ポメラニアンの子犬への餌の与え方

ポメラニアンの子犬が丈夫に成長していくために、最も重要な食事。子犬の時期の食事には気を遣ってあげたいものですよね。せっかく品質の良いドッグフードや手作り食などを与えたとしても、その与え方が間違っていると、消化器官が未熟な子犬は下痢になってしまうことも・・・。 初めての子犬を迎える場合、正しい食事の回数や与え方が分からないこともあるのではないでしょうか。 今回は、ポメラニアンの子犬への餌の与え方についてご紹介いたします。

ポメラニアンの子犬の食事について

子犬は短期間で大きく成長します。そのため子犬の時には、成犬と比べて約2倍もの栄養を摂る必要があるのです。しかしこれは決して量ではなく、食べるものの質が重要となります。一般に販売されているドッグフードの多くは、子犬用・成犬用・高齢犬用と別れていますので、栄養が多く詰まっている子犬用を選ぶようにしましょう。
子犬の消化器官は未熟なので、1日に与える餌は3回に分けて、与えるドッグフードの指示に従った量を与えるようにしましょう。生後2~3カ月頃まではドライフードはぬるま湯でふやかして食べやすく消化しやすくしてあげます。このふやかす時期はだいたい生後3~4カ月を目安に子犬の食いつきや便の様子を見ながら、徐々にふやかし方を固めにしていき、ドライフードに切り替えていきましょう。

いつまで1日3回食べるの?

ある程度成長して消化器官も発達してきた生後6カ月頃を目安に、食事の回数を朝昼晩の3回から朝晩2回に減らしましょう。 昼の食事は、食事中の様子を見ながら与える量を徐々に減らしてなくしていきます。
ポメラニアンは食欲旺盛なので、食事回数が減ることはかなりショックなことかもしれません。この頃からを目安におやつを与えてみると良いでしょう。 普段与えているドッグフードの何粒かをおやつとして与えてみたり、茹でた野菜などから始めてみましょう。市販のおやつを与える場合には、記載されている参考年齢を基準に与えましょう。
栄養的に考えると本来おやつは必要がないものです。与えすぎることによって肥満の原因となるので与える量には十分注意しましょう。

ドッグフードの種類を変える場合

子犬を迎えるときには、ブリーダーや販売店からそれまで食べさせていたドッグフードと同じ種類のものを与えるように指示があるかと思います。 しかし、一生同じものを与え続けていく必要はありませんので、ドライフードが食べられるようになり慣れてきたころに切り替えてみましょう。
ある日突然にドッグフードを変えてしまうと新しいドッグフードの成分にアレルギーを起こしたり消化不良になることがあります。それぞれ与えていたドッグフードに少量ずつ新しいドッグフードを加えて、子犬の様子や便の様子を見ながら、徐々にその割合を増やして切り替えるようにしましょう。

まとめ

子犬の食事は、健康な体をつくるために重要な時期です。丈夫な体をつくっていくために、飼い主さんがしっかりと食事の管理してあげましょう。
また子犬の食事の時間は、「おすわり」「待て、よし」などの基本的なしつけをするのに絶好のタイミングです。食事前の「待て」をしておくことで、これからお散歩デビューしていく子犬にとってお散歩中の拾い食いを予防できるといったメリットもあります。
丈夫な体を作るための食事の時間を、これから安全に過ごしていけるためのマナーを身に付ける時間としてもぜひ活用していってください。