チワワ大喜び!作ってあげたい手作りご飯レシピ


チワワの基本情報

  • 原産国:メキシコ
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • サイズ:超小型犬
  • 平均寿命:12~14歳
  • 子犬の相場価格:15~20万円程度
チワワ

チワワの概要

国内での人気トップクラスを維持し続けている「チワワ」。
世界一小さいとも言われる体に、大きな目が愛らしい超小型犬です。

チワワの原産国はメキシコで、祖先犬は「テチチ」と呼ばれる小さな犬だったと言われています。

当初は、体のサイズ的に使役犬として使うことができないことから人気は伸びずにいましたが、家庭で飼いやすいサイズであることからペットとして注目されていくことになりました。

そして、現在では世界中で愛玩犬として人気のある犬種です。

特に日本では、20世紀になってからアメリカで改良されて生まれた「ロングコートチワワ」の人気によって、毎年飼育頭数が上位にランクインしている大人気の犬種です。

チワワの身体的特徴

  • 大きさ:超小型犬
  • 体重:1.5~3kg
  • 体高:12~20cm
  • 被毛:「スムース」と「ロング」の3種類があり
  • 毛色:カラーバリエーションは豊富
    「ブラック」「フォーン」「レッド」「ピュアレッド」「タン」「ホワイト」「チョコレート」などの単色から、「ブラック&ホワイト」「ブラウン&ホワイト」「ブラック&タン」「ブラウン&イエロー」「セーブル」など
ロングコートチワワ

【大きさ】

チワワは、体高12~20cm体重1.5~3kg程度の超小型犬です。

【体型】

体高より体長がわずかに長く意外とがっしりした体型、大きめの頭部に、細長い四肢を持ちます。

【顔】

「アップルヘッド」と呼ばれる丸い頭に立ち耳、黒目がちな大きな目、口角が上がって笑っているような愛らしい顔つきをしています。

【被毛】

チワワの被毛には、「スムース」と「ロング」の2種類があります。

【毛色】

チワワのカラーバリエーションはとても豊富にあり、「ブラック」「フォーン」「レッド」「ピュアレッド」「タン」「ホワイト」「チョコレート」などの単色から、「ブラック&ホワイト」「ブラウン&ホワイト」「ブラック&タン」「ブラウン&イエロー」「セーブル」などがあります。

チワワの性格・気質

  • 明るく陽気
  • 寂しがり屋な甘え上手
  • 勇敢と言われる裏には怖がりの気質が
  • 警戒心が強い
チワワ

チワワの性格・気質①
~飼い主大好きで甘えん坊~

チワワは明るく陽気な性格をしています。

飼い主のことが大好きで、常に一緒に過ごすことを好みます。
そのため、留守番はあまり得意としません。

甘え上手な性格をしているため可愛さにつられてつい甘やかして育ててしまうと、問題行動が多い子に育ってしまうので注意しましょう。

チワワの性格・気質②
~保守的な面も~

とても愛らしい容姿を持ったチワワではありますが、保守的な性格をしており飼い主家族とそれ以外の人をはっきり区別して接します。

小柄ながらも警戒心はとても強く、侵入者に対しては厳しい態度を見せることもあります。

そういったことから「勇敢」と言われることの多いチワワですが、その内心は怖がりな性格からきているものだと考えられます。

手作りご飯についての基本的な知識

手作りご飯とは?

「犬のご飯」と言うと、ドッグフードを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、近年では手作りご飯が注目されるようになりました。
以前と比べると、犬の手作りに関する情報が手軽に入るようになり、レシピ本やサイトなども多く見かけるようになりました。

手作りご飯とは、犬のためにお肉や野菜などを使って作る犬のご飯のことです。

獣医師によっては手作りご飯を推奨している先生もいらっしゃいます。
しかし逆に、手作りご飯を薦めない獣医師もいるのも事実で、手作りご飯に関しては賛否両論あるのが現状です。
そんな手作りご飯のメリット、デメリットについては後に記載しております。

どんな材料を選べばいいの?

