パピヨンが生理のとき、飼い主がしてあげられることは?

生理の周期を理解しておく

小型犬のパピヨンの場合、生後7~10ヵ月頃に最初の生理を迎え、6~8ヵ月周期で次の生理が始まります。
犬の生理は人間の場合とは大きく異なりますので、まずは生理のサイクルについて理解しておきましょう。

発情期前

約7~10日間。
交尾の準備期間で、陰部が腫れて出血が始まります。
フェロモンの臭いでオス犬を引き寄せますが、まだ許容する段階ではありません。

発情期

約8~14日間。
オス犬との交尾を許容する期間です。
出血の色は少しずつ薄くなっていきます。

発情後期

約2~3か月間。
出血は完全に止まります。
発情も終了し、オス犬を許容しなくなります。
また、妊娠をしていなくても、乳汁がでるようになるなどの妊娠の兆候(偽妊娠)を見せることがありますが、発情後期が終われば自然とおさまってくるので、見守ってあげるようにしましょう。

体調管理に気をつける

人間の場合も生理になると生理痛に悩まされたり、体がだるくなったりすることがありますよね。
犬の場合も、生理中は食欲がなくなったり、寝てばかりで元気がなくなったりすることがあります。
食欲が落ちるのは一時的なことで、発情期を過ぎれば元の状態に戻っていきますが、心配であるようでしたら、ドライフードに少量ふりかけをトッピングしてみる、ウェットフードに変えてみるなどしてみるのもよいでしょう。
ただし、食欲がないからといって、おやつなどの嗜好品をあげるのは控えましょう。
また、元気がないようなときは、無理に散歩に連れて行く必要はありません。
家でゆっくり休ませてあげるようにしましょう。

散歩時は気をつける

生理中は、メス犬が発するフェロモンの臭いにオス犬が反応してしまいますので、オス犬を刺激しないために、散歩のルートを変えたり、犬が集まる公園やドッグランに行くのを控えたりしましょう。
また、感染症に対する抵抗力が落ちるため、草むらに入ったりしないように、気をつけてあげてください。

避妊手術も検討してみる

繁殖を望まない場合は、避妊手術を検討してみるのもよいかもしれません。
避妊手術と聞くと、健康な体にメスを入れることへの抵抗や、麻酔のリスクなどを心配する飼い主の方もいます。
しかし、手術前は動物病院で診察や検査をしっかりと行うため、信頼できる獣医師にお願いすれは、心配する必要もないでしょう。
避妊手術を行えば、生殖器系の病気の予防にもなります。
また、生理のたびに、散歩や遊びが制限されたり、体調が左右されたりといった、パピヨンのストレスも軽減させてあげられるでしょう。
避妊手術は年をとってからだと負担がかかるため、最初の生理を迎える前にやるのが望ましいと言われています。
したがって、早い段階のうちに、一度よく考えてみることが大切です。

まとめ

犬の生理のサイクルを知って、散歩や健康管理に気をつけるようにしましょう。
パピヨンは出血量が少ないほうで、自分で舐めて処理をしますが、部屋が汚れるようなときは、ペット用のおむつをしたり、ソファーやベッドにバスタオルを敷いたりするとよいでしょう。
生理中は体調の変化もあり、パピヨンにとってはストレスがかかる期間ですので、しっかりとケアをしてあげてくださいね。