フレンチブルドックにはどんな首輪を選ぶのがベスト?


フレンチブルドックにおすすめの 首輪の種類

首輪にはベルトタイプ、バックルタイプ、チェーンタイプ等たくさんの種類があります。

半分が革製で、もう半分はチェーンになっている首輪もあります。

チェーンタイプの首輪は引っ張ると首が締まって苦しいので引っ張りグセのある大きな犬等に使われることが多い一方で首への負担もあり、フレンチブルドックのように呼吸器に心配がある犬種への使用は特に注意が必要です。

フレンチブルドックを飼い始めたら最初にしっかりと引っ張りグセを直すしつけをし、信頼関係を作った上で散歩をするのが理想です。

首輪を使うメリット・デメリットは?

首輪のメリット

  • 指示が伝わりやすく、しつけがラク
  • 引っ張りグセのある犬をコントロールしやすい
  • 装着方法が簡単
  • デザインが豊富

首輪のデメリット

  • 呼吸器に負担がかかる
  • 首回りに皮膚疾患があると症状が悪化することがある
  • 付け方が悪いと首を圧迫したり、抜けたりして危険

フレンチドックにおすすめの首輪の選び方

フレンチブルドックに新しい首輪を付けた時には、皮膚が赤くなったり痒がったりしていないかチェックすることが大切です。

何等かの異常がみられる時には首輪の素材が合わないと考えられるので、別の首輪に買い替えましょう。

もちろん、途中で切れてしまったりすることがないよう強度も重要です。
また、愛犬の首の長さに合う適切な幅であることも、首輪選びの大切なポイントです。

首輪の付け方

フレンチブルドックの首回りのサイズに合ったものを選びましょう。

フレンチブルドックに首輪を付けた状態で首と首輪のすき間に指を入れてみて、2本入るくらいがちょうど良いサイズです。

1本しか入らなければキツいので首や喉に負担がかかり、反対に3本以上入る首輪は緩過ぎて抜けてしまう恐れがあります。

また、愛犬が迷子になった時のために鑑札やネームプレートなどを首輪に付けておくことも忘れないようにしましょう。

\フレンチブルドック