マルチーズには必須!トリミングについて

マルチーズは毛が長い犬種なので、被毛の手入れとカットは必須となります。また垂れ耳なので放置しておくと耳の病気にかかりやすく、耳掃除も必須です。一見簡単なような爪切りも意外と難しくコツが必要です。トリミングにはとても手がかかるマルチーズですが、どこからプロに任せるのかは、それぞれです。でもできるだけ飼い主が行って愛犬とのコミュニケーションにしたいですね。

トリミングとは?

犬のトリミングとはシャンプー、カットだけと考えている人も多いですが、実際にペットサロンのトリミングに行くと、爪切り、肛門絞り、耳掃除、そしてシャンプー・カットがセットになっていることが多いです。被毛の手入れ全般をグルーミングという場合もあり、サロンやショップなどで、どこまでがトリミングかグルーミングなのか、曖昧なところがあります。ちなみに日本でペットの美容を行う職業は「トリマー」とは呼びますが「グルーマー」とはあまり呼びません。

どこでトリミングをする?

自宅

ブラッシングは家で毎日、コミュニケーションとして行ってあげるようにしましょう。マルチーズの毛は柔らかいので手入れを怠ると毛玉になってしまいます。またシャンプーも慣れると、それほど難しくありません。カットも全身は難しいですが、お尻周りは汚くなりがちなので、気がついたらカットしてあげるようにしましょう。

ペットサロン

トリミングはペットサロンで行うという人が一番多いかもしれません。プロのトリマーに任せるのが一番きれいになって、いろいろとアドバイスもしてもらえます。ペットサロンはペットショップの中に併設されているところが多いですが、ペットサロン単体のお店もあります。

ペットホテル

急用などができたときに、ペットホテルに愛犬を預けたことがある人も多いでしょうが、ほとんどのペットホテルではトリミングも行っています。トリミングとホテルの同時利用でホテル代金が割引になるところも多いです。

動物病院

動物病院では肛門絞りや爪切りなどの手入れは行っているところが多かったのですが、最近ではシャンプーやカットなどのトリミングも行っているところが多くなっています。いつも行っている動物病院だと安心してトリミングもまかせることができますね。

爪切りのコツ

犬の爪切りはなかなか難しいのですが、爪の伸びすぎを放置しておくのは、あまり望ましくありません。伸びすぎると湾曲してくるので引っかかりやすくなり、抜けてしまうこともあります。また歩きづらくなり足を痛めることもあります。自分の体を掻くときに傷をつけることもあるので、犬用の爪切りバサミを購入して切ってあげましょう。犬の爪は中に血管が通っていて、それを切ってしまうと出血してしまいます。マルチーズの爪は白くて血管が透けて見えますので、注意して切ってあげるようにしてください。犬の爪は固くて慣れないと切るのが大変ですが、深く切らないで少しずつ切っていくようにしましょう。どうしても難しい場合は、無理をしないでプロにまかせるのが無難です。

カットのコツ

全身のカットはプロに手を借りないと難しいのですが、次にペットサロンに行くまでの間に簡単なカットはしてあげたいものです。マルチーズは放っておくと、どんどんと毛が伸びてしまって目が完全に隠れてしまいます。そこで目の周りは短くカットして、目に毛が入らないようにしてあげましょう。耳の周りの毛もすっきりとしておいたほうが良いですね。また爪の先、足の裏も毛が伸びてくると目立ってしまうのでカットしておいてあげましょう。一番肝心なのが尻尾とお尻周り。不潔になりがちなので、すっきりとカットしておきましょう。カット用のはさみはペット用のものを使用してくださいね。くれぐれも愛犬に怪我をさせないように気をつけてあげてください。

まとめ

マルチーズのトリミングはペットサロンなどに通うのが一番簡単できれいになります。しかし家でも簡単なお手入れはできますので、家でできるものは飼い主の手で行ったほうが節約にもなりますし、コミュニケーションにもなります。爪切りやカットはさみなど、刃物を扱うときには注意して、マルチーズのきれいな白い被毛を保ってあげましょう。