シーズーの出産までの過ごし方とは?

オス犬と交配をし、無事に妊娠が確認できたら、次は出産までの過ごし方も大切になってきます。妊娠期間中の注意や過ごし方など、飼い主もしっかりと知識を身に付けておくと、犬にとっても飼い主にとっても、少しでも安心して出産に備えられますよね。では、こちらを参考にしてください。

犬の妊娠期間とは?

犬の妊娠期間を知っていますか?期間は大体、58~63日(9週間)です。小型犬と大型犬では妊娠期間の日数も少し違ってきます。小型犬は少し期間が短く、さらに胎児の頭数も少なめです。一方、大型犬は妊娠期間が少し長く、胎児の頭数が多いという傾向にあります。大体それぞれ一度に妊娠する頭数は、小型犬は3~4頭で大型犬は8~10頭くらいです。

妊娠中の過ごし方

妊娠前期(1~3週)

この頃は、味覚の変化があらわれます。今まで食べていたフードを受け付けなくなることもあります。時々、嘔吐をする場合もあります。(これは人間と同じで、つわり症状)
また犬は交配してから着床するまで、3週間ほどかかります。なので、過度な運動などは控えてください。流産の危険があります。

妊娠中期(4~6週)

妊娠5週目頃から、乳腺が張ってきます。そして6週目頃から、だんだんとお腹も大きくなってきます。お腹が大きくなるにつれ、あまり活動的ではなくなります。しかし、食欲が回復してきます。よく食べるからとっても、フードの与えすぎには注意してください。過度に体重が増えすぎると足腰や出産時にも影響しますので、飼い主は、食事管理もしっかりおこなってください。与えるフードの量はかかりつけの動物病院の獣医師などに相談するのもいいと思います。
この時期は、外陰部から出る粘液が、血が混ざった色や悪臭がすることがありますので、その場合はすぐに動物病院に行きましょう。

妊娠後期(7~9週)

いよいよラストスパートです!!8週頃から胎動が確認できるようになってきます。さらに、お腹や乳腺が今まで以上に、パンパンに張ってきます。また食欲が減ってくることもありますが、これは胎児が成長していることにより、母犬の胃が圧迫されているからです。一度に食べられる量が減ります。様子を見ながらフードの回数を分けてあげましょう。
この時期は、階段などの段差に注意してあげましょう。また、抱っこする際にもあまり、お腹に触れないようにしましょう。

妊娠中に出産準備を!

妊娠中に出産に備えて、しっかりと準備をしておくことも大切です。では、何を準備したらいいのでしょうか?簡単にまとめました。
産箱(大きさは母犬が横に寝そべった時の2倍ほどあるといいです)、体温計、はかり、タオル(数枚)、ハサミ、糸などです。
また、かかりつけの動物病院などにも、もし、帝王切開になった場合の費用や緊急時の連絡先を確認しておくといいです。

まとめ

いかがでしたか?人間と同じで、犬にとっても出産というのはとても、大変なことです。だからこそ、飼い主も知識を身に付けることが大切ですね。人間の妊娠期間は約10か月ですが犬は約2ヵ月なので、妊娠の確認ができたら、少しずつ出産に備えての準備を進めていきましょう。