ポメラニアン性格は?オスとメスでの性格の違いはある?

Contents


ポメラニアンについて

ポメラニアン,茶色

ポメラニアンという犬種をご存知ですか?

時代を問わず、常にトップ10の人気犬種ランキングに登場する犬になります。

小さい顔にふわふわの被毛を纏い、歩く姿は綿菓子が歩いているよう。

人を見上げるときの顔はいつも笑顔で、私たちを思わず笑顔にしてくれるのがポメラニアンマジックです。

そんなポメラニアンの特徴を見ていきましょう。

  • 体重:1.5〜3.5kg
  • 体高:18〜22cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:「オレンジ」「レッド」「クリーム」「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」「パーティーカラー」「オレンジセーブル」「ウルフセーブル」「チョコレート」「ブルー」「ビーバー」「ブラックタン」など豊富。

見た目の特徴

とにかく被毛がゴージャスなので、実際の体の大きさは濡れたとき初めてわかるくらいで、その小ささにびっくりします。

しっぽの被毛はボリュームがあるほど美しく、ドッグショーなどで賞を取るポメラニアンのしっぽの被毛は、頭に届くほど長くボリューミーなことがあります。

また、ポメラニアンの顔には「たぬき顔」「きつね顔」の2種類と言われます。

たぬき顔…鼻が短いのが特徴で、体が小さめになる傾向。愛らしく守ってあげたくなる見た目。ややきつね顔のポメラニアンより体力は劣る。

きつね顔…鼻が長いのが特徴で、体が標準より大きくなることもあり。ただし体は丈夫なことが多い。見た目は知的でかわいいというより、美人さんという言葉がぴったり。

ポメラニアンの性格は?

ポメラニアンは好奇心旺盛で活発な天真爛漫な性格をしています。

飼い主さんや家族に対して愛情深く甘えん坊な一面もありつつ、独立心も持ち合わせています。

甘えてきたと思ったら、飼い主さんを置いて1人遊びに夢中になったりするのでマイペースな性格とも言えます。

また、ポメラニアンは気が強くて無駄吠えが多いと思われがちです。

しかし実際には、シーズーやパグなどは無駄吠えが少なく、ダックスフンドやビーグルなどの無駄吠えが多い犬種と言われていますが、ポメラニアンはその中間の犬並みで、しつけ次第で無駄吠えが多いか少ないかが決まってきます。