チワワを含めた犬全般は、基本的に雑食動物ですが限りなく肉食寄りの動物です。

そのため、メインは動物性たんぱく質が豊富なお肉や魚を使った手作りご飯が基本的にはおすすめです。

材料の割合では、手作りご飯を推奨する専門家によって「肉類(動物性たんぱく質)6:炭水化物2:野菜類2」や「肉類(動物性たんぱく質)1:炭水化物1:野菜類1」などとされています。

しかし実際には、年齢や体質などによっても異なってくるので、便や毛ヅヤ、体重などの変化を観察して臨機応変に対応していくようにしましょう。

使う食材は、大切な愛犬に与えるものですので、それはもちろん有機野菜・無農薬野菜などが望ましいのは確かです。

しかし、値段も高いし入手も困難ですので、スーパーで購入できる材料でも十分でしょう。

特にメインとなる肉類は、肉の種類や部位によってカロリーも異なるため、上手に使い分けていくことをおすすめします。

使ってはいけない食材を知ること

人間にとっては安全な食材であっても、犬にとっては有毒となるもの、アレルギーを起こしやすいものなど危険な食材であることがあります。
手作りご飯を始める前に、そういった危険な食材が何なのかを事前にチェックしておきましょう。

犬が食べてはいけない代表的な食材には以下のようなものがあります。

  • ネギ類(たまねぎ・ネギ・ニラ・ニンニク・ショウガなど)
  • チョコレート
  • ナッツ類(アーモンド・マカダミアナッツなど)
  • アルコール
  • 生肉
  • タコやイカ
  • ブドウ類(ブドウやレーズンなど
  • はちみつ
  • 牛乳             など

これ以外にも犬が食べてはいけない食材は多くあります。

中には、火を通せばOKでも生はNGなどの食材などもありますので、手作りご飯を始める前にこういった情報をしっかりと予習しておくようにしましょう。

また、小麦やとうもろこし、イモ類はドッグフードに使われていることもありますが、アレルギーを起こしやすい特徴を持ちます。
個体によっては避けた方が良い食材となるでしょう。

チワワの手作りご飯 メリットとデメリット

手作りご飯は安心?手作りご飯のメリット

手作りご飯には、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

実は、手作りご飯にはたくさんのメリットがあります。

選ぶ食材によって、野菜から水分を取り入れやすいことや、生で与えられ酵素を摂取できる、アレンジ次第で人と同じ食材の料理を食べさせることができるといったメリットがあります。

その他にも以下のようなメリットがあります。

「原材料が把握できる」

ドッグフードの原材料を詳しくチェックしたことはありますか?
記載されている原材料を見てみても、何のことだか分からない人も多いのではないでしょうか。

実際、ドッグフードの中には粗悪な原材料が使われていることがあります。
保存料や着色料などの添加物も犬の体にとって良いものではありません。

手作りご飯では飼い主さんが食材を選んで与えることができるため、そんな原材料や添加物の心配をする必要がなくなるというメリットが手作りご飯の最も大きなメリットとなるでしょう。

「新鮮な食材を与えることができる」

手作りご飯はその日に作って与えることになるため、「新鮮な食材」をチワワに与えることができるようになります。
新鮮な食材ほど、美味しさと栄養素が含まれています。

そんな新鮮な食材を使って手作りご飯を作ってあげることで、健康な体を作っていくことができるようになるでしょう。

「体調や愛犬に合わせた食事を与えられる」

愛犬が病気の時や体調を崩している時、あるいは高齢のチワワに、体の状態に合わせた食事を提供できる点も手作りご飯のメリットとなります。

また減量が必要な子の場合、ドッグフードの中にも低カロリーなドッグフードもありますが、食いつきが悪くなってしまったり、量の制限によって犬の満足感がさがってしまうといったことがあります。

しかし、手作りご飯では、新鮮な野菜や豆腐などで重増しすることができるため、美味しさと量の満足感を与えてあげることができるでしょう。

「食いつきが良くなる」

犬も毎日同じドッグフードを食べていると、飽きてしまうことがあります。
毎日同じ香り、食感、味に刺激されなくなり食いつきが悪くなることがあるのです。

しかし、旬の野菜やお肉を使って手作りご飯を与える場合、使う食材によって香りや食感、味もレシピによって変わることになるため、チワワの食いつきを継続させることができるようになります。

