないよう強度も重要です。また、愛犬の首の長さに合う適切な幅であることも、首輪選びの大切なポイントです。

首輪の付け方

フレンチブルドックの首回りのサイズに合ったものを選びましょう。

フレンチブルドックに首輪を付けた状態で首と首輪のすき間に指を入れてみて、2本入るくらいがちょうど良いサイズです。

1本しか入らなければキツいので首や喉に負担がかかり、反対に3本以上入る首輪は緩過ぎて抜けてしまう恐れがあります。

また、愛犬が迷子になった時のために鑑札やネームプレートなどを首輪に付けておくことも忘れないようにしましょう。

フレンチブルドック,首輪.ハーネス

フレンチブルドックにハーネス(胴輪)をするメリット・デメリットは?

ハーネス(胴輪)のメリット

  • 呼吸器に負担がかからない
  • 高齢犬にも適している
  • 呼吸を妨げる心配がないので運動しやすい
  • 首輪と比べ抜けてしまう可能性が低い

ハーネス(胴輪)のデメリット

  • 負担がない分指示が伝わらず、しつけがしにくい
  • 引っ張りグセのある犬はコントロールが難しい
  • 胴輪に慣れていない犬は嫌がることがある

フレンチブルドックのハーネス(胴輪)の選び方

ハーネスにも首輪と同様いくつか種類があるので、用途に合わせて選ぶ必要があります。

最近は夏には涼しく、冬には暖かく使用できるものや、ハーネスのデメリットをカバーするようなものもあります。

さらにはフレンチブルドック用のハーネスもあるので、サイズや素材も考慮した上で愛犬に合うものを選びましょう。

フレンチブルドックにはどんな首輪を選ぶのがベスト? 最後に

フレンチブルドックの首輪の選び方にはいろいろなポイントがあるので、複数のタイプを状況や用途によって使い分けるのも良いでしょう。

首輪やハーネス(胴輪)を付ける時、フレンチブルドックが嫌がると可哀想に感じるかもしれません。

しかし思わぬトラブルを回避できるだけでなく、時には命さえ守ってくれる大切なものです。

無理強いする形にならないよう上手く慣れさせていくことは、飼い主さんの重要な義務ともいえます。