アメリカンコッカースパニエルのための良いブリーダーとは?


ブリーダーにはどんな種類があるの?

アメリカンコッカースパニエルにとって、良いブリーダーとはどういうブリーダーのことをいうのでしょうか。
またブリーダーにはどんな種類があるのでしょう。

シリアスブリーダー

アメリカンコッカースパニエルの愛犬家であることはもちろんですが、犬種のための質の向上や保存を目的として繁殖をしています。
アメリカンコッカースパニエルの持つ遺伝や血統ついての深い知識を持つブリーダーのプロと呼ばれる人のことです。
計画的な繁殖をしているため、繁殖犬に無理な出産をさせません。
また、飼い主が未定なペットショップなどに子犬を卸すことはありません。

バックヤードブリーダー

アメリカンコッカースパニエルが好きで、趣味からブリーダーになった人のことをいいます。
プロと呼ばれるシリアスブリーダーと違い、必ずしも繁殖や飼育の専門的な知識を持っているわけではありません。
今ではペットショップで売られている子犬も、このバックヤードブリーダーの子犬が多くなってきました。

商業ブリーダー パピーミル(子犬工場)

その名のとおり子犬を売買目的で繁殖させているブリーダーのことです。
多頭販売が目的のため、さまざまな犬種の繁殖をしています。
パピーミル(子犬工場)という名称のとおり、子犬を量産するために繁殖犬を使い捨てにするなど、大きな問題になっています。

すべての商業ブリーダーが悪いわけではありません。
良心的な商業ブリーダーもたくさんありますが、時々ニュースでも取り上げられることのある、ブリーダー崩壊のほとんどがこの商業ブリーダーによるものです。

良いブリーダーを見つけるために知っておくこと

将来はドックショーに出せるような子犬を、と思われるならばシリアスブリーダーから迎える必要があります。
シリアスブリーダーは質の高い純血種のアメリカンコッカースパニエルだけを育てます。
販売することが目的ではないため譲渡も高価格になります。

家庭犬として迎える場合は、バックヤードブリーダーから仕入れられた子犬を、ペットショップの店頭で見て決める場合がほとんどです。
ブリーダーの顔が直接見えないため、子犬の飼育状態を知ることができません。
子犬の可愛さにその場で即決してしまいがちですが、迎える住居環境や家族構成などじゅうぶんに検討してから決めましょう。

飼う目的によって選ぶブリーダーも違ってきます。
目的にあったブリーダーを選ぶことが大切です。

最後に・・・

アメリカンコッカースパニエルの子犬を迎えるのに一番ふさわしいのは、ブリーダーの顔がわかり飼育環境も見ることができる直接譲渡です。
今までは個人でブリーダーを探すことがなかなかできませんでした。
今ではインターネットの普及により、多くのブリーダーがネットによる情報発信をしています。
直接ネットで譲渡販売をするブリーダーも多くなってきました。
しかしネットの情報だけで良いブリーダーかどうかを見分けることは難しいことです。
気になったブリーダーが見つかったら、直接会って話を聞いてみることが必要です。
また、どんな環境で育てられているのかも必ず見ておきましょう。

繁殖者として自信があるブリーダーは、決して訪ねることを嫌がらず、どんな質問にも丁寧に答えてくれるはずです。