ドッグフードを食べなくなる?手作りご飯のデメリット

手作りご飯にはメリットも多いことがわかりましたが、手作りご飯にはデメリットもあります。

「栄養やカロリー調整が難しい」

手作りご飯の1番のデメリットとなるのが、栄養調整の難しさです。

ドッグフードには、「総合栄養食」という記載があるものがありますが、「総合栄養食」は犬に必要な栄養が計算されて作られているのに対し、手作りご飯では飼い主自身が栄養やカロリーを計算してあげる必要があるのです。

つまり、毎日手作りご飯だけを与えていく場合には、「犬の栄養学」を学んでおく必要があるでしょう。

手作りご飯のメリットだけを見て何の知識もないまま手作りご飯を与えていると、かえって愛犬の体調に支障が出てくることになります。

「ドッグフードを食べなくなる可能性」

メリットでも紹介しましたが、手作りご飯は犬の食い付きがとても良いと感じる飼い主さんが多いです。
そのため、しばらく手作りにしていて、いきなりドッグフードに戻した場合にドッグフードを食べなくなってしまう可能性があります。

「保存できない」

保存料の入っているドッグフードと比べて、手作りご飯には保存料を使わないことになるため、その分毎日作ってあげる手間がかかって、保存ができないというデメリットがあります。
冷凍保存によって数日は保存することはできますが、長期保存はできません。

「コストがかかる」

選ぶ食材などによってもかかる費用は異なってきますが、例えば安心を考え無添加・無農薬の食材だけを使って手作りご飯を作ってあげる場合、その分コストも高くなってしまうことになります。

場合によっては人1人分増えるよりも食費が高くなるということもあるでしょう。

手作りご飯のデメリットをカバーするには!?

手作りご飯のデメリット面がどうしても心配な場合、ドッグフードの上に手作りご飯をトッピングという形でされてみてはいかがでしょうか?

チワワは小さいですし、食べないとやっぱり心配ですよね。

もし今ドッグフードをあまり食べないとお悩みなのであればトッピングするだけでも食い付きが違ってくることもありますよ。

トッピングをする際は、ドッグフードの量も減らすなどしてカロリー過多に注意しましょう。

その他の方法としては、ドッグフードと手作りご飯を併用して与えることもおすすめです。
毎日毎食で必要な栄養素をとらなくても、大きく体調を崩すことはありません。

ドッグフードと手作りご飯を上手に使い分けて与えることで、手作りご飯の栄養面などのデメリットをカバーすることができるようになるでしょう。

チワワの手作りご飯 レシピ

基本的な作り方

レシピですが、基本的には材料を細かく刻んで茹でる。
これが調理方法です。

与える際は、茹で汁ごと与えられることをおすすめします。
こうすることで、水分もたくさん摂ってくれますし、食材の栄養素が溶けだしているので必要な栄養素を摂取することができます。

お肉類・野菜を、細かく刻んで茹でるだけ。
お肉は、鳥のささみなど脂分が少ない肉が良いでしょう。

今まで野菜を食べたことが無い子の場合は、いきなり野菜を与えるとお腹を壊してしまうこともありますので、食べやすいようかなり細かくする、もしくはジューサーなどでペースト状にして少量から与えるなどで工夫してあげましょう。

栄養満点のきのこ類を加えてあげるとなお良いですよ。

レシピ① 「肉じゃが」

和食の代表格とも言える、「肉じゃが」をチワワのために作ってあげましょう。

材料は人と同じなので、切り方や味付けを別にしてあげれば食事を一緒に楽しむこともできます。

ただし、ネギ類は入れないように注意してくださいね。

【材料】

  • 牛肉
  • じゃがいも
  • にんじん
  • しらたき(お好みで)
  • だし汁

肉じゃがの牛肉には、骨や筋肉、血液を作るたんぱく質が豊富で丈夫な体を作る手助けとなります。

じゃがいもはアレルギーを起こしやすい食材ではあるので注意は必要ですが、ストレスを緩和してくれる効果が期待できる食材です。

さらに、にんじんには肌を健やかに保ち免疫力を高める効果が期待できます。

お好みでしらたきを加えることで、血糖値を下げる効果も期待できるようになるでしょう。

また、犬用レシピで忘れがちなのが油ですが、油にはオメガ3脂肪酸が含まれており、がん発生を抑制したり血液の流れを良くする効果が期待できます。
魚油や亜麻仁油などに多く含まれているのでおすすめです。

【作り方】

  • 材料を細かく切る。(じゃがいもやにんじんはサイコロサイズに)
  • 鍋に油を少量ひき牛肉を炒める
  • 火が通ったら他の材料を加えて、材料が浸るぐらいのだし汁で煮る
  • じゃがいもが柔らかくなり火が通ったら、鍋から取り出し冷ます ⇒ できあがり!!

