フレンチブルドックにもトリミングは大切!その理由は?


フレンチブルドッグの基本情報

フレンチブルドック

フレンチブルドッグは、名前から想像できる通り、フランス出身の犬になります。

ブルドッグが先祖ですが、大きさだけではなく、耳の形や性格など様々な部分が異なります。

フレンチブルドッグの愛嬌のある顔は、その見た目の可愛さから様々な商品のモデルになり、フレンチブルドッグを飼っていない人にも人気があります。

フレンチブルドッグの身体的特徴

  • 原産地:フランス
  • 大きさ:中型犬
  • 体重:8〜13kg以下
  • 体高:26〜31cm
  • 被毛:ダブルコートの短毛
  • 毛色:フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム
  • 平均寿命:10〜14歳
  • 価格相場:20〜30万円

フレンチブルドッグは触るとよくわかりますが、骨格がしっかりしていて筋肉質な体型が特徴になります。

また、大きなコウモリ耳(バットイヤー)も特徴の1つです。

被毛はビロードのように艶があり、短毛なので抜け毛が少ないようなイメージですが、実はダブルコートなので抜け毛が多いのが悩みの種になります。

見た目から丈夫そうに見えるフレンチブルドッグですが、大変デリケートな皮膚を持っていたり、関節が意外と弱かったりします。

短頭種特有の呼吸器の疾患の心配もあるので、定期的な検診が必要になります。

フレンチブルドッグの性格・気質

フレンチブルドック
  • 愛情深い
  • 遊び大好き
  • 食べ物大好き
  • 活発
  • 社交的
  • 甘えん坊
  • 穏やか
  • 無駄吠えが少ない

フレンチブルドッグは大変穏やかな性格で、攻撃的になることがほとんどなく、無駄吠えも少ないのでマンションなど、集合住宅で飼うのにはベストな犬種になります。

またポジティブな性格で、常に楽しいことを探し、何かに夢中になると大興奮ではしゃぎます。

人のそばにいることが大好きで、名前を呼ばれただけでマックスな喜び方をするほどです。

社交的なので、人が集まっている中にグイグイと間に入って、まるで仲間の一員のように振る舞い、いつの間にか話題の中心にいたりします。

活発ではありますが、ガチャガチャうるさく動くわけではありません。

のんびりマイペースではありますが、一度スイッチが入ると我を忘れて大興奮することがあり、特に、大好きな食べ物が絡むと真剣度が違います。

トリミングとは

フレブル,フレンチブルドック,ブサカワ犬

トリミングと聞くとカットをイメージする人が多いのではないでしょうか。

そのため短毛種のフレンチブルドックには不要では?と思うかもしれませんが実際はカットだけに留まらず、ブラッシングやシャンプー、ドライ、爪切り、耳掃除等、いろいろなケアを含めてトリミングといいます。

トリミングショップではカットメニューとシャンプーメニューが分かれていることが多く、いろいろなケアとあわせて全身のカットが必要な場合はカットメニューでお願いするのが一般的です。

また、トリミングはプロのトリマーさんにお願いするだけでなく、自宅で飼い主さんご自身が行うことももちろんできます。

フレンチブルドッグのように、定期的に全身カットを必要としない犬種の場合、自宅で飼い主さんがお手入れしてあげる方が、フレンチブルドグにとってもストレスがないのでおすすめします。

フレンチブルドックのトリミング

フレンチブルドックのトリミング① カット

フレンチブルドックは短毛種なので全身のカットは不要ですが、部分的なケアが必要な場合があります。

たとえば足裏の毛が伸びてフローリングで滑ってしまう時には、転倒によるケガを防ぐためにカットやバリカンで短くしてもらうと良いでしょう。

汚れがちなお尻の周りの毛も短くカットしてもらうと、万一下痢をした場合等のお世話がラクになります。

◆フレンチブルドッグの足裏の被毛カット方法

足裏の肉球の間には被毛が生えています。

ケガ防止で短くカットすることが必要なのですが、ハサミでは肉球の間の狭い部分のカットは難しく、万が一肉球を傷つけてしまっては危険です。

バリカン(クリッパー)を使うのが1番簡単で安全な方法になります。

「足裏の被毛カット方法」

  • 仰向けで抱っこできる場合は、膝に乗せて抱っこし、無理な場合はテーブルの上などやや高いところに、犬が滑らないようにマットを敷いて、犬を乗せます。
  • 利き手でクリッパーを持ち、別の手でカットする犬の手を取り、優しく肉球を押します。
  • 肉球を押すと自然と5本指が軽く開くので、静かにクリッパーで肉球の間に伸びてきた被毛を刈っていきます。

