ポメラニアンの子犬におすすめのドックフード・オヤツの選び方


ポメラニアンの子犬に必要な栄養素とは?

子犬の成長を大きく助けてくれる必要な栄養素は「動物性タンパク質」と「動物性脂肪」です。
特に動物性タンパク質は、骨・血・筋肉・被毛・皮膚を作る成分となりこれから大きく成長していく子犬にとって、とても大切な栄養素となります。

子犬の頃は消化機能も未熟なため、消化吸収のいい良質な動物性タンパク質が多く含まれているものが良いです。
動物性タンパク質は、鶏肉やラム肉などのお肉類、魚、卵から取ることができます。
主原料にこういったものが使われているものを選びましょう。

グレインフリー・無添加のススメ

市販のドッグフードには、穀物が主原料のものが多く出回っています。
穀物には「植物性タンパク質」が豊富に含まれてはいますが、「動物性」でないと意味はありません。
それどころか穀物にアレルギーを起こすこともあるのです。
確かに、穀物が主原料のドッグフードは安価で購入することができますが、子犬の健康を考えるのであれば穀物が使われていないグレインフリーのドッグフードを与えることをオススメします。

また、ドッグフードの酸化防止のために保存料や酸化防止剤が使われていることがあります。
犬にとっても、必要がないどころか体に悪い成分となるので、無添加のドッグフードを選ばれることをお薦めします。

他にも、「動物性」が大事とは言え畜肉副産物やチキンミール、ビーフパウダーなどの表記があるものは選ばないようにしましょう。
これらの成分はいわゆる捨てるはずだったものが使われていてお肉の部分はほとんど使われおらず、とても質がいいものとは言えません。
しっかり原材料を確認してください。

ポメラニアンの子犬のおやつ

子犬の頃は、しつけをして学ばせることも多くあります。
そんな時に活躍するのがご褒美のおやつですよね。
栄養面でおやつは必要のないものですが、どうせ与えるのであれば体にいいものを与えたいものです。
一番手軽なおやつは、ドッグフードの何粒かを与えることですが、もっとおやつっぽいものを与えたいという方は茹でた野菜などから始めてみて、成長に合わせて一般的なおやつに切り替えていくと良いでしょう。

ドッグフードの切り替え方

子犬を家族に迎えた時には、ブリーダーやペットショップなどで食べていたドッグフードと同じものを与えているかと思います。
これを突然、新しいドッグフードに切り替えるとフードの成分にアレルギーを起こすことがあります。
新しく切り替える際には、それまで食べていたドッグフードに少量ずつ新しいドッグフードを混ぜて、子犬の便の様子を観察しながら少しずつその割合を増やして切り替えていくようにしましょう。

まとめ

ドッグフードには子犬用と成犬用・老犬用と年齢層で分かれているものがありますが、子犬用のものには、丈夫に成長するために必要な栄養が成犬用と比べて2倍多く入っています。
ドッグフードを選ぶ際には必ず子犬用を選ぶようにしましょう。

体に良いものを食べさせてあげて、元気いっぱいのポメラニアンに育てていきたいですね。