パピヨンのオスとメスには性格の違いがあるの?選ぶ時の注意点は?


基本的な性格

パピヨンは運動能力が高く活発な性格です。
遊んだり動きまわったりすることが大好きで、散歩に連れて行くと非常に喜びます。
人懐っこい性格のため、ほかの犬に対して自分から近づいていき、仲良くなろうとすることも。
もちろん飼い主にもよく懐き、非常に甘えん坊で、そばにいることを好みます。
また、しつけも意欲的に覚えていけるため、子犬の頃にしっかりと教えれば、成犬になってから落ち着いて暮らせる性格になるのも有り難いところ。
ただし、間違ったやり方でしつけてしまうと、そのまま覚えていくので気をつけなくてはなりません。
全体的にみるとバランスのとれた性格なため、飼いやすい性格と言えるでしょう。

オスとメスとで性格の違いは?

結論から言うと、パピヨンのオスとメスには、ハッキリとした性格の違いはありません。
一般的にはオスのほうが甘えん坊で、メスはマイペースで自立心が強いなどと言われていたりしますが、一概には言い切れないところがあります。
というのも、性格は去勢・避妊手術をしているかでも変わってきますし、年齢や育てられた環境、しつけの仕方などの影響も関わっています。
それに加えて、親犬からの遺伝によるところも大きいと言えるでしょう。
したがって、パピヨンの性格は性別とは関係なく、個体差によってそれぞれ違っています。

生活スタイルに合っている性格を選ぶ

成長過程で、パピヨンの性格はそれぞれ変わっていくものですが、それでも本来の性格というのがあり、活発で明るいタイプもいれば、おとなしめでマイペースなパピヨンもいます。
選ぶ基準で大切なのは、飼いたいと思ったパピヨンの性格と飼い主の生活スタイルがあっているか、よく考えてみることです。
例えば、家にいられる時間があまりないのに、活発でやんちゃなパピヨンだと、遊んであげられる時間が取れず、パピヨンがストレスを感じてしまいます。
したがって、どのような性格のパピヨンが適しているのか、よく考えてから決めるようにしましょう。

メス犬を飼うときの注意点

オスとメス、どちらを飼うにせよ、基本的には同じ飼い方で問題ありません。
子犬の時期にトイレトレーニングや社会化のしつけをしっかりと行うようにしていきしましょう。
ただし、オスとメスとでは、ひとつだけ大きな違いがあります。
それはメスの場合は生理があることです。
パピヨンの生理は年2回ほどですが、生理の期間は体調の変化があり、普段は活発でも、元気がなく寝てばかりだったり、散歩に行きたがらなかったりすることがあります。
したがって、それらをよく理解して、ケアをしてあげながら飼っていく必要があります。

まとめ

パピヨンの性格は、個体差によってそれぞれ違うことを覚えておきましょう。
また、長く一緒に暮らすには、パピヨンとの相性も大切になってきます。
そのため、複数のペットショップやブリーダーのところへ行って、どのような性格なのかを確認して決めるようにしましょう。