ポメラニアンの性格に見る「あるある話」

ポメラニアンを飼っている人だからこそわかる、ポメラニアンの「うちのポメラニアンは〜なのよ」という話がありますよね。

そういう飼い主さんの生の声は、ポメラニアンの性格を理解するのに1番わかりやすいお話になります。

では、どんな「あるある話」があるかご紹介していきます。

◆ジャンプ・ダッシュ・ターンが得意

ポメラニアンは見た目から想像できないほど活発です。

嬉しさを体一杯で表現することが大好き。

「遊んでちょうだい」「手に持っているおやつをちょうだい」

そんなおねだりのために、立っている飼い主さんにどこからでもダッシュ、そしてジャンプです。

また、嬉しい時にはバレリーナも顔負けなほど、私たちの周りをクルクルターンしてくれます。

◆ポジティブな言葉には即反応

ポメラニアンは賢く、しつけも難しくありません。

賢いので人間の言葉も容易に覚えてしまいます。

特に、「おやつ」「散歩」「かわいい」など、大好きな言葉にはかなり敏感に反応します。

どんなに不機嫌な時も、人様に「あら〜、かわいいわね」と言われると、たちまち胸を張って最上級のかわいい顔を作ります。

逆に、大嫌いな「シャワー」「爪切り」「病院」などという言葉には、理解した上で徹底的にわからないフリをし、シカトを決め込むあたりも、ポメラニアンの賢さですよね。

◆小さいけれど家族を守るハートは熱い

ポメラニアンは見た目から、つい守ってあげなきゃ…と思ってしまいます。

飼ったらわかります。

ポメラニアンは見た目以上に活発かつ、警戒心旺盛で自分よりも大きいものにも立ち向かっていく強さがあります。

そのため、知らない人や犬、物へは物怖じせずガンガンに吠えていくことがあり、その姿は小さなボディーガードです。

守ってあげるというより、守られている感がかなりあります。

頼もしくもあるポメラニアンですが、育て方1つでそんな性格のポメラニアンですので、単純にケンカ早い困った犬になることもあるため注意が必要になります。

◆見ていても飽きないのはポメラニアンの明るさにあり

ポメラニアンは見ていて飽きることがありません。

常に、好奇心旺盛に新しいものが大好きで、何かを発見すると、それを確かめずにはいられません。

それがどんなものであろうと、立ち向かっていきます。

張り切って向かって行ったくせに、それが突然動いてオーバーに逃げ出したり、思うようにそれを退治できず、怒ってみたり…

何を相手にしてでも一人で遊べるのがポメラニアンなのです。

また、一人遊びをしている顔はコロコロいろんな感情の顔に変わります。

◆飼い主の体調や感情を察知する天才

ポメラニアンは本当に優しく、特に飼い主さんを心底愛し、大切にしようとしてくれる犬種なのです。

長く一緒に暮らしていると、感受性の強いポメラニアンは飼い主さんの体調の変化にも気づきます。

いつもなら、「さぁ、散歩だ。早く連れて行け!」となるところ、控えめな散歩行こうアピールをしてくれ、歩くときも、いつものガンガン歩きではなく、ゆっくり目に歩いてくれる優しさを持ちます。

また、疲れてどうにもならない!というときや、悲しくて仕方ないときなど、そっと寄り添ってくれる温かさは、言葉を超えて癒されます。

ポメラニアンのしつけと飼いやすさ

ポメラニアン,柴犬

ポメラニアンは飼い主に対して忠誠的です。

よほどのことをしない限り飼い主に歯向かうことはないでしょう。

飼い主の表情や機嫌を読み取るのも得意で、物覚えも良いです。

褒めて伸ばすしつけでどんどん良い子になります。

シーズーやパグなどもしつけやすい犬種と言われていますが、ご褒美のおやつ目当てでしつけやすい面が強いのに対し、ポメラニアンは飼い主に対する忠誠心からしつけがしやすい犬種と言えるでしょう。

懸念されがちの無駄吠えも、しつけ次第で無駄吠えの少ないポメラニアンも多くいます。

しつけのポイントは、問題があってからしつけをするのではなく、子犬の頃から生活の中でトレーニングしていくことと社会性を身に付けることです。

子犬を迎えた時は、可愛さあまり甘やかしてしまいがちになりますが、これから一緒に長く生活していくことを考えて良いこといけないことをしっかりと覚えさせていきましょう。

ポメラニアンのお手入れと飼いやすさ

ポメラニアンはダブルコートの長毛の被毛を持っています。

シングルコートのトイ・プードルやマルチーズと比べると抜け毛が多いので掃除などに手間がかかるでしょう。

それでも、チワワも同様に抜け毛が多い犬種でありながら大人気の犬種です。

こまめなブラッシングや洋服を着せて、床に落ちる抜け毛対策をしましょう。

ブラッシングは他の長毛犬種同様、できれば毎日少なくても週3日のブラッシングが必要です。

お風呂や爪切り、歯磨きなどのケアを嫌がるポメラニアンが多いと聞きますが、これらのケアは子犬の頃から楽しい時間としてケアしておくことで手がかかることはなくなるでしょう。

オスとメスの性格の違いとは?