レシピ② 「白身魚のスープ」

長寿国と言われる日本の主食「魚」を使った犬用レシピです。
魚は人の健康に良いとされていますが、それは犬にとっても同様です。

野菜と一緒に煮込んだスープにして、魚と野菜の旨味と栄養を摂らせてあげましょう。

【材料】

  • 白身魚
  • にんじんや白菜などの野菜
  • だし汁(水でもOK)

魚類には、肉からは摂取出来ない貴重な栄養素をたっぷり含まれています。

特にDHAやEPAが豊富に含まれており、動脈硬化を防いだり脳の働きを正常に保ったりしてくれるなど、たくさんの健康上のメリットをもたらしてくれるでしょう。

その中でも鯛やヒラメ、カレイなどの白身魚は、赤身魚に比べ色素タンパク質の量が少なく、高タンパクで低脂肪な食材のためダイエットにも適しています。

【作り方】

  • 野菜を細かく切る。
  • 鍋に材料を全て入れてだし汁、または水で煮る。
  • 魚をほぐす。※骨に注意!!
  • 器に盛りつけ熱を取る ⇒ できあがり!!

※魚の骨は犬にとって危険です。
特にチワワのような超小型犬にとっては、例え小さな骨であっても口やのどを傷つけてしまったり胃腸に負担をかける恐れがあります。

魚の骨は、必ず取り除いてから与えるようにしましょう。
調理前に取るか、火を通してから取るかは自由ですが、チワワに与えるときは必ず骨なしの状態にしておきましょう。

手作りご飯 無理すると長続きしない

愛犬チワワの健康のために始めた手作りご飯でも、長続きしないと意味がありません。
最初から凝った料理や凝った食材を使って完璧にやろうと思うと、まず続きませんよね。

それよりも、ゆるく長く続けることが大切ですし、飼い主さんが手作りご飯を楽しんで行わなくては全く効果がないでしょう。

「今日は時間がないからドッグフードで良いよね」というような、おおらかな気持ちで初めてみることをオススメします。

この記事のまとめ


  • 手作りご飯に関しては賛否両論
  • 犬は、基本的に雑食動物ですが、限りなく肉食寄り
  • 手作りご飯ではお肉や魚をメインに使ったレシピがおすすめ
  • 手作りご飯では、便や毛ヅヤ、体重などの変化を観察して臨機応変に対応していくことが必要
  • 犬にとって危険な食材があるので事前にチェックしておくこと
    (ネギ類、チョコレート、ナッツ類など)
  • 手作りご飯のメリットには、「原材料が把握できる」「新鮮な食材を与えることができる」「体調や愛犬に合わせた食事を与えられる」「食いつきが良くなる」など
  • デメリットには、「栄養やカロリー調整が難しい」「ドッグフードを食べなくなる可能性」
    「保存できない」「コストがかかる」などがある
  • デメリットをカバーする方法
    「ドッグフードの上に手作りご飯をトッピング」
    「ドッグフードと手作りご飯を併用する」
  • 手作りご飯のレシピ「基本的には材料を細かく刻んで茹でる」
    材料の栄養素が溶け出したスープごと与えて栄養満点に。

チワワ大喜び!作ってあげたい手作りご飯レシピ さいごに

栄養の面などを考えると、「手作りご飯は難しい」ということは否めません。

しかし、ドッグフードを主食にトッピングとして与えたり併用したり工夫することで、レシピ自体はとても簡単なものが多いので手軽に始めることができますよ。

手作りご飯は、ご自分ができる範囲で各家庭でもやれること、やりたいことが違いますので、自分のペースで無理なく始めてみてくださいね。