ヨークシャーテリアってオスとメスでは性格違うの?

ヨークシャーテリアに限らずですが、犬って本当にそれぞれ!多頭飼いをされている方は、1匹1匹違うことに毎日驚きと喜びを感じておられると思いますが、オスとメスでも性格は随分違うもの。既に両方飼っておられる方は、その違いを楽しんで飼育なさっていることでしょう。今からヨークシャテリアを迎えようとしている方で、オスにしようかメスにしようか迷っておられる方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな方に少しでも参考になればいいなと思います。

一般的な男女の違い

ワンちゃんは、一般的にメス犬の方が実は気性が荒いとされています。それは、母性があるからです。子供がいようがいまいが、「母親」という遺伝子を兼ね備えているので、小型犬は特に何かを守ろうとする気性が備わっているようです。人間でも同じことが言えますが、男の子の方が甘えたさんですよね。 とはいえ、もちろん個体差がありますので、気性の荒いオス、穏やかなメスも多く存在します。生まれつきの性格の遺伝子も作用しますが、多くは飼育環境によって決まってきます。飼い主さんが穏やかな場合は、オス・メス両者共に穏やかなワンコが多く、明るく天真爛漫な飼い主さんの場合はワンちゃんもそのように育つ傾向にあります。

ヨークシャーテリアのオスを飼うのに注意すべき点

動物は、オスの方が美しいとされていますよね。これは、メスの気を引くためにそうなったとの説もありますが、犬も同様にオスの方が毛吹きが良い場合が多いです。ヨークシャテリアのオスも、大変毛並みが美しく、正しい手入れをすれば飼い主ながらため息をつくほど美しい犬に成長してくれます。 飼う上での注意点というよりは、オスのこの性質をいつまでも保ってあげられるように、お手入れ方法をきちんと学びましょう。ヨークシャーテリアは、トリミングでさまざまな表情を見せてくれる犬種ですが、できればヨークシャーテリアに詳しいトリマーさんにお願いするのが良いですね。普段の手入れ方法も教えてくれますよ。

ヨークシャーテリアのメスを飼うのに注意すべき点

メスのヨークシャーテリアも、オスのヨークシャーテリアと同じく、毛並みが大変美しいので、お手入れ方法を学ぶのはもちろんですが、排泄部分がオスよりも後ろ側についているので、その部分が汚れてしまったり、細菌が入りやすくなったりします。常に清潔にするよう心がけましょう。 また、未避妊のヨークシャーテリアに多い病気が子宮蓄膿症です。この病気は大変恐ろしい病気ですので、避妊を考えてないご家庭では特に、日頃から注意して観察してあげてください。犬はもともと我慢強い生き物ですので、痛がる場合は既に手遅れであることも多いのです。どろっとしたおりものが出てないか、血液が混ざったおりものが出てないかなど注意しましょう。

同性を多頭飼いする場合の注意すべき点

オス犬同士、メス犬同士で仲良しのヨークシャーテリアも多いのですが、同性同士で喧嘩になる仔もたくさんいます。特に、同年代では上下の差がつきにくいため、両者ともに譲らずに怪我を伴う喧嘩をすることも多々あります。保護犬ではなく、ショップやブリーダーから迎える場合は、相性が合うかどうかを試せる期間がありませんので、もし相性が悪い場合は、それなりに対策を考えなくてはなりません。 残念ながら、先住犬との相性が合わないという理由で、保健所に持ち込む人も少なくありませんが、必ず対策は見つかりますので、安易に手放すことは考えずに色々な機関に相談してみましょう。

みんな違ってみんな良い

ヨークシャーテリアファンの中にも、男の子にこだわって育てている方、女の子だけ飼育される方、さまざまです。それぞれのこだわりがあって良いと思いますが、みんな違ってみんな良いのです。それぞれの個性や良いところを見つけて、ワンコライフを楽しんでくださいね!