ポメラニアンに限らず基本的にオスよりもメスのほうが飼いやすいと言われています。

オスは、縄張り意識が強く攻撃的な傾向がある一方で、甘えん坊が多いと言われています。

メスは、比較的穏やかで大人しい傾向があるようです。

ポメラニアンは固体の持つ性格やどんな環境で、どのように育ったかで性格はそれぞれ違って来ます。

ただそれでも一般的に、オスとメスでは性別の違いから、多少性格が変わってくるようです。

それを踏まえてポメラニアンのオスとメスの性格の違いを見ていきましょう。

ポメラニアン,クリーム色

ポメラニアンのオス

ポメラニアンの元気で活発な気質が強く出るようです。

メスと比べても攻撃的な一面を見せることがあるのでしつけが重要となります。

喜怒哀楽の感情表現がストレートで、一緒に生活していると、顔を見ただけでどんな気分でいるのかわかってしまいます。

そのため、しつけトレーニングの時には、ポメラニアンの顔つきを見ながら、褒めるしつけをしていきましょう。

得意げな顔をしている中でのトレーニングは、不機嫌な時より成果が上がります。

このしつけを間違うと手をやくことになるので、しっかりと信頼関係を築き正しいしつけを行いましょう。

また、飼い主さんや家族に対した甘えん坊度もメスよりもオスの方が強い傾向にあります。

とはいえ、独立心も持ち合わせているので、常に一緒にいなきゃダメという風にはなりません。

一緒に遊んでいたと思うと、プイと一人遊びを始めたり。

長時間の留守番は得意ではありませんが、留守番自体、できないタイプではありません。

行動として、後ろ足を上げておしっこをすることやマーキングをするので、室内飼いの場合しつけが必要です。

ただし、去勢手術を考えている場合、生後6ヶ月〜1年未満(成犬になる前)に手術をすることで、マーキングや足を上げておしっこすることを防ぐことができます。

ポメラニアンのメス

オスと比べて大人しく人懐こい子が多いので、オスよりもしつけがしやすいと言われています。

また、オスのポメラニアンは感情表現がストレートで、いつまで経っても子犬のような動きを見せますが、メスのポメラニアンは、成犬になるにつれ落ち着きが出てきます。

空気を読むことが上手で、飼い主さんの気持ちを汲むことに長けています。

そのため、元気が出ないような日には、気づくと横にピッタリと寄り添って来てくれるのがメスのポメラニアンの優しさです。

体はオスよりも小さめのことが多く、メス特有のヒートと呼ばれる生理(発情期)があります。

ヒート期には、ホルモンの影響で情緒不安定となり問題行動を起こすことがあります。

犬の発情周期を把握して正しい対応をしてあげるようにしましょう。

また、出血があるので部屋が汚れないようにオムツなどで対処する必要もあります。

ポメラニアンのオスとメス「メリット」「デメリット」は?

ポメラニアンのオスとメスの性格の違いをご紹介いたしました。

それでは、そんなオスとメスの性格の違いから、それぞれの性別のポメラニアンを飼うことでのメリット・デメリットはどんなことがあるのでしょうか。

ポメラニアン,白黒

ポメラニアンのオスを飼う「メリット」

◆いつまでも子犬を飼っている気分になれる

ポメラニアンのオスはやんちゃで、感情をストレートに表現して来ます。

遊ぶのも精一杯。

喜ぶのも体一杯。

怒るときは、力一杯。

落ち込むときは、とことん凹む。

そんなまっすぐなポメラニアンのオスは、一緒にいて飽きることがなく、ポメラニアンの年齢を忘れてしまうくらい、いつまで経っても子犬のようなかわいらしさがあります。

◆常に一緒にいたいならオスのポメラニアン

オスのポメラニアンは、甘えん坊になりやすいです。

ポメラニアン自身、依存心は強くなく独立心を持っているので、一人遊びも上手なのですが、どんなに一人で遊んでいても、我に返り、飼い主さんを目で追いかけます。

そして、甘え上手なのもポメラニアンのオスには多く、かわいく抱っこの催促をしてきます。

せっかく飼うなら、できるだけポメラニアンと触れていたいと考えるのであれば、ポメラニアンのオスはピッタリです。

ポメラニアンのオスを飼う「デメリット」

◆しつけを間違うとガウガウ犬に

ポメラニアンのオスは、メスよりも縄張り意識が強く、時に攻撃的になります。

それをうまくコントロールできればいいのですが、どうもしつけがうまくいかなかった場合、そんなポメラニアンのオス特有の気の強さが際立ってしまい、気に食わないと吠え、知らない人や犬が近づくと吠え…とガウガウ犬になってしまうことがあります。

一度吠え・噛み癖がつくと直すのに相当苦労します。

◆室内でのマーキングなどに注意

早い時期に去勢手術をすると、マーキングやオシッコをするときの足上げなどはほとんどの場合、することがありません。

ただし、一度マーキングや足上げのオシッコをするようになってからの去勢手術をした場合は、直らない可能性が高くなります。

そのため、遅くに去勢手術をした、もしくは、去勢手術をしないという場合には、室内でのトイレトレーニングを徹底する必要があります。

また、去勢手術をしないことで、発情期にいるメス犬に過敏に反応することがあります。

ポメラニアン,白

ポメラニアンのメスを飼う「メリット」

◆大人しくしつけやすいのはメス

もともとポメラニアンの性質上、吠えやすいです。

吠えやすさはありますが、ポメラニアンのメスの方が、オスほど活発に行動するということはなく、特に成犬以降は落ち着き始め、ゆったりと飼い主さんの話を聞くこともできます。