全部剃る勢いでやってしまうと、肉球を傷つける可能性があるので、短く切るという気持ちで、皮膚ギリギリまでからないことがポイントになります。

フレンチブルドックのトリミング② シャンプー

フレンチブルドックにシャンプーは頻繁にする必要はありませんが、定期的にシャンプーをすることで皮膚の清潔を保てます。

皮膚疾患等があるフレンチブルドックには、病院で処方された薬用シャンプーを用いることもあります。

人間用と犬用のシャンプーとでは成分が違うので、きちんと犬用のシャンプーを用意しましょう。

◆フレンチブルドッグのシャンプーの頻度

フレンチブルドッグは皮膚がデリケートなことが多いので、使うシャンプーは刺激の少ないものをおすすめします。

シャンプーの頻度は月に2〜3回程度が目安になります。

ただし、アレルギーで炎症を起こしていたり、皮膚にトラブルがある場合はその限りではないので、獣医さんの指示に従いシャンプーをするようにします。

フレンチブルドックのトリミング③ ドライ

フレンチブルドックをシャンプーした後はしっかり乾かす必要があります。

いくら短毛種のフレンチブルドックでも濡れたままにすると菌が繁殖し、皮膚疾患を招く原因になります。

◆フレンチブルドッグの顔のシワのドライは念入りに

シャンプー後、全身をしっかりドライしているつもりでも、ついつい忘れがちなのがフレンチブルドッグの「シワの中」ではないでしょうか。

そこをしっかり乾かさないと、どうしても蒸れやすく、汚れも溜まりやすいので、シワの部分は頻繁に拭いてあげないと雑菌が溜まり、臭いの原因になります。

皮膚の炎症にも繋がりますので、しっかり拭いて清潔を保ちましょう。

フレンチブルドッグのトリミング④  ブラッシング

フレンチブルドッグは短毛なので、ブラッシングは不要?と思われがちですが、ブラッシングをすることで皮膚のマッサージになるので、血行が良くなり、被毛にツヤが出て皮膚も健康になるので、ラバーブラシなどを活用してブラッシングを日課にしましょう。

フレンチブルドックのトリミング⑤ その他のケア

フレンチブルドックにシャンプーやカットとあわせて定期的なケアが必要なことには、爪切り、耳掃除、肛門腺しぼりなどがあげられます。

◆フレンチブルドッグの爪切り

定期的に爪切りをしてあげないと、爪が伸びすぎてしまうと肉球に食い込んでしまったりしてケガをすることがあります。

また爪は爪の中で神経も一緒に伸びていくので、定期的に切ってあげないと、一気に短く切ろうとすると、中の神経まで切ってしまい大変痛く出血します。

目安はだいたい月に1回、爪の伸び具合を見てカットするようにしましょう。

◆フレンチブルドッグの耳掃除

フレンチブルドッグの耳は立ち耳で通気性がいいので、耳に関しては炎症を起こすことが少ないと言われています。

毎日のケアは必要ありませんが、シャンプー後や2週間に1回、イヤークリーナーを湿らせたコットンやガーゼで耳の中を拭いてあげましょう。

また、耳の中の匂いを嗅いだ時、いつもと匂いが違ったり、発酵臭がするときは、耳が炎症を起こしていることがありますので、病院にかかりましょう。

◆フレンチブルドッグの肛門腺絞り

フレンチブルドッグは、しっぽが短く、肛門腺絞りは大変苦戦します。

プロのトリマーさんでも難しいというくらいなので、無理にやろうとするより、できない場合は獣医さんに任せるのも方法になります。

というのも、普通の犬のように肛門腺絞りができればいいのですが、できない場合、肛門に指を入れて出すようになるので、その場合、獣医さんにやってもらうのが安心です。

◆フレンチブルドッグの歯磨き

犬の歯磨きはもはや常識になっていますね。

子犬の頃から歯磨きに慣らすことで、成犬になってもキレイな歯をキープできます。

歯垢は数日で歯石になってしまい、歯石になってしまうと大変硬く、普通の歯磨きでは除去できなくなります。

歯周病は全身疾患の原因にもなると言われていますので、私たちが守ってあげられることは、守ってあげない理由はありません。

この記事のまとめ

フレンチブルドッグにもトリミングは大切!その理由は?
  • 体重:8〜13kg以下の中型犬。ダブルコートの短毛
  • 毛色:フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム
  • 性格は怒ることがほとんどなく、無駄吠えも少ない。人と食べ物が大好きで、興奮すると我を忘れることも
  • トリミングとは:カット以外に、ブラッシング、シャンプー、ドライ、爪切り、耳掃除等全てを含める
  • カットとブラッシング:全身のブラッシングは必須。全身カットは必要ないが、足裏の被毛は定期的にカットが必要
  • シャンプー:頻度は月に2〜3回程度
  • ドライ:全身をドライするのと、顔のシワのドライを忘れずに
  • 爪切り:目安はだいたい月に1回、爪の伸び具合を見てカット
  • 耳掃除:頻繁には必要なし。シャンプー後や2週間に1回拭き取り
  • 肛門腺絞り:自分でできないときは獣医さんにお願い
  • 歯磨き:子犬の頃から慣らす

フレンチブルドッグにもトリミングは大切!その理由は? さいごに

基本的にフレンチブルドッグのお手入れは、慣れてしまえばそんなに難しいことはありません。

毎日話しかけながらスキンシップとともにお手入れしてあげることで、フレンチブルドッグとの絆も深まり、直接触れないとわからない体の変化などにも、いち早く気づいてあげることができます。

丁寧に大切にケアされているフレンチブルドッグは、見るからに美しく、自信に満ち溢れています。

みなさんのフレンチブルドッグがみんな、自信いっぱいに健康でいられますように。