フレンチブルドックは寒がり!寒さ対策のポイントは?

フレンチブルドックは寒さ対策をしてあげなければならない犬種です。何も知らず、犬は寒さに強いからと対策をしてあげないと、フレンチブルドックは寒い思いをして可哀想です。老犬や子犬であれば特に寒さ対策は重要なので、今回は寒さ対策の一例をご紹介します。寒さは心臓や呼吸器の疾患が心配な犬にとっては大きな体の負担となり、病気を引き起こす原因になりかねないので、しっかりと対策をしてあげましょう。

フレンチブルドックは寒さに弱いのか

フレンチブルドックに限らず犬は健康な状態で体温が人間より高いです。

その上、体は毛に覆われていて、元々寒い地域に住んでいた犬などは寒さに強い犬種もたくさんいます。

しかし、犬がみんな寒さに強いかといえばそうではありません。

フレンチブルドックは寒さに弱い犬種です。毛も短いですし、鼻の短い短頭種は体の構造上、体温調節が苦手です。

状況に応じて対策をしてあげることが大切です。

フレンチブルドックの寒さのサイン

フレンチブルドックの寒さのサイン① ふるえ

私たち人間と同じように、犬も寒い時はふるえます。筋肉を動かして体温が下がらないようにするからです。フレンチブルドックが小刻みに震えているようなら、寒いのかもしれません。

フレンチブルドックの寒さのサイン② ケージなどの隅に丸まっている

極端に動きが少ない時は健康にもよくありません。

フレンチブルドックの寒さのサイン③ 毛布などにもぐりこんでいる

私たちと同じです。寒い時の犬の行動はわかりやすいです。

フレンチブルドックの寒さのサイン④ 水を飲む量が少ない

あまり水を飲まなくなり過ぎるのも健康によくありません。

フレンチブルドック,犬,毛布

フレンチブルドックの寒さ対策

フレンチブルドックの寒さ対策① 室内の温度調節

エアコン等で適温にしてあげましょう。いつから暖房を入れる等の明白な時期は決まっていません。

自分たちが寒いと感じたり、フレンチブルドックが寒そうな様子が見られたら調節が必要です。

フレンチブルドックの寒さ対策② ペットヒート

コードを咬んでしまうフレンチブルドックは咬めないようにする対策も必要ですが、きちんとしつけができている犬には使ってあげた方が暖かく過ごせます。

直接だと低温やけどになる危険があります。

マットの上にバスタオル等などをひいてあげると、寝る時も快適でしょうす。

フレンチブルドックの寒さ対策③ 寝具

厚手のバスタオルや毛布、ベッド等を用意し、フレンチブルドックが暖かく過ごせるようにします。

用意してあげたものがフレンチブルドックのお気に入りになれば、それまで以上にリラックスして過ごせる場所になるでしょう。

フレンチブルドックの寒さ対策④ 服

寒さに弱いフレンチブルドックにとって、梅雨時の肌寒い日や冬場に服を着るのは有効な寒さ対策になります。

ただし、動きを妨げるような服は避けましょう。

歩きにくかったりすると、いくら暖かい服でも愛犬のストレスになります。