空気を読めるくらい、感受性が豊かで優しいのがポメラニアンのメスになります。

場に合わせて、騒がず静かにしていてくれるのも、比較的ポメラニアンのメスの方になります。

◆多頭飼いをしたいならメスがベター

縄張り意識がオスのように強くはなく、割と他の犬とも仲良くできます。

そのため多頭飼いをしたいと考えている人には、メスのポメラニアンをおすすめします。

また、メスのポメラニアンの場合、成犬以降に新しく子犬を迎えた場合、母性本能がありますので、うまく子犬の面倒を見てくれることがあるので、そういった面からも、メスのポメラニアンの方が助かりますね。

ポメラニアンのメスを飼う「デメリット」

◆ポメラニアンのメスにはヒート期があります

避妊手術を考えている場合は、特に問題になることはありませんが、将来的に子犬を望んでいる場合など、様々な理由で全ての犬が避妊手術を受けるわけではありません。

避妊手術を受けない場合、小型犬であるポメラニアンのメスは年に2回ヒート(生理)がきます。

その間個体差はありますが、10日前後出血しますので、サニタリーパンツを履かせるようにします。

ヒート期のポメラニアンは、ホルモンのバランスで気が立つことがあります。

そして問題は散歩の時など、オス犬の存在に気を配らなければなりません。

また、ヒート期にはドッグランは禁止です。

これらのヒート期をデメリットとみるかどうかは、飼い主さん次第ではありますが、オス犬にはないケアが必要にはなります。

犬の性格も飼い主に似る!?

ポメラニアン,柴犬,カット

犬種の遺伝的な性格、オスとメスでの性格の傾向はありますが、環境の影響で左右されることは大きいです。

飼い主の育て方や接し方の違いで、性格も変わってきます。

明るい飼い主さんの元で育った子であれば、たくさん笑顔を向けられたポメラニアンも楽しく明るい子に育っていくはずです。

怒りっぽい飼い主さんに育てられたポメラニアンは、攻撃的な面が強く出る子になるでしょう。

人の子どもが親に似てくる事と同じですね。

では具体的にはどうポメラニアンの性格が決まり、どうして飼い主に似てくるのかポイントをご紹介します。

ポメラニアンの性格は、

  • 犬種別の性質
  • 子犬の頃の環境
  • もともと持っていた素質
  • 飼い主との生活からの経験

で決まっていきます。

要するに、先天的な性格と、飼い主との生活の中での経験から作られた性格、2つがうまく融合して、他の犬とは違う、あなただけのポメラニアンになるわけです。

特にポメラニアンは人の気持ちに敏感な犬種になります。

毎日飼い主を見つめ続け、一緒に行動することで、ふとした仕草やリアクションまで似てくることがあります。

逆に、人間がポメラニアンと生活をすることで、普段あまり運動することがなかった人が、ポメラニアンに触発され、進んで散歩やドッグランなどに行くようになり、結果、犬とともにアクティブな性格に変わったという話があります。

これは、人がポメラニアンに歩み寄り性格が似てくるというケースになりますね。

ご自身のポメラニアンと性格が似ているというのは、その分、お互いがとても近い存在であり、わかり合っているという最高の関係ではないでしょうか。

この記事のまとめ

ポメラニアン性格は?オスとメスでの性格の違いはある?
  • 体重1.5〜3.5kgの小型犬
  • 見た目:たぬき顔ときつね顔があり
  • 性格:好奇心旺盛、活発で天真爛漫、愛情深く甘えん坊。ただし独立心もあり
  • しつけのポイント:ちゅう精神が強いためしつけはしやすい
  • お手入れ:抜け毛が多いのでブラッシングは必須。歯磨きは子犬の頃から慣らす
  • オスの性格:いくつになっても子犬のよう。甘えん坊。やんちゃ
  • メスの性格:成犬になるにつれ落ち着きだす。優しくしつけしやすい
  • オスを飼うメリット:一緒にいて飽きない
  • オスを飼うデメリット:しつけ次第で凶暴犬になる可能性あり
  • メスを飼うメリット:おとなしくてしつけしやすい。多頭飼いしやすい
  • メスを飼うデメリット:ヒートがあるので、特別なケアが必要
  • 犬の性格は先天性の性格と育った環境、飼い主との経験で決まる

ポメラニアン性格は? さいごに

いかがでしたでしょうか。

一般的にメスの方が飼いやすいと言われているのには、しつけのしやすさが影響しているようです。

それでもオスの甘えん坊な面も魅力的ですよね。

ポメラニアンの子犬を良い子に育てるためには、ポメラニアンの元からの資質と性別からの傾向を踏まえて正しく接してあげることが、良い子への近道となるでしょう。